男のショートパンツはあり?子供っぽくならない着こなしポイント

Pocket
LINEで送る

夏の海などにいつもながらのパンツを履いていく人ってなかなかいませんよね。やはリショートパンツを履いて、ラフな感じで出かけたいものです。ただ、歳を重ねるほどに足を出すのが恥ずかしい感じを受けませんか?私の場合、昔ならショートパンツを履くなんて全く気にもしなかったのですが、30代に近づくに連れて徐々に抵抗感が生まれてきました。今でも履かないわけではないのですが、アイテム的に守りに入ることが増えてきました

その羞恥心的な感情の理由として、子供っぽさを印象付けてしまうのでは?という点があります。いい大人が子供みたいな格好して!と思われてしまうのではないかという意識が働くのです。実際に、着こなし次第では学生さんに見えてしまうことがあるのがショートパンツの特徴です。また、ショートパンツといえば女性が良く着ている印象ですよね。ただ、やはり暑いのでショートパンツを履きたいですよね!

そこで今回は、夏に履きたくなるショートパンツを大人っぽく上手く取り入れる着こなし術を紹介します。もう子供みたいに思われないで自由気ままに着こなすことができますよ!

子供っぽさを出さない!ショートパンツの着こなし術

スラックスのようなショートパンツにまずはチャレンジ!

スラックスのようなショートパンツにまずはチャレンジ!

出展:Pinterest

カジュアルスタイルでショートパンツを履くのは大定番なのですが、着こなしとしてはかなりのセンスが問われます。よって、まずはシックなスタイルの中でショートパンツを組みあせてみることをおすすめしたいです。その代表例として、このコーディネートがあります。ジャケットスタイルなのですが、足元を見るとシックなショートパンツをチョイスしています。その中で、シャツはチェック系のアイテムでしかも派手目なネクタイをしています。

このコーディネートの肝は、ベースはシックなカラーにしてインナーに明るめのカラーをチョイスしている点です。全身がモノトーンですと、やはりつまらなさがでてしまい、野暮ったさがでてしまいがちです。その点で、このスタイルならちょっと外した感を演出することができますので、パーティーなどでも注目されることまちがいなしですね!

意外とパンツの裾の長さもこのくらいが絶妙に良いのです。これ以上長いとサンダルとの相性に影響が出ますし、短いと子供っぽさがでてしまいます。外し感を出すこのファッションを是非実践してみて欲しいですね。


明るめのカラーもOK!だけど他はモノトーンで!

明るめのカラーもOK!だけど他はモノトーンで!

出展:Pinterest

先に紹介したアイテムはシックそのものでしたが、こちらは一転して明るめのカラーのパンツとなっています。また、よりひざ上が短いデザインとなっています。このアイテムだけ見ると、間違いなく子供っぽさを印象付けてしまうのですが、履きこなし次第では問題なくファッションアイテムとして取り入れることができます。その秘密とは、パンツ以外のカラーにモノトーンを使用することです。

上半身から見ていると、非常にシンプルで癖のないTシャツをチョイスしています。これにより、どんなパンツとも融合するのです。腕を見てみると落ち着いたデザインの腕時計をしています。そして足元を見てみると、ホワイト系のスニーカーを履いています。全身コーディネートとして振り返ってみると、ショートパンツとベルト以外はモノトーンで統一しています。実は、ショートパンツの裾の部分にもホワイトカラーが入っているのがまた心憎いですね。

ちょっとこれだけだとあまりにシンプルすぎるので、奥に写っているようなバッグを背負うことで、より大人っぽさを出すことができます。意外と簡単に大人コーデできるものですね!

ニットと合わすのはあり!

このスタイルでは、サマーニットとショートパンツを合わせていますね。夏にニットというとかなり抵抗があるのですが、最近は薄手でサラッと着こなすことができるものが続々と登場していますので、必ずやお気に入りの逸品が見つかることでしょう!それに、短めのショートパンツをコーディネートするわけですが、ダークトーンのパンツを選択しています。元々、ダークトーンは大人っぽさを演出してくれるのですが、よりその感じを出すための工夫がされています。

それは、スニーカーとソックスです。ショートパンツと同色のローカットのレザーシューズを履いています。ただのレザーシューズではなく、ソール部が明る目のカラーとなって良いアクセントとなっています。更にソックスをあえて見せる着こなしをしています。ソックス見せはファッション上級者でないとなかなか難しいテクニックなのですが、良く取り入れて更にショートパンツの良さを引き立てていますね。

サマーニットをダラっと着ている感じも大人っぽさを上手く出しています。ショートパンツのやんちゃ感も適度にありますし、ファッショニスタでも唸るほどのコーディネートといえます。

デニムショートパンツはアクティブな感じも少し出す

デニムにもショートパンツのアイテムが多く存在するわけですが、そのデニム系のショートパンツはどちらかと言うとアクティブな印象がありますね。あえてその感じを出さないのは全く意味がありません!ただ、アクティブさを出し過ぎると、エネルギッシュな学生さん的なイメージを植え付けてしまうので、適度なアクティブ感に抑えることが重要になります。

そこでおすすめしたいのがこのコーディネートです。明るめのインディゴカラーのショートパンツにモノトーンのサマーニットを合わせています。先に紹介したサマーニットとはまた違う、より癖の少ないアイテムになっていますね。シューズにはホワイト系のスニーカーをチョイスしています。このスタイルのショートパンツでスニーカーをあわせる場合には、ソックスは見せない形を採用するほうがおすすめです。

これからの組み合わせにより、適度なアクティブ感を出すことに成功しています。あえてネックレスなどをせず素のままを出すことも重要です。


ピタッとしたショートパンツもキレイに着こなす

このショートパンツは、スキニーパンツのように足にまとわりつくようなデザインとなっています。スタイルがあからさまに出るのですが、それを上手く吸収してくれるのがジャケットです。ジャケットのボタンは締めずに、あけっぴろげにしておくことがポイントとなります。シャツには明るめのトーンを採用していますが、少しクセのあるシャツですね。個性派揃いのアイテムばかりですのですので、これくらいのシャツの方が映えますね。

サンダルには明るめのものをチョイスしています。最近のサンダルはこのようにジャケットスタイルにも適合さえやすいのが特徴ですね。ショートパンツにも合わせやすいので、一足は持っておきたいですね。このコーディネートではジャケットと合わせていますが、シャツ一枚でダラっと着るとよりショートパンツの良さが活きてきます。ピチピチ感のあるパンツは、履くのに抵抗があるかもしれませんが合わせやすく大人っぽさも出るのでおすすめですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?流石にホットパンツのようなスタイルのショートパンツは子供っぽさがでてしまいますが、ひざ上丈のものでも大人の印象を与えることができるのです。まずは自身の目指すスタイルにマッチしたショートパンツをチョイスして、それを中心に大人スタイルにチャレンジしてみてくださいね。

Pocket
LINEで送る