まだ遅くない!冬でもオシャレにキメるために知っておきたい定番コートの種類5選!

Pocket
LINEで送る

すっかり寒くなり、紅葉も楽しめる季節となりました。まだコートを着るには早いと思っている方も多いでしょうが、いつ雪が降るかもわからないので、早めに準備していざという時に備えたいですね。コートは冬の大定番アイテムですが、スタンダードなデザインなものから斬新なデザインなものまで、多種多様あり目移りしがちです。

そんな中で、スタンダードで昔からあるデザインのコートであっても、今のトレンドを取り入れて微妙にマイナーチェンジしているものも多いのです。定番だからと言ってあぐらをかくわけではない姿勢が見て取れますね!では、この秋冬でどのようなコートが流行りそうなのでしょうか?

そこで今回は、今シーズンも重要なウェイトを占めること間違い無しの定番コートについて、種類別に5つ紹介します。定番だからと言って侮ることなく、しっかり今シーズンのメインアイテムとして据えて、おしゃれに快適に今シーズンを乗り切ってほしいものです。

大定番!今シーズンをおしゃれに乗り切るコート5選

今シーズン注目No1!チェスターコート

今シーズン注目No1!チェスターコート

出展:Pinterest

今シーズン最も注目を集めるコートとして、チェスターコートが挙げられます。チェスターコートとは、丈がヒップを越して膝丈まである長さとなっていて、ウェストを絞ってスタイリッシュに見せることができるのが特徴です。大きなコートというと着膨れするイメージが強いのですが、チェスターコートの場合はフォーマルシーンで使用することを想定して、見た目のフォルムにこだわってデザインされています。

この例では、まるでガウンを羽織っているかのようなゴージャス感を感じさせます。襟が割合ボリュームがあり、インナーにストールをさらっと巻くとよりイケてる雰囲気を出すことができそうです。細身のシルエットでスタイリッシュに見せていますが、大きなポケットが付いていてスマートフォンや財布なども持ち運びやすいのも特徴です。ちょっとしたお出かけであれば、バッグ無しでこのコートだけで用が足りそうです。

スタイリッシュなチェスターコートをよりフォルムをきれいに見せるために、スキニージーンズを合わせています。フォーマルになりすぎないように、あえてダメージ加工が入ったボトムスを履き、カジュアル寄りに引き寄せています。このように、どんなスタイルでも使用できるチェスターコートは、持っておくと使い回しが効く点も評価されている所以です。


スッキリしたデザインが魅力!ステンカラーコート

スッキリしたデザインが魅力!ステンカラーコート

出展:Pinterest

チェスターコートと双璧をなす人気のアイテムが、ステンカラーコートです。後ろの襟が高くデザインされていて、前が低く折り返す形を採用していますので、ゆったりと着ることができるのが特徴です。また、基本は比翼仕立てでボタンを止めて着用しますが、第一ボタンだけ止ずに着用すると、また違った印象をあたえることができます。シャツと似た着こなしが可能なコートと言えます。

このコートは、肌触りの良い素材でできており、着心地の良さが魅力的です。丈は若干長く取られていますが、スッキリしたフォルムとなっているので着こなしやすいのが特徴です。襟はあえて立ててよりオシャレ感をアップさせていますし、ステンカラーコートらしく無駄のなさをよく活かしています。薄手に見えますが、真冬でも耐えることができる保温性の高さも魅力的です。

インナーにはシンプルなホワイトシャツを合わせて、ボトムスには深いインディゴカラーのデニムパンツをチョイスしています。あまりフォーマル寄りになりすぎず、かと言ってステンカラーコートの良さを活かした秀逸なコーディネートとなっています。バッグも、できればこの例のようにクラッチバッグなどのハンドバッグを使用することで、ステンカラーコートの邪魔をしないものがおすすめです。

少し着崩すならこのコート!N-3B

少し着崩すならこのコート!N-3B

出展:Pinterest

N-3Bはフライトジャケットとして有名ですよね。元々はアメリカ空軍のフライトジャケットとして誕生した経緯があり、極寒の地でも耐えることができる防寒性が魅力となっています。また、昨今のミリタリーファッションのブームにより、改めて注目を集めるコートとなっています。軍服という側面から、フードを被っても視界性が確保されるのも特徴です。

このコートは、N-3Bの特徴を残しつつ、ファッション性を高めたアイテムです。ミリタリー系の代表カラーであるカーキを採用し、あまり着膨れしないようなサイズ感となっています。着丈もヒップが隠れるほどの適度な長さを採用することで、すっきり見せることに成功しています。もちろん、適度に配置されたポケットやモコモコ感がたまらないフードの採用など、機能性の高さも評価できます。

フォーマルシーンでは少し使用しにくいですが、カジュアルシーンであればデニムパンツとの相性の良さは言うまでもなく高いです。また、カーゴパンツと合わせれば、よりミリタリー色がアップしてイケてるコーディネートとなりますね。インナーとしても、この例のようにシャツと合わせても良いですし、今風の無地Tシャツをチョイスしても良いでしょう。

大定番のピーコートはショート丈が流行る!

大定番のピーコートはショート丈が流行る!

出展:Pinterest

コートの中でも人気が高いのがピーコートです。実は、元々はミリタリー系のアイテムとして誕生した経緯があるのですが、今ではフォーマルシーンでも使用する機会のあるコートとなっています。どちらかと言うとボリュームのあるコートであり、圧倒的な防寒性の高さが魅力的です。そんなピーコートですが、今シーズンはショート丈がブームとなりそうです。

この例では、ブラックカラーのピーコートをメインにコーディネートしています。細身であえてボタンを止めずに着用していますが、それにより襟に少しボリュームを持たせたコーデとなり、オシャレ感が増しています。丈が短いので、インナーのシャツがはみ出していますが、これにより重ね着しているように見せることができます。

秋冬らしい、モノトーンコーデで仕上げているのが印象的ですね。そこにブラウンのスニーカーを合わせて良いアクセントを効かせています。ブラックのピーコートであれば、ビジネスでも使用しやすいですし持っておくと重宝すること間違いなしですよ!


カジュアルさをよりアップさせる!ダッフルコート

カジュアルさをよりアップさせる!ダッフルコート

出展:Pinterest

フロントにトグルを使用して、独特の風味を感じさせるのがダッフルコートです。学生がこぞって着用するコートという印象がありますが、もちろんストリートシーンでも高い人気を誇っています。トグル自体はかなり砕けた印象を与えるので、やはりカジュアルシーンで使用するのが正しいコーディネート方法と言えます。

この例では、冬のカジュアルシーンの代表例であるチェックシャツ×セーターにジーンズを合わせるコーデとなっています。そこに、今シーズンのテーマカラーと言っても過言でないネイビーのダッフルコートをチョイスしています。肩部分に違う素材を使用していますし、腕にワッペンを付けていてミリタリーテイストも感じさせます。あえて丈は短めで、すらっと着こなす事ができるのが良いですね。

ダッフルコートは、基本トグルで止めて着用するのが一般的ですが、この例のようにインナーさえ着込めば前広げで羽織るように着用でき、オシャレ度が増します。ピーコート同様、やはりショート丈が今シーズンらしいと言えますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?コートと一口で言っても、今回紹介しただけでなく他にも多くの種類があります。今回紹介した中では、共通項としてミリタリーテイストが少しでも入ったものが多い印象です。コートの殆どが、元々は軍で使用していたものと言う側面があり、原点回帰したとも言えますね!ぜひ、お気に入りの逸品を早く見つけて、冬支度を始めましょう!

Pocket
LINEで送る