イケてる男は夏でもジャケットを着こなす!夏のジャケットコーデ特集

Pocket
LINEで送る

ジャケットというアイテムは不思議なもので、着用するだけでどこか大人になった印象を持たせてくれますよね!背筋もピシっと伸びて、非常にかっこ良く見えるアイテムなので、学生さんの場合でもここ一番の勝負アイテムとして使用されているのではないでしょうか?私も、高校生の頃からジャケットを一着持っていて、デートの時には必ず着ていた印象があります。実は、今でも大切なアイテムとして捨てずに所有しているのですが、流石にサイズ的に着ることはできなくなってしまいました・・・

そんなジャケットですが、夏に着用するのはなかなか勇気がいるものですよね、暑いのに更に暑苦しい感じのジャケットを着るのはイヤ!そんな方は多いことでしょう。ただ、ジャケットによっては薄手でできているので夏にもサラッと着こなすことができるアイテムって多いのです。如何にジャケットを夏に着こなすかが、夏ファッションの重要なテーマとなります。

そこで今回は、夏ファッションにおけるジャケットコーディネート術を余すところ無く紹介していきます。積極的にジャケットスタイルを取り入れて、この夏はモテ男になってみませんか?

イケてるスタイル満載!夏のジャケットコーディネート術

ストライプのテーラードジャケットで見た目も夏っぽく!

夏のジャケットの定番といえば、テーラードジャケットが挙げられます。少し着崩した感じのスタイルができるアイテムですので、夏ファッションにはピッタリのジャケットと言えます。そんなテーラードジャケットの中でこのアイテムのようにストライプ柄で華やかなスタイルですと、より夏っぽさを演出することができます。インナーにはホワイトのシャツをチョイスしていて、カラー的に重くなり過ぎないバランスが良いですね。

ボトムスには、ジャケットに合わせてテーパードのパンツをチョイスしています。ダメージ加工が入っていて、堅苦しさがありませんね。更に、ウォレットチェーンをつけていて、これがカラー的に良いアクセントとなっています。更には、ブラック系のスリッポンを履いているので、よりラフな印象を強くなっています。

全身コーディネートで言えば、テーラードジャケットの胸にハンカチーフをちら見させたりと、紳士風の出で立ちもしています。かなりユニークなコーディネートといえますが、夏はこのくらい着崩した感じの方が絶対にウケが良いです!アクティブ感も出ているという点も高評価できます。


ゆる系カットソーにブラックのジャケット!

最近のトレンドの一つである、ゆる系ファッションを実践しているのがこのコーディネート例です。ジャケットは肘までまくりあげているテーラードジャケットが印象的です。着るというよりは羽織るイメージのジャケットとなっているので、インナーに何を着るかがポイントとなるわけですが、この例では胸元を大きく見せたカットソーをチョイスしています。スタンダードなカラーでありながらも攻めている感じで、夏っぽさを感じさせますね。

ボトムスには脚のスタイルを綺麗に魅せているデニムパンツをチョイスしています。夏のファッションですとライトなカラーのデニムパンツを履くのが一般的ですが、あえて濃い目のインディゴカラーのパンツをチョイスしているのがポイントです。トップスのブラックジャケットと良くマッチしていますよね。シューズにはブーツをチョイスしています。夏場ですと少し蒸れる印象ですが、あえてブーツを履くのがこのスタイルの肝になっています。

ストリートではライトなカラーのファッションが横行する中、あえて変化球でこのようなスタイルのファッションを実践するのはアリです!人と同じじゃつまらない!そんな方向けですね。

シンプルなジャケットスタイル!

シンプルなジャケットスタイル!

出展:Pinterest

全身コーディネートを見ても、どれもスタンダードなアイテムで構成していますのでかなり着こなしやすい印象のコーディネートがこちらです。トップスのインナーにはホワイトの丸首シャツを着ています。これだけ着ているともちろん捻りがなくて面白みに欠けるのですが、ジャケットのインナーとなると急に存在感が増しています!丈もちょうどよい感じですね。そんなインナーに細身のジャケットを合わせています。よく見ると、袖が9分丈となっていますし、袖口にラインが入っていて、これが夏っぽさを演出しています。

パンツには落ち着いたトーンのものをチョイスしていますが、シルバーのウォレットチェーンを使用していてかなり洗練された印象を受けます。また、ロールアップをしていて、足をキレイに見せているのがポイントとなります。その足にはホワイトのスニーカーを合わせていて、さわやかな印象をもたせると共に涼し気な点も見逃すことができませんね。

トータルコーディネートで見れば、ジャケットだけがダークトーンとなっています。これだけだと少しバランスが悪いので、そこで活きているのがサングラスです。これで、トータルとしてバランスよく配色している様に見えるのです。

明るめのジャケットにブラックのボトムスを!

明るめのジャケットにブラックのボトムスを!

出展:Pinterest

ここまでは、どちらかと言うとトップスがダークトーンでパンツが明るい色と言うパターンが多かったですが、このコーディネートは全く逆ですね。ジャケットはクリーム色のさわやかなジャケットを採用しています。着崩すことなくピシっと着ているのが印象的ですね。そんなジャケットにシャツとサマーニットをチョイスしていて、この上ない爽やかさを醸し出しているのです。

一転して、ボトムスはかなり攻めていてブラック系のショートパンツをチョイスしています。少し光沢があり、どこかレザー素材を連想させるようなパンツとなっています。高級感を感じさせますね!そしてシューズにもダークトーンのスリッポン系シューズを合わせています。かなりきちっとしたコーディネートですが、夏っぽくアクティブなファッションとなっています。

リゾートでも映える感じのコーディネートとなっています。夏のデートには最適なファッションであるといえますね。


全身から爽やかさを醸し出す!

全身から爽やかさを醸し出す!

出展:Pinterest

これぞ夏のジャケットスタイル!といえるのがこのコーディネート例です。ベージュのサマージャケットがまず印象に残りますね。サマージャケットですので、軽量化と通気性の良さがあり、真夏の炎天下でも全く気にすることなく着こなすことができるのです。もちろん、ボタンを止めずに羽織るスタイルで着るのが正統派と言えます!

シャツはかなりボタンを開ていて、実はインナーが見えてしまっています。普通のファションならダサい!と見えてしまうのですが、インナーも見栄えの良いスタイルとなっているので、答えとしてはアリなコーディネートとなっています。ボトムスにも明るめのパンツをチョイスしていて、夏のジャケットスタイルのお見本と言える感じです。その中で、サングラスを付けることでちょいワル感を出しているのがポイントですね。

夏にはこのようなジャケットスタイルはよく見られますが、その中でも違う自分を演出するファッションとしておすすめしたいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?夏ジャケットスタイルは意外にもパターンが多いのがご理解いただけたかと思います。できればサマージャケットのように肉抜きしたようなジャケットがおすすめですが、オールシーズン使えるジャケットをチョイスして、夏ジャケットデビューしてみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る