2016-17AW今から選んでほしい「秋」のアウターオススメ5選!

Pocket
LINEで送る

そろそろ気になる方もいらっしゃるはずの次のシーズンの服。
夏から秋への切り替え。季節から季節への切り替えの時こそ、その人のセンスが見える瞬間でもあります。9月、いやいや最近では10月でも、まだ暑いし、「Tシャツでいいか・・・」
確かに、気温だけ言えばそうかもしれないけれど、これは危険信号です。
それでは服に興味のないやつ、センスないやつ、おしゃれじゃないやつ、そう思われてしまっていることにそろそろ気づきたい。
春とか秋って必要性で言えば我慢で過ぎて行ってしまったりしますが、本当は一番おしゃれを楽しめる季節だったりもします。そんなタイミングに上手く季節感を取り入れた着こなしをすることで、さりげなくもしっかりおしゃれな印象になるはずです。
というわけで・・・
まだまだ暑い日が続いておりますが、次の秋にオススメなアウターをご紹介いたします。
秋のアウターということなので、基本は夏の着こなしの上にパッと羽織って秋ムード!!ここを大事にしていきます!
ではでは、ご参考にしていただければ幸いです。

パーカー

パーカー

アイテム:パーカー

リラックスでアクティブなスポーツテイストが強かった春夏の流れを引っ張りここはまだまだ大本命!ただし、分厚いスウェット地ではスマートさに欠けるので要注意です!艶っぽさも感じさせる薄手の物をジャストサイズで選ぶことで大人の着こなしになるはずです。

レザージャケット

イタリアでも珍しくブラックがトレンドカラーに上がっているこの秋シーズン。シンプルで武骨なブラックレザーはマストかもしれません。レザーはある意味シーズンレスなアウターであり、昨今流行の中心にあるクラッシュデニムやスウェットパンツと非常にハマります。シンプルな黒をぜひ手に取ってみてください。

ニットジャケット

ニットジャケット

出展:wear

柔らかな印象できれい目な大人を演出するニットはやはり要チェックです。
グレーや濃紺、ブラックとダークトーンのカラーが特にこの秋冬は使えそうですよ。
ウール物ではなくコットン素材を選べば早目からエアコンの室内や朝晩の気温の変化にもスマートに対応できるかと思います。タイドアップでもいけそうなONスタイルに寄せられるデザインがオススメです。

ナイロンジャケット

素材感の特徴的なナイロン素材のジャケットは、一見堅い印象になりがちなジャケットスタイルをカジュアルダウンしやすく、スポーティーな空気感で軽快に着こなせるはずです。
ジャケットという襟のついた紳士のアイテムを軽やかに着こなす今っぽさをサラッと取り入れて、雨風をしのげるアクティブなキレイめ要素をプラスしていただきたい。

デニムブルゾン

紳士の好む大定番カラー濃紺をデニム地で使って着こなしもワイルドに!それでいて加工感の少ないシャープな印象のモデルであればカジュアル感を抑えつつも決めすぎる印象もないこなれた雰囲気を手に入れられるはず!ここではウォッシュの効いた明るめではなくトーンの落ち着いたものがオススメですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?
少しは次のシーズンのイメージがわきましたか?
春夏柔らかいトーンに、秋冬に人気となりそうなダークトーンの合わせはきっとすぐに活躍の機会が来るはずです。朝晩涼しくなってくる9月に入ればもうすぐです!
ブラックトレンドも来そうな秋シーズンは、例年よりもトーンダウンしたアイテム選びで、シックに男らしさを演出したスタイリングがオススメです。
ぜひ自分に合った羽織物をいち早くチェックしてみてください。
「まだ暑いから・・・」は大敵ですよ!
ではでは、ご健闘をお祈りしております。

Pocket
LINEで送る