男の品格をプラス!ラグジュアリーなドレスシューズで大人のファッションを楽しもう!

Pocket
LINEで送る

少し前に、「ハケンの品格」というドラマが有りましたが、今の時代だからこそ品格っていう言葉を重視しなければならないように感じています。マナーを全く感じさせないようなニュースを見ていると、尚更そのような印象を持ってしまいます。その人が持つオーラではないですが、にじみ出るかのような品格って、実はファッションにおいても重要な要素なのです。

品格のある人って、何を着てもどこか紳士的に見えるものです。例えば、クラッシュジーンズを履いていても、品格を感じる人ならスタイリッシュに見えるのは実に不思議な現象といえます。なかなか醸し出すことができない品格ですが、実は簡単に出すことができるシューズがあります。それは、ドレスシューズです!

ドレスシューズは、スタイリッシュなだけでなくフォーマルシューズとして使える便利なシューズです。では、具体的にどのようなドレスシューズが存在しているものなのでしょうか?今回は、品格を感じさせるドレスシューズの中でも、お勧めのスタイルを紹介していきます。

大人の雰囲気を出すならこれ!品格のあるドレスシューズ5選

少し攻めたコーディネートでも輝くドレスシューズ!

ドレスシューズはフォーマルシューズの代名詞でありますが、一方で少し崩したデザインのものもあります。ただ、その中でもやはり品格を感じさせるようなラグジュアリーさがあるのです。

このコーディネートの場合は、やはりトップスの派手なジャケットが目につきますね。カラーがレッドなだけでなく、大きめのチェックもインパクト大のウィンドペンテーラードジャケットですね。それに負けじと、コントラスト感を感じさせるドレスシューズをチョイスすることで、よりカジュアル感を出すことに成功していますが、あくまでもフォーマル感は失っていないのはすごいですね!それを実現しているのが、やはりこのドレスシューズの形状なのです。

また、履いているライトグレースラックスとのカラーバランスもよく取れている点も見逃せませんね。ちょっとしたイベントでも使いやすいコーディネートですので、活用の場が多いのも魅力的です。手元にコートをかけていますが、コートとドレスシューズも抜群の相性を示します。


これぞ品格!スタイリッシュなスタイル輝くドレスシューズ

ドレスシューズは冠婚葬祭でも履くことができるアイテムでありますが、正しくこのスタイルはそのまま結婚式に出席できるかのようなラグジュアリー感を醸し出しているコーディネートです。

この秋のトレンドカラーになること間違い無しのネイビーのジャケットをスタイリッシュに着こなしていますね。わざとワンサイズ小さめのジャケットを着るのが今シーズンっぽさを際立たせています。そんなスタイリッシュなフォルムをより強調するかのように、艶やかなドレスシューズをチョイスしていますね。カラー的にも、ブラックの方がよりネイビーを際立たせている印象です。相乗効果とは正しくこのことを言います!これだけだとダークトーンに落ち着いてしまうので、ブルーのシャツでうまくカラーコーディネート出来ています。

英国紳士を思わせるような上品さがありつつも、今風の細身スタイルを実践するなど、相当考え抜かれたコーディネートという印象です。これにクラッチバッグを持たせれば、より今っぽさを出すことができそうですね!そんな中で、定番アイテムであるドレスシューズが”邪魔していない”感じを出しているのが印象的です。

ロールアップしたパンツとの相性も良し!

最近すっかり定着したテクニックとして、パンツのロールアップがあります。ロールアップすると、シューズの履き方をどうするかで、ファッショニスタとしての真価が問われることになります。ソックス履きするのか、それともソックスを一切見せないですっきりさせて履くのかについて、結構悩むものです。

このコーディネートでは、割とボリュームのあるドレスシューズを素足で履いています。ジャケットも細身で若干丈の短いものを着ていますし、パンツも足のラインが綺麗に出るパンツとなっているだけに、ソックス履きで足元にボリュームを出すよりも素足の方が正解ですね!グレー系のカラーで統一しているので、ブラックカラーのドレスシューズである点も評価出来ます。

素足履きしたりサングラスを着用するなど、ちょいワル感を出しているのも印象的です。品格とちょいワルは相反するキーワードなイメージですが、それをうまく融合しているこのコーディネートは相当なハイレベルなものと言えます。うまく融合しきれているのは、ドレスシューズであるのは言うまでも無いですね。

攻めたスタイル!ジャージにドレスシューズも意外とあり

攻めたスタイル!ジャージにドレスシューズも意外とあり

出展:Pinterest

ドレスシューズにスラックスを合わせるというのは定番中の定番ですが、誰も思いつかないようなコーディネートとして、ジャージとドレスシューズを合わせるという方法があります。一見すると、いくらスポーツミックススタイルが流行っているからと言って絶対に合わない!と思ってしまいますが、このコーディネートを見ればありなんじゃない?と感じるはずです。

よりドレス感の強いドレスシューズにアディダスの3本ラインが印象的なジャージをチョイスしています。この細身のラインとアディダスのホワイトのラインがあるからこそ、このコーディネートが成立しているのは言うまでも無いですね。トップスには緩めのフォルムのブルゾンを着て、その下にはシンプルなホワイトTシャツを合わせています。全く背伸びしていない感じに好感を持ちますね。

気をつけたいのは、あくまでもこのドレスシューズとジャージだからこそ成立するコーディネートである点です。上級者のテクニックとして、頭の中に入れておくと確実にファッションの幅は広がりますね。


カーゴパンツとの相性も抜群!

カーゴパンツとの相性も抜群!

出展:Pinterest

ドレスシューズの上品さをうまく活用しているコーディネートとして、この例が挙げられます。トップスにはシワ加工がされている癖の強いシャツを着ていて、ボトムスにはカーゴパンツを合わせています。カーゴパンツは、最近様々な材質で作られることが多いのですが、こちらはスタンダードなコットン系のパンツとなっています。かなり細身になっていますね。

そこに、存在感を示しているドレスシューズを素足履きしています。足元にかけて細身になるラインを出しているだけに、素足で履いているのは正解ですし、プレーントゥで無駄を排除した感じのドレスシューズは、実によくマッチしていますし、全体的にドレッシーさを印象付けるのもすごいですね。

適度に崩しておいて、ドレスシューズでしっかり締める!というテクニックは、かなり使えます。全身のフォルムもしっかり意識して、シューズ選びするようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?ドレスシューズ=フォーマルシューズと言うのは間違いないのですが、フォーマルなスタイル以外でもコーディネートしやすいシューズなのです。一足持っておくと使い回しが効きますので、是非お気に入りのドレスシューズを見つけて、様々なファッションに展開してみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る