ポケットチーフの入れ方、たたみ方をわかりやすく解説!(結婚式・パーティ・ビジネスシーンにオススメ)

Pocket
LINEで送る

皆様は、ジャケットに胸ポケットにチーフを挿したことはありますか?
おそらくこれをご覧の方は、つけたことがある方、それか初めてつける方が多いのではないでしょうか。
今回は、後半でチーフの折り方、挿し方をイラストと動画でご紹介させていただいておりますので、チーフの入れ方の方法など知りたい方は、下記までご覧ください。

まず、
なぜ、ポケットチーフをするのか?

元をたどればハンカチが起源にあるのですが、
中世ヨーロッパではハンカチは貴重品として今で言う結婚指輪の役割を担っていたほどなんです。
そして、そのハンカチを入れるためだけにテーラードジャケットの胸にポケットを作ったのがポケットチーフの始まり。
今のジャケットに必ずついている左胸ポケットの由来はチーフにあったんです。

日本の携帯やボールペンが何本も胸ポケットに入れているのを見ますが、あれはNG。
そのポケットはチーフを入れるものなんです。
なぜ、チーフをするのか?という答えに対しては、
『ジャケットにはチーフを挿すべきポケットがある』という答えでいかがでしょうか。

今では、結婚式やパーティなどフォーマルな時にチーフを挿す方が多く、日常でつけるのは恥ずかしい。そう思う方もいらっしゃるのでは?
でもそんな感情は初めだけ。むしろ歴史をしっかりと振り返れば、チーフを付けなきゃとも思ってしまうほどです。

ファッションにおいて、先頭を走り続けているイタリアでは、
テーラードジャケットスタイルの胸には必ずチーフがあるんです。
まず初めは、白のチーフから初めてみてください。
そして、挿し方が分からないという方もご安心下さい。

こんな方にはこの入れ方がオススメですというのを今からご説明させていただきます。

1.ビジネスシーンでオススメなチーフの入れ方

1.ビジネスシーンでオススメなチーフの入れ方

TVホールド

テレビ映りがいいとのことで、アメリカのテレビ関係者の提案で生まれた挿し方。
一番一般的で初めてチーフを取り入れるという方には非常にオススメで、簡単な方法です。

主張も少なく、さり気無く取り入れることができるので、ビジネスシーンにはこのTVホールドを取り入れてみてください。


2.結婚式、パーティシーンでオススメなチーフの入れ方

2.結婚式、パーティシーンでオススメなチーフの入れ方

スリーピークス

見た通り主張もしっかりと、華やかな印象の強いこの挿し方は、結婚式やパーティなど華やかな場でオススメです。
注意としては、必ず、ポケットに入れた後に鏡で見て綺麗に三つ山ができているかを確認してください。
ずれたりしているとせっかくのオシャレがみっともなくなってしまいます。

3.カジュアルでオススメなチーフの入れ方

3.カジュアルでオススメなチーフの入れ方

パフド

最後は半円が出ているこちらの挿し方。
ちょうど、TVホールドとスリーピークスの間といったところでしょうか。
華やかさもありながら、そこまで主張も大きくなく、さり気無いオシャレを楽しめそうですね。
こちらの挿し方は、カジュアルな時にぜひオススメです。
カジュアルのジャケットシーンって、ノーネクタイのシャツスタイルに羽織ったり、カットソーの上に羽織ったりすると思いますが、このチーフを胸元に挿すだけで上品な仕上がりになるんです。

では最後に、

解説付きの動画で、実際に皆様も一緒にやってみましょう。

最後にアドバイス・・・・

どんなチーフを選べばいいの?と思うかもしれませんが、まずは「白」があれば問題ありません。
そして、徐々に慣れてきたら、ネクタイと同色の物を選んでみてください。
最近では、ネクタイとチーフの同じ生地、柄のものも多くありますので、セットで選んであげるといいかもしれませんね。

アイテム:ネクタイ
アイテム:チーフ

さてさて、
チーフのファッションにおける重要性をわかっていただけましたか?
私も実はチーフ歴は長くなく一年くらいとなるのですが、
テーラードジャケットの胸ポケットの由来を知ってから、何もないことがすごくさみしく感じるようになりました。
チーフがあるかないかで本当に変わるので、オシャレが好きな方でまだチーフはつけていないという方は、本当にオススメです。
お値段もピンキリで1,000円くらいから売っていますので、
色々な種類を思わず買ってしまい、すぐにレパートリーも多くなります。
ぜひ拘ってみてください。

でらマガ編集 武田

Pocket
LINEで送る