大人の色気を出したいあなたはレザーコートを着よう!レザーコートのコーデ5選

Pocket
LINEで送る

レザーという素材は実に不思議なもので、身につけているだけでどこかピシッと背筋が伸びる感じがするものです。手入れが難しいという点は否めませんが、それでも多くのファッションアイテムに使用される素材なのです。そんなレザーのアイテムの中でも、より大人の色気が出るものとしてレザーコートが挙げられます。

レザーコートは、春先や秋にも使用しやすいアイテムが多く、特にこの時期には重宝するのですが、コーディネートに取り入れるには少し工夫が必要です。基本スタンスとしては、大人の男性を意識して落ち着いたコーディネートを心がけるのが鉄則となります。では、レザーコートを使用したコーディネートにはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は、これからの季節にぴったりなレザーコートの着こなしテクニックを紹介します。より大人の男性に近づきたい!そんな貴方にとって必見の情報満載ですよ!

大人の色気を感じさせる!レザーコートの着こなしテクニック

ジャケットコートでスラッと着こなす!

ジャケットコートでスラッと着こなす!

出展:Pinterest

秋口の少し肌寒い気候の場合、コートまでは不要だけど何かトップスに着ておきたいとなった時に大活躍するのがレザージャケットコートです。適度な保温効果と、すっきりしたデザイン性が魅力であり、コーディネートもし易いのが特徴です。この例では、ジャストサイズで渋みのあるカラーが印象的なジャケットコートに、ブラックのボトムスを合わせてモノトーンコーデを完成させています。

これにレザーシューズを合わせると堅苦しさが出てしまいますが、スニーカーをチョイスすることでアクティブ感を出すことに成功しています。より大人な印象を強調したいなら、少し変調して若干明るめのレザーシューズを履くのも悪くありません。全身がモノトーンで統一すると重くなりすぎるので、トップスのインナーにはグリーンのシャツを合わせているという点も、ファッショニスタならではの工夫を感じます。

ジャケットコートはあえて前開きにして、羽織っている感を出して着用すると、今の季節風でちょうどよい感じを受けます。このサイズ感とモノトーンの統一テクニックは、ぜひ学んで実践で使ってみたいと感じさせます。


ベースボールキャップでアクティブ感を出す!

レザーコートは、着ると相当な存在感があるので、どうしてもシックな方向に傾いてしまいます。このコートも光沢の強さはあるものの、ビジネスでも使用できるような落ち着いたコートですので、よりカジュアル寄りにコーディネートするためにはひと知恵必要です。そこでおすすめしたいテクニックとしてこのコーディネート例があります。

シックなコートのインナーには派手なシャツを合わせることにより、よりコーディネートの幅を広げているのが特徴です。そんな中でも、タックインすることである程度のシックさもキープしているのが心憎いです。更にインナーにはブラックのTシャツを合わせて、良い差し色効果を出しています。そして、このコーディネートの最大の特徴は、ベースボールキャップを合わせている点です。これにより、スポーティーなイメージも感じられるので、より今っぽいコーディネートとなっています。

あくまでもレザーコートの良さを残しつつ、ベースボールキャップで崩すテクニックは、ぜひ覚えておきたいコーディネートなのです。

レザーコートとブーツは最強の組み合わせ!

ザーコートとブーツは最強の組み合わせ!

出展:Pinterest

レザーコートとレザー系のアイテムは、言うまでもなく相性の良さがあります!ただ、全身レザーで覆われると、くどいイメージを持たれてしまうので注意が必要です。その中で、ちょうどよいバランスでコーディネートできるアイテムにブーツがあります。このコーディネートを見ていただければ、ひと目で相性の良さが伺えます。

ブラックでジャケットスタイルのコートは着丈が短めで若さを感じさせるものとなっています。袖丈は長めに取られているので、ライダースジャケットのような出で立ちで着用することができます。そこにデニムジーンズをチョイスし、更にはレザーブーツを合わせているのが特徴です。このレザーブーツは、レザージャケットと似た素材となっているので、よくマッチしていますね。

これだけでなく、レザーコートのインナーには差し色としてオレンジのカーディガンを、更にはストールを巻くことでイタリアンな雰囲気が更にアップしています。なかなかチャレンジングなコーディネートですが、これを成立させることができれば、れっきとしたファッショニスタになれるのです。

マトリックス風のロングコートはシンプルなインナーと合わせる!

マトリックス風のロングコートはシンプルなインナーと合わせる!

出展:Pinterest

映画「マトリックス」の主人公が着ていたようなロングコートは、まずは丈の長さが重要なポイントとなります。この例のように膝丈ぐらいまでがちょうど良く、これ以上長いと着こなしが難しくなります。また、ロングコートの場合はフォルムも重要なポイントとなります。ストレートタイプから、ウェストが若干くびれているものもありますが、この例ではストレートタイプできれいなフォルムを出すことに成功しています。

このようなコートをコーディネートする際にオススメなのが、シンプルなインナーを着ることです。今年のトレンドである無地Tシャツを合わせることで、前開きにしてもコートの良さを出しつつスッキリした大人のイメージを助長することができます。ボトムスにはデニムパンツを合わせることで、砕けた印象を出すことにも成功しています。

ファッションの鉄則とし、無理しすぎないというのがあります。ガチガチに重厚なアイテムをコーデしても、重苦しくて逆にダサさが勝ってしまうのですが、このコーデは上手くバランスを取っています。


派手目のキャメルコートにはシックなボトムスで!

レザーはダークトーンだけでなく、キャメルカラーを中心としたカラーも存在します。このコートがその代表例ですね。レザーロングコートの場合は、全身の7割以上がそれで覆われるため、カラー選びと残りの3割を如何にバランス良くチョイスするかが肝になります。

この例では、クロコダイル柄に近いような凹凸のあるレザーコートをチョイスしています。そんな派手な印象の中で、ボトムスは秋冬のトレンドカラーであるネイビーのスラックスを合わせています。一見、このカラー同士は合わない印象ですが、上手くバランスを取っている印象です。また、光沢の強いレザーシューズが良いバランサーとなっています。更には、スラックスが若干短めとなっていて、ソックスが見えるのですが、カラー的に上手くバランスが取れていますね!

派手なレザーコートも、これならコーディネートにも悩むことがありません。よりスタイリッシュでイケてる感じを出すことにも成功しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?レザーコートの多様性が進む中で、今回紹介したコーデは参考となるはずです。無理しすぎない点に気をつけて、自分なりのアレンジで着こなすことができれば、よりファッショニスタに近づくことができるでしょう。

Pocket
LINEで送る