タトラス×西陣織!日本の伝統的な西陣織とタトラスの最新技術の融合によって生まれた全く新しいダウンとは?

Pocket
LINEで送る

そろそろダウンが恋しくなる季節になりましたね!ダウンはとても温かいですし、無理していない感じでカジュアルに着こなすことができる点が魅力的です。また、最近ではどんどんとコートに近づいている印象で、ビジネスマンも愛用している姿をよく見かけます。そんなダウン界の中で、今注目を集めているのがタトラスのダウンです。

タトラスは2006年に誕生したばかりのブランドで、イタリア、ポーランド、日本の会社が出資して出来たブランドです。よって、日本人の体型にも合うファッションアイテムを多くデザインしていますが、「in everywhere」をコーポレートテーマとして機能的、洗練された、唯一無二の3つの要素をうまくミックスさせているのが特徴です。

そのスタンスが見て取れるのが、新しいダウンなのです。では、タトラスの新しいダウンとは一体どのようなアイテムなのでしょうか?今回は、今シーズン絶対に注目すべきタトラスのダウンについて解説します。

日本のテイストが満載!タトラスの新しいダウンを徹底解剖

別注モデルとして誕生している!

別注モデルとして誕生している!

出展:Pinterest

タトラス自体は、以前よりダウンコートの販売は行っていました。スタンダードなショート丈のダウンから、女性向けのベンチコート風のダウンまでその数は非常に多いのです。その中で、今シーズンはストラダエストというセレクトショップが別注をかけたモデルとして、西陣織ダウンブルゾンが誕生しました。

ストラダエストは、イタリア系のアイテムを中心として、ヨーロッパなどの高品質なアイテムを取り揃えた、ハイセンスなセレクトショップです。タトラスとはもはや兄弟と同じような存在であり、今回の別注も決して驚くようなことではなく、必然的な流れと言っていいでしょう!ストラダエストのホームページを見ると、タトラスと連名になっている点からも見て取れます。実店舗においても、南青山と梅田にTATRAS & STRADA ESTのフラッグショップが誕生しています。

お互いの良さを知り尽くした両者が、京都の伝統的な西陣織を使ったタトラスの中でも日本のテイストを色濃く感じるダウンに別注をかけたわけです。

西陣織で日本のテイスト満載!

西陣織で日本のテイスト満載!

出展:Pinterest

タトラスの今回の別注モデルの最大の特徴として、西陣織で出来ている点があります。西陣とは今で言えば京都市街の北西部に位置する地区の事を言い、5世紀末あたりから西陣織はメジャーな存在でした。多色の糸をミックスして美しい模様を形成しているのが特徴であり、一目で西陣織であることがわかるのが特徴です。西陣織は、手機、力織機、綴機の3種類の織り機で生成されます。

そんな日本古来の伝統である西陣織が、タトラスのダウンでは息づいているのです。ダウンの至るところに色鮮やかな縫い糸が見られ、ラグジュアリー感をアピールしているのです。縫い目もしっかりしているので、頑丈でほつれにくいのも特徴です。このダウンの縫い目を見ても、頑丈かつ輝かしいカラーリングに魅了されますよね。

世界的なブランドであるディオールやルイ・ヴィトンも西陣織のアイテムを販売していますが、タトラスはあえてアメリカンなダウンに使用しているのが、いかにもタトラスらしい逸品であるといえます。

所々にカモフラージュ柄が入る!

所々にカモフラージュ柄が入る!

出展:Pinterest

今回の別注モデルの特徴的なポイントとして、カモフラージュ柄の採用があります。カモフラージュ柄と言えば、如何に自然に溶け込んで目立たなくするのが常識と言えますが、今回は目立つゴールドカラーのカモフラを採用しています。と言っても、派手なゴールドではなくいい感じでくすんだカラーリングとなっているのが特徴的です。

実は、このゴールドの部分は本銀箔を着色しているのです。よって、安っぽくなくラグジュアリー感が高いのです。また、ゴールドの他にもシルバーを余すところなく使用していますが、酸化止め加工しているのでいつまでも同じコンディションをキープしています。実は、この加工により撥水性能も高めることに成功しているので!一石二鳥とは正しくこのことを言いますね。

真冬に雪が降るコンディションですと、このようなラグジュアリーアイテムは着るのは憚れる印象ですが、逆に積極的に着用して冬のストリートの中心として輝くのも良いですね。

保温性も抜群に高い!

保温性も抜群に高い!

出展:Pinterest

ダウンは暖かくなければ意味がない!と言っても過言ではありませんよね。せっかく防寒用途に使用するのに、保温しないようでは何の意味も持ちませんよね。その意味で、このダウンは水鳥の胸元のダウンボールを使用しています。これは、通常のダウンで使用されるものよりも圧倒的に保温性が高いものとなっています。更には、軽くて柔らかいので着心地も抜群なのです!

ダウンの性能を示す指標であるフィルパワーは、通常レベルで500フィルパワーあれば高品質にランクされます。そんな中で、このアイテムは800フィルパワーを達成しているのです!反発が強いということは、いつまでもダウンのボリュームをキープできるという事になり、保温性能もずっと新品の状態のままで保つことができるのです。このアイテムに限らず、タトラスはフィルパワーが高いアイテムを作らせたら天下一品ですね。

この技術力は、やはりポーランド産という点が最も大きいですね。北欧のポーランドは極寒の機構となることも多く、それを凌ぐために高フィルパワーの技術が育まれているのでしょう。西陣織は日本、防寒性能はポーランド、デザイン性はイタリアとこの3カ国の良いとこどりで出来ているのが印象的です。

ベストタイプもラインナップ!

ベストタイプもラインナップ!

出展:Pinterest

今回の別注モデルでは、フード付きのダウンコートだけでなくベストタイプも存在しています。ダウンコートにはない、ライトな着こなしが可能な逸品に仕上がっています。何と言っても、この例のように袖部分にブラックのセーターなどをチョイスすることで、より高級感のあるコーディネートが実践できます。

着丈に関しても、かなり短めにデザインされているので、インナーとしてのコーディネートも想定しているのが見て取れます。バックの裾は丸みを帯びているデザインを採用して、着用するときれいなヒップラインを形成することができます。こういった細やかな点のこだわりは、タトラスの優れている点ですね。肉薄に見えながらも、実は800フィルパワーなので圧倒的な保温性をキープしています。

ライトで派手さもあるこのベストは、秋や春口に軽く羽織って着ても良いですね。ダークトーンのジーンズとベストマッチする印象ですので、コーディネートするアイテムを問わないのも、アウターとして有能といえます。

最後に

いかがでしたでしょうか?タトラスの多国籍性の最たるアイテムとして、今回のダウンが挙げられます。その中で中心的なテクノロジーに西陣織があるというのは、日本人にとって誇らしいですね!日本の心意気を感じつつ、このダウンで寒い冬を乗り切ってみませんか?

Pocket
LINEで送る