パラブーツのミカエル、その魅力を徹底検証!ミカエルを履くべき5つの理由!

Pocket
LINEで送る

みなさんパラブーツというシューズブランドはご存じでしょうか?パラブーツのシューズを持っているよ!という方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に説明させていただきます。パラブーツはフランスに本社を持ち、まもなく100周年を迎える伝統あるシューズブランドです。ブランド名にブーツとついてるのでブーツを専門に作っているブランドと思われている方もいるかと思いますますが、ワークシューズやビジネスシューズなど幅広く製造しています。

そんなパラブーツの中でもミカエルというモデルは、多くのファンを獲得している大変有名なモデルになります。これを知らなきゃファッションを語る資格なし!と言っても過言ではないほどのシューズなのです。ただ、知らない人にとっては、なぜそこまで人気なのかがよく理解できないという方も多いことでしょう。

そこで今回は、パラブーツのミカエルがなぜここまでファッショニスタに愛されているかについて、5つのポイントともに紹介していきます。ミカエルを知らない人でも、この記事を読んでいただければきっと魅力を感じてもらえることでしょう。

パラブーツ ミカエルがおすすめできる5つの理由

理由1:チロリアンシューズの元祖としての貫禄!

理由1:チロリアンシューズの元祖としての貫禄!

出展:Pinterest

登山靴として高い人気を誇っているものに、チロリアンシューズというものがあります。チロリアンシューズとは、モカシン縫いされているつま先と、ノルウィージャンという製法で作られたシューズの事を言います。山岳地帯に位置するアルプスのチロル地方で出来たシューズであり、チロリアンがこぞって履いていたことから、チロリアンシューズと命名されています。

チロル地方は、とにかく険しい山道や高原が広がる地区のため、スニーカーのように頑丈さが高くないシューズなんて履いていられず、ブーツのように頑丈で滑りにくいシューズが必要になるのです。そこで、モカシン縫いやノルウィージャン製法が重要なテクニックとして用いられるのです。そんなチロリアンシューズの元祖というべきものが、パラブーツのミカエルなのです。

ミカエルは、チロリアンシューズをよりスタイリッシュに見せて、タウンユースでも履けるように工夫されているのです。このバランス感覚の良さが、さすがパラブーツと言ったところですね。


理由2:フランスでの製造にこだわっている!

理由2:フランスでの製造にこだわっている!

出展:Pinterest

どんなブランドでも、知名度が上がると販売拡大のためにデザインの質が落ちてしまったり、製造レベルの質が落ちてブランド力が失墜していくことが見られます。よって、知名度が上がっても、如何にブランドのスタンスを変えずにいられるかが重要になります。その点、パラブーツのミカエルに関しては、一貫してフランスでの製造にこだわっているのです。

一定の質を確保しつつ販売を拡大する事ができるこの判断は、大正解となっていてミカエルがこれだけの知名度を誇っているのです。将来的にも、フランスでの製造のスタンスは変える気配はなく、2016年にはフランスで新しいファクトリーが誕生しました!時に頑固な姿勢は失敗の元ともなるわけですが、しっかりお客様のニーズにもいち早く対応しているのが特徴です。

今でも、150以上の工程をパラブーツの職人さんが担当し、高品質で一定のクオリティをキープすることに成功しています。機械製造では得ることが出来ない、温かみをミカエルからは感じ取ることができます!

理由3:ラビットファーをあしらって可愛さも!

理由3:ラビットファーをあしらって可愛さも!

出展:Pinterest

パラブーツのミカエルでは、単なるチロリアンシューズの枠に収まらないデザイン性が魅力なわけですが、その一例として爪先部分にラビットファーをあしらったモデルも存在しています。このモデルが正しくそれで、どこかしら可愛さを印象つけるシューズになっています。

このモデルは、エクスクルーシヴモデルと呼ばれており、実はあのユナイテッドアローズの別注モデルになります。よりスタイリッシュさを強調するために、このようなラビッドファーをあしらっているのです。どうしても冬のファッションはカラー的にも重くなりがちで、しかもブーツとなれば尚更ですが、遊び心あふれるこんなモデルも多くラインナップしているのです。

この柔軟な姿勢も、パラブーツのミカエルが愛されている理由なのです。意外と、ビジネスシーンでも使いやすい物となっていますので、適合力の高さも評価できますね。また、若者からお年寄りまで、幅広い年齢層に適合できるデザインが魅力なのです。

理由4:オリジナルのソールで履きやすい!

理由4:オリジナルのソールで履きやすい!

出展:Pinterest

ミカエルだけではないのですが、パラブーツのシューズにはオリジナルのソールを製造しています。ソールの製造はそう簡単な作業ではなく、相当な脳杯がないと出来ないものなのですが、パラブーツの技術力を持ってすればいとも簡単に対応できるのです。かの有名なビブラムソールよりも11年も前に、パラブーツのラバーソールが誕生したことになります。

ミカエルにおいては、MARCHEⅡ(マルシェ2)ソールを採用しています。このソールの特徴としては、空気を蓄えるタンクのような構造となっている点にあります。空気を蓄えることにより、地面に着地した際にクッション代わりとなり、足へのダメージを最小限に抑える効果を発揮します。ナイキのエアーシリーズのように目に見えたものではないのですが、これが抜群な能力を発揮してくれるのです。

また、靴底のパターンにも工夫をしており、足を着地した際に外側に力を逃すようにデザインされています。これにより、より高いグリップを確保することができます。よって、滑りやすい山道でも安心して履くことができるのです。履きやすい山岳シューズと聞けば、欲しくなるのは言うまでもありません!


理由5:タウンユースで使える!

理由5:タウンユースで使える!

出展:Pinterest

ミカエルはチロリアンシューズの元祖とも言うべきアイテムなのですが、今ではストリートシーンでも多く見られます。それは何故かと言うと、やはりそのスタイリッシュさが挙げられます。

先に取り上げたラビットファーのような攻めのデザインも良いのですが、基本はシンプルなフォルムが特徴なのです。特に、Uチップが履き口まで伸びており、紐で結ぶデザインを採用しているのが特徴です。立体感を感じさせるこのデザインは、足元が寂しくなりがちな秋冬ファッションにおいて、断然の存在感を示すことに成功するのです。

また、使用するレザーにもこだわりを見せており、過去使用したアザラシの毛皮はミカエルがブームを巻き起こた材質として有名です。今は規制がかかったこともあり、ポニーなどの毛を使用しているのですが、勿論その質は落ちることなくイケてるシューズに仕上がっているのです。上質な光沢も最高にかっこいいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?パラブーツのミカエルは、おしゃれシューズの代名詞となっているモデルですが、その理由がご理解いただけたかと思います。決して価格的には安いものではないのですが、その抜群な存在感と履き心地で、必ずや貴方を満足させるものとなるでしょう!

Pocket
LINEで送る