ニットジャケット持ってますか?カーディガン感覚でも着れる柔らかく暖かいニットジャケットで冬をオシャレに!

Pocket
LINEで送る

ニットのファッションアイテムというと、カジュアルでサラッと着こなすイメージがありますよね。デザイン的にもスーツのようなビシっと着こなすより、少し大きめのアイテムをゆるく着るシーンを思い浮かべます。ただ、実はニットジャケットいうアイテムが存在しており、より幅広いファッションに対応できる様になりました!

ニットジャケットを解説すると、形状はジャケットそのもので素材がニットで出来ています。ニットというと、決して高級感がある素材ではないのですが、ジャケットに仕立てるとそれだけで見どころあるものに仕上がります。もちろん、ジャケットに向いたカラーリングや織り方を採用して、それを実現しているのも見逃せません。

また、ジャケットを着込むと言うよりは羽織るというコーディネートも可能なのです。ニットの代表アイテムであるカーディガンの様に羽織ってゆるく着こなすのも悪くありません!そこで今回は、オススメのニットジャケットを厳選して紹介します。

ハイクオリティなアイテム揃い!オススメのニットジャケット5選

インナーとしても着込める!スローガンのニット

インナーとしても着込める!スローガンのニット

出典:Pinterest

ニットジャケットの特徴として、割合薄手のものが多い点があります。イメージ的には正しくカーディガンそのもので、着ぶくれせず体にフィットさせやすいものが好まれます。その意味でおすすめできるのが、スローガンのこのニットジャケットです。ジャケットのような襟周りから、カーディガンのような質感を採用することで、カジュアルに着こなすことができます。

ワッフルのような凸凹の表面を採用することで、実際にはインナーにしておくにはもったいないものに仕上げています。少し癖のあるアイテムですので、インナーに何を着ようか悩むところですが、この例ではシンプルなホワイトTシャツをコーディネートしています。曲者同士でのコーデは危険ですので、この例は大正解ですね!今のトレンドである無地Tシャツという点も高評価できます。

ボトムスはジーンズをチョイスしていますが、カラーリング的にもよく着こなしています。もう少しシックなパンツと合わせても絶対にマッチする許容力の高さがあり、一着持っておくと重宝すること間違いなしですね。

丸みを帯びたデザイン!

丸みを帯びたデザイン!

出典:マルイ

全体的な印象として、丸みを帯びたデザインとなっているのが特徴的ですね。返り襟が細くできていますし、シャープさも感じさせます。カラーリングは落ち着いた大人をイメージしたグレーを採用することで、本当にニットで出来ているの?と疑うほどの出来栄えとなっています。ただ、細部を見ていくとやはりニットらしい質感を見て取れます。

2014年あたりから徐々にブームを巻き起こしているスライバーニットを採用することで、軽さと暖かさを両立しています。織り目が非常に細かく、通気性を確保しつつも防寒できるのは、スライバーニットならではの特徴です。スライバーニットの弱点として毛玉ができやすい点がありますが、このアイテムはその弱点も克服しているのです!スライバーニットの良いとこどりを実現した、バランスの良い逸品です。

ボタンを留めてタイトに着込んでも良し、カーディガンのように羽織るイメージで着込んでも良しの使い回しが効くアイテムです。カーゴパンツなどのワーク系ボトムスとの相性も抜群ですよ。

2つボタンでシンプルな逸品!

どちらかと言うとボトムスで人気のブランドであるSOLIDO(ソリード)ですが、ニットジャケットをデザインさせても天下一品なのです!それを立証できるのが、このアイテムです。NESPOLOというモデル名は、日本語で訳すと西洋花梨という意味になります。西洋花梨は果実酒としても使用されるので、そのイメージそのものをジャケットとして実現しているのです。

カーディガンの要素を最大限取り入れ、前面はボタンひとつで留めるスタイルを採用しています。表面はワッフルの様な凹凸を強く出し、更にはウールをベースに麻と絹をブレンドすることで絶妙なカラーバランスを実現しています。また、絶妙な配合バランスで独自の伸縮性がありますので、若干小さめのものをチョイスして、ボディラインを綺麗に見せる着こなしも可能です。

バスローブ的な雰囲気もあり、ニットでありながらも高級感を感じさせますね。シワになりにくいので、メンテナンス性の高さも実現していますので、ヘビーローテーションして着たくなるものとなっています。

癖が強そうだけど着やすい!

ぱっと見た感じでも、癖が強そうで着こなしに困りそうな感じをうけるのがLARDINI(ラルディーニ)のニットジャケットです。ブラウンとピンクベージュカラーを採用することで、まるでタオルハンカチを組み合わせたかのようなデザインですが、意外とコーディネートしてみるとどんなスタイルにも適合させやすくなっています。

胸元にブートニエールが付いており、これが良いアクセントとなっていますね。裾は切りっぱなしに近いものになっていますが、ドレスコードのような特性も兼ね備えています。裏地を見ても表面と同様のデザインを採用してるダブルフェイス仕様です。よって、肌触りが抜群に良く、羽織るスタイルでも安心して着ることができますね。

LARDINI(ラルディーニ)は、糸一つにも常人では理解できないほどのこだわりを見せるブランドです。よって、これだけの個性的でもきちっと押さえるところは押さえているジャケットができるのです。大人の男性ならこのようなジャケットをさり気なく着こなせるようになりたいですね。

ダブルブレストでよりジャケット感を!

ダブルブレストはジャケットやコートでよく用いられるデザインですが、このニットジャケットはダブルブレストを採用しています。反り襟がとんがったような特殊なデザインですが、あまり違和感を感じさせずあらゆるコーデに対応できるものとなっています。ジャケットにしては若干大きめに作られているので、この例のように中にストールを巻いたりという使い方も出来ます。

ジャケットとコートの中間的なデザインとなっているわけですが、着丈は丁度よいサイズ感でスリムに着こなしが可能です。胸元にボタンが付いているので、ボタンを留める位置でまた違ったコーディネートを楽しむことが可能です。カラーリング的にはカジュアル寄りなのは言うまでもなく、冬のちょっとしたお出かけに是非着たいですね。

胸元にもボタンが付いており、収納力もそこそこ高くなっている点にも注目です。肉厚で真冬でもこれ一つで乗り切れるアイテムに仕上がっていますし、ブーツスタイルにも適合させやすい点も評価できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ニットジャケットはやはりカーディガン的な特性を持ったアイテムが多いですね。ただ、デザインによってシックなスタイルにも適合させることが出来ますし、ニットの特徴である防寒性を活かしたアウターとしても活躍するのです。ちょっと遊び心を出したスタイルを実践したいなら、ニットジャケットをファーストチョイスすることをおすすめします。

Pocket
LINEで送る