ネクタイで見せつける情熱とパワー!Vソーンは男の<第2の顔> ~ネクタイの色で表現する印象術~

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f_20161011
Pocket
LINEで送る

スーツは男を一番シンプルにかっこよく見せる服だ!
と、そんなことをかなり本気で信じている今日この頃ですが、この「シンプルにかっこよく」にもポイントがありまして、それはまず、<サイズ>。スーツはここがきちんと正しく着こなすことが出来ていればほぼ間違いなくカッコイイ。そう思うのです。
カジュアル服と違って、着こなしにルールがある服だからこそ、ベースだけしっかり押さえていれば誰でも簡単に、そして素敵に楽しんでいただけると思います。
そんなスーツの着こなしに上手く個性を、センスをいれてコーディネートする基本の基本はやはりネクタイをどう選ぶかではないかと思います。そもそも極端に言えば、スーツの着こなしは、スーツ(上下)+シャツ+ネクタイのこの3つのアイテムの組み合わせ。だからこそ、その一つ一つに何を選ぶかが重要なわけです。そんな中でも最も目立つのがネクタイ、ここで何を選ぶかで着こなしの印象は大きく変わります。一説にはネクタイが存在するスーツのVソーンは男にとって第2に顔と言われており、その印象を大きく左右する大事な場所となっています。
そこで今回は、ネクタイ選びの際に参考にしていただこうと、選ぶ色によって、どんな印象に見えるのかをご紹介していきたいと思っています。
ファッションが何かという問いには様々な答えがあるとは思いますが、周りの人にどういう印象で見られたいか?自分はどういう人間であると表現したいのか?それを体にまとう服によって表現する事。これも一つの答えであり、社会的にはこういった部分の要素は非常に大事だと私は思ってます。
ネクタイの色、この1ポイントだけでも、人にどういう印象を与えたいか?どう見られたか?そんなことを表現していける場所なんですよ。ぜひご参考にしていただければと思います。

<レッド>

<レッド>

おすすめアイテム:ULTURALE ネクタイ

強いエネルギーをイメージするレッド。
レッド系のネクタイは、「積極的」「情熱」「行動的」「やる気がある」などの印象を与えるため、選挙の時やプレゼン時など人前で意見を述べる時に使われる傾向もあります。積極的に自分をアピールしたい時に効果的ですが、元気がほしい時や自信を取り戻したい時にも有効ですよ。

<ブルー>

<ブルー>

おすすめアイテム:ULTURALE ネクタイ

冷静なイメージを与えるのがカラーがこのブルー。
さらに誠実さも表現してくれるカラーなので信頼感が上がります!
このブルー系のネクタイは、「誠実」「冷静」「真面目」「知的」「若い」などの印象を与え、日本のビジネスシーンでは最も使われている色なのです。
しかし、おとなしく消極的なネガティブイメージもあります。これは日本人のイメージにもリンクしているのかも・・・。

<ブラウン>

<ブラウン>

コーディネート例:Instagram

渋めな落ち着きのあるカラー、ブラウン。
ブラウン系のネクタイは、「堅実」「包容力」「落ち着き」などの印象があり、クラシカルな印象で若者でも渋く決めやすい色です。

<ピンク>

<ピンク>

出展:Instagram

女性受けのいいピンク。これにはこの色が与える印象も大きく影響しているようです。
ピンク系のネクタイは、「優しい」「柔らかい」「温もりのある」などの印象を与える効果あり。

<グリーン>

<グリーン>

出展:Instagram

心身のバランスを整えリラックスさせる効果がある緑色は、「安心」「穏やか」「自然体」などの印象。ナチュラルで人当たりのいい印象で柔らかな空気感を創り出せる色でもあります。癒し効果もあるかも。

<イエロー>

<イエロー>

出展:wear

前向きなはつらつとしたイメージのイエロー。
イエロー系のネクタイは、「明るい」「社交的」「元気」「面白い」などの印象があり、場を盛り上げる中心になれる色です。よくしゃべるような印象もあるので、コミュニケーションが得意に見られるカラーです。

<パープル>

<パープル>

出展:Instagram

古くから高貴な色であるパープル。
パープル系のネクタイは、「芸術的」「堂々とした」「品格ある」というような印象です。感性豊かなセンスのいい印象で着こなしをより個性的に感じてもらえると思います。

<グレー>

<グレー>

おすすめアイテム:ULTURALE ネクタイ

着こなし全体に色味を押さえた形となるシックなグレー。
グレー系のネクタイは、「調和」「落ち着き」「洗練」などの印象で、派手さはないがクールに決まるスタイリッシュな佇まいとなるはずです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
明日はどんな自分を表現するか、朝のコーディネートが楽しみになったら嬉しい限りです。
是非、その日、その日の気分やシーンに合わせて表現してみてください。
きっと周りの反応や自身の心持にも変化が表れてくると思いますよ!
では。

滝本

Pocket
LINEで送る