秋も爽やかに過ごそう!ニット着こなし&使いまわしコーディネート

Pocket
LINEで送る

夏もだんだんと終わりを向かえ、秋の季節に移り変わろうとしています。
秋冬のファッションといえば、ニットやダウンなどが定番になってきていますよね。
ですが、残暑が残る秋の季節にダウンは少し早いですよね。
そんな季節には、ニットを着て秋のスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ニットを着ている方でもどんな合わせ方や着こなしをしたらいいのか悩んで、同じ服装になってしまうことってありませんか?
また、ひとつのニットで様々なスタイルを作れたら、シーンによってニットを使ったコーディネートも楽しく着こなせますよね。

ニットには清潔感や着方次第で大人っぽく見せることができ、女子受け間違いなしのアイテムです。

今回は、そんな秋に大活躍するニットジャケットと薄手のニットの着こなし&使いまわしのコーディネートをご紹介させて頂きます。

・ニットジャケット編(アウター)

ニットジャケットは大人の上品さを演出すると共にリラックス感を与えてくれることや、
気軽に身に付けられて様々なコーディネートを演出できるところが魅力的ですよね。

シャツとあわせてエレガントに!

ラフな印象が強いニットジャケットですが、白シャツを合わせることによって清潔感を演出し、スーツにも使えるネイビーのスウェットパンツで大人っぽく、全体的にスタイルを良く見せることが出来ます。ニットジャケットは厚みが出てしまうので足のラインがでるパンツと合わせるとバランスよくキレイなスタイリングを演出してくれます。
シューズはドレスシューズのようなレザースニーカーにすることで、大人の雰囲気を足元から引き立たせてくれますよね。


秋のデートは大人なカジュアルスタイルで!

ニットジャケットはインナーを変えるだけでまったく違った印象を作り出すことが出来ます。
デートには硬すぎず、緩過ぎないコーディネートがポイントです。
ニットジャケットにきれいめな無地のTシャツを合わせ、細身なホワイトパンツでスタイルアップ。Tシャツを着ることで硬すぎない印象ですが、ネイビーカラーなので大人の雰囲気を残すことが出来きます。
足元にドライビングシューズを合わせることで、デートでも歩きやすく上品な印象です。

ニットジャケットと白パンを合わせることで、爽快感のある大人のスタイルを演出してくれます。

休日のお買い物はラフに。プリントTシャツでカジュアルスタイル

インナーをプリントTシャツにし、パンツをスウェットジーンズにすることによって一気にモード感のあるカジュアルスタイルを演出することが出来ます。ホワイトのプリントTシャツなので爽やかな印象は残しつつ、スウェットパンツで動きやすく、ラフさも取り入れたコーディネートです。ニットジャケットはリラックスして羽織れるのが特徴ですのでカジュアルなスタイルにもフィットしますよね。

・薄手Vネックニット編(インナー)

大人のきれいめな印象を見せることが出来、一枚でも着ることが出来る一枚です。
男らしさだけでなく、どこか優しい印象があるのもVネックニットの特徴です。

大人の統一感漂うキレイめスタイル

Vネックニットとジャケットを合わせることで、大人の品格漂うきれいめなスタイルを演出することが出来ます。また上下セットアップとインナーとシューズの色を揃えることで統一感が引き立ち、よりきっちりとしたスタイルになりますよね。
ホワイト系のストールをワンポイントとして使うことによって、爽やかな印象と清潔感のあるスタイリングになりますよね。


大人のカジュアルスタイル

Vネックニットとシャツを合わせることで大人の雰囲気を残し、細身のデニムパンツを合わせることで上品なスタイルに。
ネイビーカラーであわせることで大人の印象をより強く出すことが出来ます。
また、合わせやすいところも特徴ですよね。
一枚で着るだけでなく、シャツと重ね着して着ることによって秋の季節にも十分楽しむことが出来、寒さ対策にもなりますよね。
ホワイトスニーカーで外すことで、カジュアルな印象と爽やかさを残したスタイルです。

着るだけではない。肩掛けスタイル

ホワイトのロンTにデニムというシンプルな組み合わせですが、ニットを肩から掛けることにより、アクセントの効いたオシャレ感を演出することができます。
カーディガンを肩からかけているのは主流ですが、あえてニットにすることでオシャレ上級者なイメージ感も出せますよね。
残暑が残る季節でも涼しく爽やかに、ニットをプラスして大人のカジュアルスタイルを愉しむことが出来ますよね。
腰巻きスタイルも出来る万能薄型ニットです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回はニットジャケットと薄型Vネックニットを着回しできるコーディネートとして取り上げましたが、一つのアイテムでも全く違った印象になりますよね。
ぜひ、参考にして秋のシーズンを愉しんでくださいませ。

岩島

Pocket
LINEで送る