伝統的な技術により心地よい肌触りと伸縮性を実現するフィールズダルボーのカットソー

Pocket
LINEで送る

最近のトレンドアイテムとして、ボーダーのカットソーがありますよね。細めのボーダーで切り返しのあるものが特に人気が高く、秋冬でも欠かすことの出来ないアイテムとして注目されています。その殆どが、独自の伸縮性を持ち合わせた物となっています。そのようなボーダーカットソーを得意とするブランドして、フィールズダルボーが挙げられます。

フィールズダルボーを簡単に紹介すると、1927年にフランス北西部の港町であるカンペールで誕生しました。フランス海軍の軍服を手がけるなど、マリンウェアに強いコネクションを持つブランドです。質実剛健な製法を実践しているのが特徴で。創業当初よりmade in Franceを貫き通し、上質なアイテムは現代でも高い人気を誇っています。

そんなフィールズダルボーのカットソーには、どのような魅力があるのでしょうか?今回は、フィールズダルボーというブランドの代表アイテムであるカットソーの秘密に迫っていきます。

インナーとして着るのに最適!フィールズダルボーのおすすめカットソー5選

フィールズダルボーの代表格!ボーダーカットソー

フィールズダルボーの代表格!ボーダーカットソー

出展:Pinterest

今のトレンドアイテムであるボーダーカットソーも、フィールズダルボーが手がけると他とは違うスペシャリティを感じさせるアイテムに仕上げます。正確には、コットンニットのバスクシャツと呼ばれるこのカットソーは、クラシカルな中にも今のトレンドを随所に取り入れています。糸のかかりがかなり多いので、他とは違う伸縮性を確保しつつ、型崩れがし難いのです。

実は、このデザインと機能は現行のフランス海軍や空母勤務のセーラーに支給されているユニフォームとラベルを除いて同じものなのです!よって、頑丈性も高いものとなっていますし、防寒性にも優れているのです。これからの季節にはインナーで着たくなりますが、むしろこのカットソー一枚でも十分暖かく快適に過ごすことができます。

8分丈でスタイリッシュに着こなしが可能ですし、カラーリング的にも様々なアイテムと相性の良さを見せます。ジャケットと合わせれば、今風のイケてるお兄さんの仲間入りすること間違いなしですね!使えるシーンが多く、価格もお手頃となればもう買うしか無いでしょう!


腕のボーダーが良いアクセントに!

腕のボーダーが良いアクセントに!

出展:Pinterest

ワンポイントでボーダーが入ったこのカットソーは、実は人気セレクトショップビームスの40周年を記念してのスペシャルアイテムです。4本のボーダーは、40週年を表しているのです!肌触りの良いオーガニックコットンを採用することで、より上品に快適にファッションを楽しむことができます。フィールズダルボーの代名詞であるリブ編みももちろん実感できます。

定番のホワイト系ではなく、あえてネイビーベースのこのカットソーをチョイスすると、今風でイケてるコーディネートを実践できます。このニット一着でも十分温かいので、中にシャツを合わせてコーディネートし、ボトムスにはシンプルなデニムパンツを合わせれば、無理していないながらもモテること間違い無しの爽やかコーデを実践できそうです。

フィールズダルボーの良さを活かしつつ、より進化を遂げたアイテムに仕上げるあたりは、さすがビームスと言ったところですね。

無地のハイネックもかっこいい!

無地のハイネックもかっこいい!

出展:Pinterest

あまりにボーダーカットソーが印象的であるフィールズダルボーですが、このような無地でシンプルなデザインのカットソーも手がけています。リブ編みなので伸縮性に優れていますので、あえてワンサイズ小さいものをチョイスして、ピタッと体に密着させて着用すると、より保温性を確保して暖かさを確保することができます。

ただシンプルなだけでないのが、このカットソーの特徴です。ハイネックですが首元のボリュームは必要最小限に抑えることができます。よって、ジャケットなどのインナーとしても活躍しますし、Pコートとの相性の良さは目をみはるものがあります。丈の長さも絶妙で、アウターとのバランスをよく考えてデザインされている印象を受けます。

袖は切りっぱなしに近い自然なスタイルを採用しています。独自の折り方により、丁度よいまだらな模様を再現できています。コットンの肌触りの良さを実感できる、シンプルイズベストなタートルネックのカットソーとしておすすめできます。

しなやかな印象!ボートネックシャツ

しなやかな印象!ボートネックシャツ

出展:Pinterest

このボートネックシャツは、フィールズダルボーにしては珍しくリブは採用しておらず、絞りのないシルエットとなっているのが特徴です。肩元が広がっているデザインで、インナーをちら見させればレイヤードスタイルを実践できますね。肩、ネック、裾部分が切りっぱなしの様なデザインとなっていますが、実は生地が二重となっているので頑丈なのも特徴です。

素材としてはコットンだけでなくリネンも20%配合されているので、デザイン的にもオールシーズン使いまわすことができます。若干丈が短くなっていますが、そこはインナーとの兼ね合いでカバーすることができますし、逆にインナーを出して重ね着感を強調するのもありですね。腕にはフィールズダルボーのロゴが、袖口にはワッペンが付いているので、シンプルな中にも違いを感じさせます。

古着感のある素材とデザインで、きれい目ファッションだけでなくカジュアルコーデにも使えます。カーディガンに合わせると、今の時期に最適ですし上級者のファッションを手軽に実践できるでしょう。


ニットも一筋縄でいかないものに仕立てる!

ニットも一筋縄でいかないものに仕立てる!

出展:Pinterest

フィールズダルボーではニットカットソーも手のうちに入れています。このカットソーは、ドゥアルヌネと呼ばれるモデルで、実はフランスの地名です。ドゥアルヌネ地方の漁師からリクエストされてデザインしたこのニットは、とにかく温かいものに仕上がっています。フィッシャーマンストレッチと呼ばれる、独自のリブ織りにより、伸縮性の高いアイテムとなっています。

伸縮性が高いので、より体に密着しやすいのが特徴です。ベースはバスクシャツと同じ思想でデザインされていて、そのテイストはショルダーラインを見れば一目瞭然です。前見頃が後ろまで進行させて、ステッチにかかる負担を最小限にしています。これにより、いつまでも型崩れすることなく、良いコンディションをキープできます。

はっきり言って、インナーに着用するのは非常にもったいなく感じます!それほど、このカットソーはハイセンスで着る者を際立たせるアイテムなのです。また、楽に着られるというのもこのニットのテーマであり、着続けていても全く苦しくないという点も高く評価できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?フィールズダルボーに注目している方は多く、それはプロのバイヤーも同様です。日本人に合いやすいデザインということもありますし、どストライクのボーダーカットソーを手がけているというのも、フィールズダルボーが注目されている要因ですね。

Pocket
LINEで送る