パンツは何本必要?素材別に1本は欲しいメンズパンツはこれだ!

25188956132_930d1bedcb_o
Pocket
LINEで送る

徐々に秋が顔を覗かせてきた今日この頃ですが、秋に向けてファッションアイテムを買い揃えておかなければなりませんよね。最も困るのがシャツですが、実はパンツも重要なアイテムとなるものです。シャツの場合はデイリーユースで使用するものであってもできれば毎日交換して洗濯しますが、パンツは流石に毎日洗濯するのは憚れます。

かと言って、同じパンツをヘビーローテションするのも、ファッショニスタとしてはあまり良いこととは言えません。可能であれば、数本のパンツをうまくローテーションして、スタイル別やその日の気分に応じてローテーションさせるのがベストな方法です。パンツにも様々な種類があるものですが、具体的にどんなパンツがおすすめできるのでしょうか?

今回は、パンツの素材をキーとして、素材別に欲しいパンツを厳選して5アイテム紹介します。可能であれば、各素材2本は確保しておいて、うまくファッションコーディネートしていくことをお勧めします!

こんなパンツが欲しい!素材別にオススメのパンツ5選

カジュアルパンツの大定番!デニムパンツのオススメは?

皆さんも一本は確実に持っているであろうパンツとして、デニムパンツがあります。コーディネートの幅が広いパンツですし、傷や汚れを気にしなくても良いのであるととっても便利ですよね!一概にデニムパンツと言っても様々な種類のパンツがありますが、最近のトレンドとしては細身で足が綺麗に見える効果のあるものが流行しています。代表的なアイテムとしてはスキニーデニムがありますが、スキニーまで行かないもののスリムなものがあります。

このアイテムは、ブラックカラーのデニムパンツに、こちらも流行中の無地Tシャツを着込んで、シンプルかつスタイリッシュなスタイルとなっています。ブラックカラーは元々細身に見えることで知られていますが、更にスリムなデザインとなっているのでより美脚効果を与えることに成功しています。そこに、グレーのパーカーを羽織ることで、防寒性も高くなっていますので、秋が深まってもこのスタイルなら全く問題ありませんね。

また、膝などに入っているシワがより渋みをアップさせていて、単なるデニムパンツとは一線を画している印象です。適度なストレッチ感もあるので、履いていても楽ちんな点も評価したいです。

スキニーデニムでスタイルよく見せる!

よりスタイルよく見せたいのであれば、スキニータイプのデニムパンツを選択することをお勧めします。スキニーデニムというと、非常に履きにくい・・・というネガティブなイメージもついてまわりますが、実際にはストレッチ素材が入っているケースが殆んどです。このストレッチ素材により、より足に密着して、正しくスキニー(皮)に近づきます。

このスタイルでは、ダメージ加工の入ったスキニーデニムをチョイスしています。ピタッと足に張り付いていて、足首の部分が更にキュッと締まった感じとなっています。ハイカットスニーカーと合わせていますが、ブーツを履いてブーツインスタイルでよりスタイリッシュに履きこなすこともできますね。

このダメージ加工スキニーデニムによく合う、迷彩ミリタリージャケットがまたおしゃれでかっこいいですね。全体的に細身に見えるコーディネートを実践していますが、決して無理した感じはなく自然な着こなしができているのが高ポイントです。その中心にあるのがスキニーデニムであることは言うまでもありません。

今シーズンも絶対流行る!スウェットパンツも細身に!?

まだまだブームが続きそうなのが、スウェットパンツです。一歩間違うと野暮ったさが出てしまいおしゃれとは程遠くなる、結構コーディネートに悩むアイテムでありますが、ファッションアイテムとして改良されたスウェットパンツが増えていますので是非ともコーディネートに取り入れると、よりコーディネートの幅が広がるものです。

このアイテムは、スウェットの中でスタンダードカラーと言えるグレーのスウェットパンツです。全体的に細身なパンツとなっていて、適度なストレッチも入っているので、スキニースウェットと表現しても良いイメージですね。厚さもあるので、真冬でもこのパンツで出かける!ということも可能ですし、スニーカー以外のシューズにも合わせやすいデザインというのは良いですね。

トップスには一転してダークトーンのシングルライダースジャケットを合わせています。ある意味、スウェットとは対極にあるアイテムでありますが、うまくコラボレーションしてコーディネートしているあたりは、かなりのファッショニスタとお見受けします。

寒さに強い!ウールパンツも進化している

ウール素材のパンツといえば、防寒性に優れているというイメージが強いですよね。事実、羊毛を使用していて非常に高い保温性となっており、真冬の極寒な気候でもへっちゃらなのです。ウールパンツは、一昔前まではスラックスの専売特許の材質というイメージが強かったのですが、最近では様々なパンツの素材として使用されています。

この例が正しくその典型例で、何とカーゴスタイルのウールパンツも存在しています。ウールパンツにしては厚みを感じさせず、すっきりした印象を持ちます。その中で、ロールアップしたりと随所に今のトレンドが見て取れます。これは是非欲しい!と思わせるパンツに仕上がっていますね。そこに、秋らしいカラーであるネイビーブルゾンを合わせているのも特徴です。

スラックスですと少しシックな印象が強く、コーディネートが限られてしまいますが、このカーゴスタイルのウールパンツであれば様々な使い道があります。一本持っておくと、絶対に重宝すること間違いなしですよ。

夏だけじゃない!リネンパンツもオールシーズン愛用できるものを

リネン素材を使用したパンツは、通気性が良いことで知られています。ウールパンツとは真逆とも言えますので、夏向きのパンツに良く用いられます。ただ、オールシーズン使用できるタイプのリネンパンツが存在しているのです。リネンは発色性が良く、美しく見せることができるので、オールシーズン履きたい!というニーズも高いのです。

そのニーズに対応したパンツとして、このパンツがあります。ジャケットとお揃いのデザインとなっていますが、デニムのような質感でありつつも、もちろんリネンなので通気性が抜群に良く着心地は最高です。また、艶やかな光沢が見て取ることができます。太陽光をうまく反射させて、より光沢が上品に見えます。

リネンパンツの場合は、通常のスラックスとは違いスニーカーにも合わせやすくなっています。スーツにスニーカーを合わせる、と字面で見るとアンマッチなイメージを持ちますが、このコーディネートのようにリネンパンツであればうまく融合するのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?昔は材質別である程度パンツのスタイルが決まっていたのですが、今ではボーダーレスとなっている印象があります。より選択肢が広がったと言えますので、是非お気に入りのパンツを見つけて、うまくコーディネートに取り入れて欲しいものですね。

Pocket
LINEで送る