たまにはラフな着こなしも!1枚でも様になるTシャツ特集

Pocket
LINEで送る

夏になると、薄着で何かとファッション的にはこだわる要素が少なくなりますよね。私もTシャツとパンツでラフにコーディネートする事が多いのですが、シンプルなスタイルだからこそ、個々のアイテムであったりコーディネート術をしっかりと吟味しないと、ハイレベルなファッションには対応できないのです。

Tシャツ1枚でハイレベルなファッションに対応しようと考えた時に、どのような方法があるのか意外と知られていないのが事実です。単に奇抜なデザインのTシャツを着用すれば、確かに目につきますがおしゃれかと言われれば疑問符がつきますし、逆にシンプルなTシャツを着れば確かに無難ですが、ありきたりで面白みにかけてしまうのです。

そこで今回は、Tシャツ1枚でラフにおしゃれなファッションを楽しむためのTシャツを中心に紹介していきます。是非参考にしていただき、楽ちんでおしゃれに見せることができるファッションを楽しんでみましょう!

Tシャツ一枚でこれだけおしゃれに!ラフなTシャツコーディネート術

スタイルの良さを魅せつける!シンプルカラーのTシャツ

シンプルカラーのTシャツが目を引くのがこのコーディネートです。無地でしかもホワイトであり、しかもデザイン的にも何の捻りもないTシャツですので、これだけ着るとなんかつまらない感じが出てしまいます。そんな中で、細マッチョな体のフォルムが良く出ていて、それでおしゃれに見せているのです。ファッションって、やはり体型も重要なのですよね!

このホワイトTシャツをより引き立てるパンツというのも見逃せません。癖がなく足の細さを強調するパンツをチョイスしています。更には、ホワイト系のスニーカーを履くことで、モノトーンコーディネートを実践しているのです。調度良いパンツの長さも印象的ですし、スポーツミックススタイルとしても優秀なコーディネート例と言えます。

実はジャケットを持っていますが、仮にジャケットを着込んでもこのTシャツはかなりの存在感を示すことでしょう。ホワイトTシャツはアウターとしてもインナーとしても優秀なのです。価格的にもリーズナブルなアイテムですので、何着でも持っておくととても便利ですよ。

今シーズンも大注目!ボーダーTシャツ

昨シーズンからまたブームが訪れているのが、ボーダー系のトップスです。手軽におしゃれに見せることができるアイテムとして、ニット系であったりシャツでもボーダー柄が大人気となっています。もちろん、Tシャツでもボーダーが人気となっており、各ブランドで様々なアイテムを販売しています。

このコーディネートの場合には、ホワイトとブラックのボーダーTシャツをチョイスしています。これだけでもかなりの存在感を示すことに成功していますよね。それにダメージ加工の入ったジーンズをチョイスしています。適切な長さのロールアップがまたオシャレ度を増すことに成功していますね!シューズにはアディダスのスーパースターを選択しています。トップスのボーダーと上手くマッチしているのが伺えます。機能的にも動きやすいスタイルなのも、夏っぽくて良いですね。

先のコーディネート例では体型を上手く活かしたファッションとなっていましたが、ボーダー柄の場合は逆に太めに見えるのです。よって、体系的に心配な人の場合は、更に太って見えてしまうものとなっています。この点だけは十分に中止してこのスタイルを試してみて欲しいですね。

グレー系のTシャツも使い勝手が良い!

グレーカラーのファッション・アイテムって、何かと使い勝手の良さがありますよね。癖がないので、どんなアイテムにも合わせやすいですし、シックなスタイルにも適合させやすいのが特徴と言えます。癖がない中で、Tシャツ一枚でも意外と存在感を示すことができるのが不思議でなりません。このコーディネートが代表例といえますね。ラフに着こなして、楽ちんスタイルを実践している好例と言えます。

もちろん、それだけではつまらないのでブラック系の細身のデニムをチョイスして、パンクロックスタイルのような感じを出しています。また、シューズについてもコンバースのオールスターをチョイスしています。ローカットではなく、あえてハイカットを選んでいるのがこのスタイルの肝であり、更にはソックスをちら見させているのが特徴です。これで単なるローカットですと、ありきたり感が出すぎてしまうのです。

また、このファッションの仕上げとしてサングラスをつけている点を見逃すことができません。カラー的にもこのサングラスが良いバランスをとっていますし、パンクロックスタイルの集大成という意味合いもあります。Tシャツ一枚ですとどうしてもボリューム感に欠けてしまいますので、このようなアクセサリーも採用することが重要になります。

シャツインもあり!

シャツインする場合を考えると、どうしてもビジネスシーンを思い浮かべます。スラックスからシャツがでていると、だらしなく見えてしまいますよね。シャツの場合はシャツインするケースがありますが、一方でTシャツをインするケースって殆ど無いですよね。というか、インする必要が無いというのが正直な感想です。ただ、最近ではあえてTシャツをインしてファッションを楽しむことがあるのです。正しくこのコーディネート例がその典型例となっています。

若干カラーが入ったホワイト系の無地Tシャツをあえてパンツにインしています。パンツにはスラックス系のアイテムとなっているために、このようなスタイルを実践できるという点がありますが、それにしてもかなりのチャレンジャーですよね!ただ、このコーディネートは大正解といえますね。シューズにはネイビーカラーのスニーカーを履いていますが、素足履きして少し崩したファッションを実践しています。

トレーナーをいわゆるプロデューサー巻きしていて、どこか1980年代のファッションを実践しています。その最たる点として、シャツインがあるとも言えます。

ダークトーンでまとめる!

全身コーディネートとしてモノトーンで統一しているのがこのファッションの特徴です。シューズのみはホワイトですが、ドレスシューズなのでどこかしらフォーマルさも感じさせますよね。ただ、Tシャツは結構癖の強いものを着ていますが、カラー的に落ち着いていますので何かとコーディネートしやすいものとなっています。

パンツにはかなり細めのスキニージーンズを履いています。単なるジーンズではなく、若干毛羽立ったように見えるアイテムですね。足のスタイルが丸見えなデザインはかなり履くのに勇気が入りますが、履く価値のあるアイテムであるともいえます。全身を見渡して、細身なアイテムが多いですが、夏はこれくらい大胆なファッションの方が映えるものです!

最後に

いかがでしたでしょうか?Tシャツ一枚スタイルを紹介してまいりましたが、意外と無地のアイテムを使用しているケースが殆んどですよね。変に柄やメッセージが入っていない方がコーディネートしやすいですし、ファッションを楽しみやすというのがご理解いただけるかと思います。もう夏本番のような気候が続いていますので、早速実践してみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る