【保存版】カジュアルからビジネスまで幅広くカバー出来るダウンジャケットブランド集

Pocket
LINEで送る

寒い冬のお供として大活躍するのがダウンコートですよね。割合安価で暖かさを感じさせるものとして、老若男女が愛用しているのも頷けます。もちろん、沢山の種類があってカジュアルなものからビジネス使いできるものまでラインナップしている印象です。逆に、種類が多すぎてどれを選べばよいの?と悩んじゃう人も多いのではないでしょうか?

そこで、困った時には好きなブランドで選ぶというのも有効です。ブランドによって、やはり特色がありますしいい意味での癖もあるものです。ブランドを中心として選べば、お気に入りの逸品が案外早く見つかるでしょう!では、ダウンジャケットを取り扱っているブランドの中で、オススメはどこになるのでしょうか?

今回は、オススメのブランドを5つに厳選して紹介していきます。

この冬も大活躍!ダウンジャケットのブランド5選

日本のテイストも満載! TATRAS(タトラス)

日本のテイストも満載! TATRAS(タトラス)

出典:TATRAS

TATRAS(タトラス)は、イタリアとポーランド、そして日本の企業が協賛して出来たポートレートブランドです。よって、北欧の寒さにも耐える事ができるダウンジャケットが多いのが特徴です。それでいて、日本人の体型に合ったデザインを採用しているので、実にフィットしやすいアイテムばかりです。

このダウンジャケットは、一見シンプルな出来になっているのですが、実に細部のディテールにまでこだわりを見せているのです。よりきれいなフォルムを出すために、ポリウレタンを配合することでストレッチを効かせているのが特徴です。単に見た目のフォルムを綺麗にするだけでなく、密着することで暖かさをアップさせることにも成功しています。

TATRAS(タトラス)の場合、更には水鳥の胸元のダウンボールを使用することで、他では得ることが出来ない保温性と柔らかさを実感できます。ダウンの反発指数であるフィルパワーにおいても、最高ランクである800フィルパワーをマークするなど、数値的にもそれが実証されています。とにかく日本人を意識したブランドであるTATRAS(タトラス)は、購入候補には必ず入れておいた方が良いと言えますね。

フランスが誇るブランド!MONCLER(モンクレール)

フランスが誇るブランド!MONCLER(モンクレール)

出典:でらでら

MONCLER(モンクレール)は、フランスで誕生したブランドです。ヨーロッパでは、ダウンジャケット=MONCLER(モンクレール)の専売特許と言っても過言ではないほどの人気となっています。それに答えるだけのハイレベルなアイテムが多いのです。その分だけ価格的に高いものが多いのですが、逆に着用しているだけでもステイタスを感じさせてくれます。

MONCLER(モンクレール)の特徴として、このアイテムのように何重にも着重ねたような重厚なアイテムが多い点が挙げられます。素材自体も肉厚で、どんな寒さでも耐えることができそうですね。かと言って、着膨れする感じでも無いのでスタイリッシュにコーディネートできるのは、如何にもフランスのブランドと言った感じです。また、最近のトレンドであるスポーツミックススタイルのテイストも入っているので、実にコーディネートしやすい点も評価できます。

また、品質管理が行き届いているのでどのアイテムでも安心して購入することができます。ラグジュアリー感を得ることができるMONCLER(モンクレール)も、やはり見逃せないブランドの一つといえますね。

イタリアの新進気鋭!DUVETICA(デュベティカ)

イタリアの新進気鋭!DUVETICA(デュベティカ)

出典:buyma

DUVETICA(デュベティカ)は2002年にイタリアで誕生したブランドですが、もう既に一定の地位を確保してMONCLER(モンクレール)にも肩を並べる存在になりつつあります。それもそのはずで、ダウンジャケットを作るためだけに集まったスペシャリストの集団であるがためです!実は、そのスペシャリストの中にはMONCLER(モンクレール)出身のデザイナーもいるので、少しテイストが似ている節もあります。

このダウンジャケットは、嫌味のない光沢を実感できるものとなっています。若干ミリタリーテイストも入っているのも特徴的です。腕のポケットやライダースジャケットのような腕長のデザインも相まって、今風のゆるりとしたスタイルにも抜群の相性があります。フードにはファーが付いていて、単純に暖かいだけでなくデザイン的にもアクセントとなっていて、やんちゃな大人の印象をアップさせます。

本場でも大人気のアイテムであり、日本の入荷が少ないのが残念ですが、見つけたら即買いしても絶対に損はしないでしょう。

スポーツ感を強く出している!Stone Island(ストーンアイランド)

Stone Island(ストーンアイランド)もイタリア発祥のブランドです。イタリアは、何かとダウンジャケットと縁のある国といえますね。1982年の誕生以降、一貫してスポーツウェアにこだわっているのが特徴で、ダウンジャケットにおいてもそのスタンスを崩していません。スポーツ系のアイテムは機能面と共に着こなしやすさも重要になりますが、そのバランスを上手く保ったダウンジャケットを提供しています。

このジャケットの特徴として、なんと1㎡あたり26gという脅威の軽さを誇るナイロンを使用している点です。そこに樹脂コーティングを施しているので、マッドな質感を見せているのです。染色加工する際に、かなりのダメージが加わり、ダウンフェザーがぺちゃんこになってしまうことがあるのですが、このジャケットはふんわり感を失っていません。この技術力の高さは、Stone Island(ストーンアイランド)の真骨頂です!

染色の配合にも最大限の工夫をしていて、特殊な物質を練り込むことで撥水性が抜群なのです。ダウンジャケットの場合、水分に弱いものも多くせっかくのジャケットが台無しに!というケースもありますが、このジャケットはそんな心配は必要ありません。

カジュアルラインと言えばここ!freak’s store(フリークスストア)

カジュアルラインと言えばここ!freak's store(フリークスストア)

出典:wear

アメリカンなカジュアルコートをお探しなら、freak’s store(フリークスストア)をおすすめできます。デザインも秀逸で、他のブランドよりも秀でた機能を有したものが多いのも特徴です。よりアウトドアでの使用を意識しているのは間違いなく、ある意味マウンテンパーカーに近い特性を持っているものを提供しています。

こちらは、PU加工無しで2層構造を採用しているので、抜群の耐久性と撥水性を確保しています。ストレッチも強く、体に密着する感じは最高の感覚ですよ!700フィルパワーのホワイトダックダウンの採用で、いつまでもボリュームのある形状をキープしてくれます。内ポケットが内蔵されていたりと、実用使いを意識したものとなっているのです。

パッカブルに折りたたむこともできますので、寒暖の差が激しいシーンでも安心して持ち運び可能です!

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介したブランドは、ほんの一部でまだまだおすすめできるブランドは数多く存在します。ヨーロッパvsアメリカの構造が見て取れますが、日本勢も決して見劣りしていません。この乱戦を制するのはどのブランドなのでしょうか?そんな目線で見守ってみるのも面白いですよ。

Pocket
LINEで送る