NGコーデまとめ!女子がこれだけはやめてと願うファッションコーデ5選

Pocket
LINEで送る

「俺ってイケてんじゃん!」そんな自身に溢れている人ってたまに見かけますよね。確かに、イケてるオーラが全開に見えて、男でも惚れ惚れする人もいますが、大抵そういう方ってどこかずれている場合が多いです。特に、ファッションにおいてはただの流行りものだけを着用しているだけで、何の戦略性も無いケースがあります。それでは単なるミーハーで終わってしまいます!

女子はその辺りを特に敏感に察知していて、そういう方を見かけると裏では「背伸びしすぎじゃね?」と揶揄しているものです。それが赤の他人であれば別に気にする必要も無いかも知れませんが、例えば彼女にそんな事を思われているようでは男がすたるものです!よって、まずは女子がこれだけはやめて!と思っているファッションを敏感に察知する必要があるのです。

そこで今回は、女性が思わずNGサインを出すようなダメなコーディネートの例を5つとその対策を紹介します。是非ともこの記事を参考にしていただき、より間違いないファッションコーデも学んで欲しいですね。

これだけはダメ!女子がNGサインを出すコーデ5選

チャラさが出てしまうコーデは辞めましょう!

チャラチャラしている男子の事をチャラ男というのがすっかり定着しましたが、チャラ男が好んで着用するファッションははっきり言って女子ウケはよくありません。そもそも、チャラ男自体がダサいという意味を含んだ言葉になっていますので、チャラ男ファッションは控えるようにしましょう。具体的には、派手なカラーシャツを着用して、胸元までボタンを開けているスタイルです。それにピチっとしたスーツを着こなすのが定番ですね。

ちゃらさが出てしまうコーデは辞めましょう!

出展:Pinterest

こういうスタイルが好きな女子もいないわけではありません。ただ、総じてチャラ男ファッションはイケてないの代名詞です。どうしてもそういうファッションをするなら、少しワイルドさを出すようなスタイルを目指しましょう。この例のように、全体的にモノトーンのアイテムでコーデしたスタイルでちょいワル感が全開のジャケットが印象的です。また、チャラ男の定番アイテムであるクラッチバッグも上手くコーディネートとして取り入れています。

普段は明るめのカラーのアイテムを好んでいる方にとっては、全く満足感の無いコーディネートかもしれませんが、女子ウケは間違いなくこのコーディネートの方が良いのです!


サイズ感を無視したルーズなスタイルはウケが悪い

男子も年を取ればどうしても体型の崩れが気になるものです。そうなると、どうしてもその体型を隠そうとサイズ感を無視してダボッとしたトップスなどを選んでしまいがちです。ただ、これって一歩間違うとファッションを何も意識していない印象を女子は持ってしまうのです。もちろん、ルーズなアイテムのコーディネートはファッションテクニックの一つなのですが、何も意識しないと最悪の結果を招いてしまうのです。

サイズ感を無視したルーズなスタイルはウケが悪い

出展:Pinterest

特に注意したいのは、ヒップホップ系の全身がルーズなファッションです。これは、現在ではだらしないとしか印象付けないケースが殆んどです。どうしてもルーズなアイテムをファッションに取り入れたいのであれば、どこかでタイトなアイテムを挟んでそのギャップ感を印象付けると言うテクニックを用いましょう。このコーディネート例の用に、トップスは緩めでシャツが出ているルーズ感を演出し、パンツはシックなブラックで若干テーパー感のあるアイテムで足元に行くに連れてすっきり感を出すことに成功しています。

これなら、間違いなく女子ウケが良いこと請け合いですね!

クラッシュ系のアイテムで全身コーディネートはありえない!

クラッシュデニムは高い人気を誇るアイテムです。ちょいワル感を手軽に出すことができますし、意外とどんなファッションにもすんなり溶け込んでこれるので、一着持っておくととても便利ですね。ただ気を付けたいのがクラッシュデニムのパンツに更にトップスなどでクラッシュ系のアイテムを重ねるというのは、もはやだらしない感じにしか見えない点です。

クラッシュ系のアイテムで全身コーディネートはありえない!

出展:Pinterest

よって、全身のアイテムの中でクラッシュ系のアイテムはできれば1つで収めるようにしましょう。この例では、腿までクラッシュが入ったジーンズをチョイスしています。また、ロールアップしていますしウォレットチェーンを付けていますが、一転してトップスはジャケットスタイルとなっています。単にこれで通常のスラックスやチノパンをチョイスしては面白みに欠けるので、砕けた感じのこのクラッシュデニムが調度良いアクセントなのです!

仮に、この例でダメージ加工のスニーカーを履いていたりすると、もうだらしない!としか見えなくなります。あくまでもワンポイントとして使用するということを心がけましょう。

柄ものの重ね着は超危険!

手軽に華やかさを印象付けるアイテムとして、柄もののアイテムが有ります。最近でも花柄のシャツなどがブームとなっていますよね。ただ、柄もののコーディネートって非常に難しいのです。ただでさえ難しいのですが、その中で最もやっていけないコーディネートとして、柄もの同士の重ね着です。上手くコーディネートできれば、とてもおしゃれに見えるのですが、よほどのファッショニスタでない限りは柄ものはワンアイテムで抑えるのがベターです。

この例では、蝶々やひまわりをデザインした柄ものTシャツにスウェット地っぽいパンツを合わせています。また、ジャケットを羽織ることでよりスタイリッシュな印象を与えることに成功するイメージですね。ここで、例えばプリントが入ったスニーカーを合わせていると、キレイ目なイメージが一気に崩れてしまいます。

柄ものはクラッシュアイテム同様に、1つだけに我慢してコーディネートすることが重要です。ただ、それを上回るほどの柄ものコーデを覚えて更に上級なファッションにチャレンジするのも悪くありません。


何でもかんでもロールアップすればよいわけではない!

ロールアップがブームとなっていることは、過去から口を酸っぱくして力説してきましたが、何でもかんでもロールアップすればおしゃれに見えるのかと言われれはそれは嘘になります。ロールアップがおしゃれに見えるのはワイドパンツと言った緩めのパンツであったり、膨張色のパンツをロールアップすると非常に有効的です。逆に、スキニーパンツの場合は正直ロールアップしてもかっこよく見えません。ただ流行りでやっているんでしょ?と穿った見方をされてしまいます。

何でもかんでもロールアップすればよいわけではない!

出展:Pinterest

この例では、程よいサイズ感のパンツをロールアップしています。ロールアップする点で注意したい点として、ロールの太さもあります。全体コーディネートを鑑みて、太さを調節するとよりおしゃれに見せることができます。また、ロールアップした場合にはシューズ選びも重要です。エスパドリーユをチョイスして、抜け感を感じさせるボトムススタイルを上手く出していますね。

ロールアップは基本、ワイド系のパンツで行なう、またロールの太さをスタイルに合わせて変化させることが、ロールアップで失敗しないためのテクニックとなります。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、女子ウケの悪い例と共に、そうならないためのコーディネート例を紹介してまいりました。モテたいというのは男子の永遠のテーマですよね!女性にウケるという目線でコーディネートを考えることも、実は重要なことなんですよ!

Pocket
LINEで送る