プリントTをうまく着るコツ!無地だけじゃつまらない夏のTシャツ

Pocket
LINEで送る

夏を楽しんでいらっしゃる皆様、Tシャツ選びで困りではないでしょうか?
ついつい大人っぽく着こなそうとすると無地ばかりになってしまう。お店に行けばカッコイイプリントTもたくさんあるのにどう着たら子供っぽくならずに、町を歩ける着こなしができるのか悩んで結局のところ「無地を買う」そんなことになっていたりしませんか?

夏というシーズンの中おそらく着ない方はいないであろう半袖Tシャツは、何を選ぶかでその人のイメージも大きく変わるアイテムであり、だからこそ難しく感じてしまうそんな需要なアイテムだと思います。グラフィティプリントTシャツが昨年からトレンドとなってきている中で、着こなしに変化をつけ、夏を楽しむテンションを上げる為にも是非挑戦いただきたいプリントTシャツ。今回はプリントTシャツってどう着たらいいのか?そんなことを考えてみたいと思います。
ご参考にしていただけたら幸いです。
ではまいりましょう!

男らしいワイルドシンプルスタイル

男らしさ満点の骨太デニムでワイルドシンプルスタイル。

アイテム:Tシャツ

男らしさ満点の骨太デニムでワイルドシンプルスタイル。
今どき細身のデニムではなく、ここはガツンと男らしいストレートシルエットがちょうどいい。シンプルを極めたスタイリングだからこそ、タイトに体のラインを出さずにワイルドな印象で着こなしたい。

何か足したい!そんなときは、P巻

でも何か足りない、何か足したい!そんなときは、P巻。
Tシャツにラフにかけるニットの存在感でトップスのバランスもぐっと良くなる場合も!

ロング丈T&タイトジョグデニムで今どきカジュアルスタイル

ロング丈T&タイトジョグデニムで今どきカジュアルスタイル

出展:wear

ロング丈T&タイトジョグデニムで今どきカジュアルスタイル。
長めになってきたTシャツのシルエットに合わせて今どきに着こなすには、トップスゆるめのボトムスタイトでいく。ボトムスはタイトなシルエットながらもジョグ仕様のアクティブでリラックスな素材をチョイスすることでさらに纏う空気はトレンドセッターです。

リゾートに振り切ったプリントT使いはビンテージテイストで

リゾートに振り切ったプリントT使いはビンテージテイストで

出展:wear

リゾートに振り切ったプリントT使いはビンテージテイストが決め手!
ショーツにTシャツを合わせるTHE夏という着こなしは、全体のビンテージ感を大事にしたい。使い込まれたような雰囲気がリゾート感のあるスタイリングをこなれた空気で見せてくれるはずです。

もはや鉄板!デニムシャツ

もう鉄板!デニムシャツ

アイテム:デニムシャツ

もう鉄板!デニムシャツでこなす。
羽織の新定番となりつつあるデニムシャツにはインナーにプリントTがよくハマります。
武骨な印象は少なくともアメカジのテイストがラフな大人の空気感をうまく作ってくれますよ。

大人はやはりジャケットで

大人はやはりジャケットでこなす。
インパクト大のプリントデザイン物もジャケットを羽織ることで着こなしはハイセンスな大人の着こなしに大変身!やはりここで差をつけたい方にはジャケット合わせは外せません。

セットアップをカジュアルにこなす

セットアップをカジュアルにこなす

出展:wear

セットアップをカジュアルにこなすのがTシャツの正しいポジショニング!
セットアップのインナー使いの存在感は上下の統一感のに対してアクセントの役割を果たし、高くなりがちな印象を一気にカジュアルダウンしてくれる。モノトーンから選べば間違いない!

最後に

いかがでしたでしょうか?
いつもと違うインパクトなデザインをうまく取り入れて、夏のPOP なテンションで着こなしを楽しいません?むしろいつもが無地物ばかりでシンプルなコーディネートが多い方こそインナー使いで着こなせば驚くほど馴染むはずです!
Tシャツ選びの選択肢にプリント物を入れていただければ、選べる幅はググッと広がりきっとこの夏最後のお買い物も楽しくなるはずです。ではまた。

タキモト

Pocket
LINEで送る