激レアのミカエルフォックにも負けず劣らず!パラブーツのミカエル ポニーの魅力とは?

Pocket
LINEで送る

レザーシューズの王道ブランドとして有名なのが、パラブーツですよね。スタンダードなモデルから、一見すると攻めの姿勢を感じさせるデザインまで多種多様ですが、総じておしゃれでまた履きたくなる魅力的なものばかりです。成り立ちが登山靴のブランドであるため、防水性の高さもあり雨の日にも積極的に履けるシューズが多いのもうれしいですね。

そんなパラブーツの中でも、激レアなモデルとしてミカエルフォックがあります。ミカエルフォックの特徴として、甲部分にアザラシの毛を使用している点があります。ただ、2009年にEUがアザラシ製品の輸入を禁止したこともあり、今では生産終了されており激レアなアイテムとなっているのです。そんなミカエルフォックに取って代わって、ミカエル ポニーというモデルが人気となっています。

では、ミカエル ポニーとはどんな魅力を秘めたモデルなのでしょうか?今回は、パラブーツを引っ張る存在となりつつあるミカエル ポニーについて解説します。

注目度抜群!パラブーツ ミカエル ポニーの魅力を紹介

ミカエルの歴史を紐解く!

ミカエルの歴史を紐解く!

出展:Pinterest

まずはじめに、ミカエルポニーやミカエルフォックの「ミカエル」とはどのような意味があるのかについて解説します。ミカエルとは、モデル名の事を言い、その後に付属するフォックやポニーが材質名となります。ミカエルシリーズはチロリアンシューズの元祖とも言われており、歴史的にも非常に希少なモデルなのです。

その特徴として、ノルヴェイジャン・ウェルト製法の採用があります。ノルウィージャン製法はウェルトをアッパーと縫い付け、その後にウェルトをソールと縫い付ける製法の事を言います。登山で使用することを想定して、とにかく頑丈で長持ちするのが特徴です。街履きにおいても、ヘビーローテーションしても全く動じることなく使用することができます。

見た目での特徴として、無骨でいかにも頑丈そうな印象があります。よって、レザーシューズですがビジネスシューズとしては少し使用しづらいのが難点です。但し、実用性を十分に考慮して履きやすくデザインされているのは、ミカエルらしさを実感てきるポイントです。

ミカエルポニーの魅力①:ポニーレザーの上品な光沢!

ミカエルポニーの魅力①:ポニーレザーの上品な光沢!

出展:Pinterest

ミカエルポニーは、その名の通りポニーレザーを使用しているのですが、これはフォックの使用が禁止された事により苦肉の策として誕生したイメージがあります。ただ、パラブーツは単にポニーレザーに置き換えただけでなく、ポニーレザーの良さを最大限活かしたシューズに仕上げているのです。

アッパーに使用しているのがLisse Leatheです。オイルの含有率が非常に高いのが特徴で、それにより上品な光沢があります。馬のお尻を見ると、かなりつややかで惚れ惚れしますが、正しくその革を使用しているのです。科学的にみると、コラーゲン線維構造という観点では牛革などと比較すると粗大であり緻密さに欠けますが、毛包の配列はカーフレザーと同様なものとなっています。よって、魅力的な光沢を見せるのです。

このシューズでも、ブラウンでありながらも輝くような光沢を見せています。しっかり手入れすることで、また違った表情を見せるレザーなので、日日のメンテンナンスも楽しく行えること間違いなしですよ!

ミカエルポニーの魅力②:トップのポニーが良いアクセントに!

ミカエルポニーの魅力②:トップのポニーが良いアクセントに!

出展:Pinterest

やはりミカエルの最大の特徴は、トップのデザインです。従来のフォックはモコモコしていて見た目だけでも暖かさが感じられましたが、ミカエルポニーではまた違った魅力を感じます。馬のたてがみを連想させる縦縞が特徴的であり、適度に黒髪が混ざっていてグラデーション感も抜群です。手入れ次第で、少しアクセントを付けることも出来ますよ。

軽くて柔らかいのもポニーの特徴です。雨には強いものの、汚れには決して強くないので定期的なメンテンナンスは欠かさず実施する必要があります。まるで馬のたてがみを撫でるかのように手入れすれば問題ありませんが、メンテナンス時の肌触りの良さは抜群なものがあります。もちろん、丈夫で長持ちする特徴も兼ね備えているので、慎重になる必要はなくブラッシングしていけば良いコンディションをキープできます。

フォックとはまた違った、スマートさを全面に押し出したポニーの採用により、また一歩成長した印象を受けます。この柔軟な発想の転換が、パラブーツの真骨頂と言えます。

ミカエルポニーの魅力③:通気性を確保している!

ミカエルポニーの魅力③:通気性を確保している!

出展:Pinterest

ポニーレーザーは雨に強く、撥水するので中まで水分が浸透しにくいのが特徴ですが、一方で通気性について気になることろです。ただ、ミカエルポニーでは内部で蒸れにくい構造を採用することにより、履き心地をキープしています。中底には通気性の良いコルクを採用することで、シューズ内部の湿度を一定に保つ事ができます。レザーシューズではある意味必須な機能ですが、それを当たり前に行えるのがすごいの一言です。

ノルヴェイジャン製法の採用というのも、ミカエルポニーの通気性の確保に寄与しています。何重にも重ねたクレープのような構造を採用し、それをノルヴェイジャン製法で仕立てることで、所々で通気性を確保するための空洞ができるため、シューズ内で汗をかきにくいのです。ハニカム構造と呼ばれるこの構造により、必然的に通気性の良さにつながっています。

今のトレンドである接着による製法では得ることのできない履き心地を実感できるのが、ミカエルポニーの魅力となっています。また、その副産物として仮に靴底が劣化した場合にも交換し易いという効果ももたらしています。

ミカエルポニーの魅力④:すり減りにくいアウトソールを採用!

ミカエルポニーの魅力④:すり減りにくいアウトソールを採用!

出展:Pinterest

ミカエルポニーでは、アウトソールに高い耐久性、グリップ力とクッション性を確保したものを採用しています。マルシェと呼ばれるソールになりますが、何とパラブーツでデザインして製造しているソールなのです!通常、ソールは外注にお願いするのが一般的ですが、自社ですべて賄い理想に近づけるというスタンスには、頭が下がる思いですね。

ソール構造を見ると、実にシンプルで溝も少ないのですが、これで雪道でもスリップすることなく履くことができます。それを実現しているのは、絶妙に配置されている溝の位置とサイズです。浅い溝ですのですり減るとすぐに効果が薄れるのでは?と邪推してしまいますが、そこはマルシェの頑丈さにより常にベストなコンディションをキープすることができます。

高機能なパラテックスも魅力的ですが、マルシェもクラシカルながらも今でも十分通用する機能にあふれています。クッション性の高さという点では、インナーのコルクとの相乗効果も見逃すことができません。

最後に

いかがでしたでしょうか?ミカエルフォックの存在感が強すぎて、そのままミカエルはフェードアウトするのでは?と心配されていましたが、その不安を払拭したミカエルポニーはもはや名作と呼んでも良いでしょう!パラブーツのすべてを実感できるモデルですので、是非とも一度履いてみてもらいたいシューズの一つです。

Pocket
LINEで送る