夏なのにニット?サマーニットで最新トレンドを取りいれよう!

Pocket
LINEで送る

夏といえばどのようなトップスを着ることが多いでしょうか?圧倒的に多いのがシャツ系のアイテムですよね。特に、Tシャツを着るという方が多いわけですが、少し味気なさを感じ場合もあります。もうちょっと変化に富んだトップスを着れば目立てるかも・・・と考えても、なかなか答えが思い浮かびません。私の場合も、夏のトップスといえばシャツかTシャツしか思いつきません。

そんな中で、ファッショニスタはニットをチョイスするケースがあります。ニットといえば秋や冬に着るイメージが強いアイテムですが、実はサマーニットと呼ばれるアイテムが存在しているのです!いくら薄手でも夏に着るのは抵抗がある、そうお思いかもしれませんが、各ブランドでもサマーニットに力を入れているので、多種多様なアイテムが揃いつつあります。

そこで今回は、あまり来た経験がないであろうサマーニットについて紹介していきます。是非今回の記事を熟読していただき、この夏はライバルたちに差を付けるファッションセンスを見せつけましょう!

夏だからこそあえてニット!おしゃれなサマーニットの着こなし術

ジャケットの下にサラッと着こなすサマーニット!

ジャケットの下にサラッと着こなすサマーニット!

出展:Pinterest

夏場でもジャケットを着る方って結構多いですよね。実は私もそのうちの一人なのですが、ジャケットのインナーに何を着るかが結構悩みどころです。定番はTシャツでしょうが、それではどこか味気なく感じてしまいます。そこでおすすめしたいのが、この例のようにサラッと着こなすことができるサマーニットです。網目状のデザインとなっているので、存在感がある点も魅力的ですね!

このアイテムについては、選択するごとに縮むスタイルとなっているので、より自分の体にフィットしやすい特性があります。素材自体がコットンなので、体にぴたっと張り付いても暑苦しさを感じませんし、むしろ肌触りが最高に良いのです。よって、夏でも決して熱さを感じることなくサラッと着こなすことができるのです。

寒い時期には、もう一つインナーを着こめば十分に使えるものとなっています。ジャケットやシャツのインナーとして最適な、このアイテムのようなサマーニットは絶対持っておいて損はないですよ!価格的にもお手頃なのもとてもありがたいアイテムとなっています。

珍しいVネックのサマーニット!

珍しいVネックのサマーニット!

出展:Pinterest

サマーニットの中では珍しい、Vネック仕様のアイテムがこちらです。ユニークなのは、ニットとしてはレアなカモフラージュ柄である点です。このデザインが非常におしゃれであり、洗練された印象を持たせることに成功することまちがいなしです。Vネックも深めに取られているので、メガネなどを引っ掛けるとよりイケてる感じが出ます。

これだけ存在感があるアイテムならば、変にインナーにせず一枚で勝負したいところです。この例のように、ダークトーンのパンツと合わせると、より大人の印象が出てきます。その中で、ハットは軽いものをチョイスして、夏っぽさもしっかり出しているのが心憎いです。ボーダーなので体型が出てしまいがちな点は気をつけなければなりませんが、できればジャストサイズで着たいところです。

厚さも手頃なこのアイテムで、バーベキューを楽しむなんて最高ですね!

寒暖の差にも対応!長袖も視野に入れる。

寒暖の差にも対応!長袖も視野に入れる。

出展:Pinterest

真夏の炎天下では長袖を着る気にならないわけですが、例えば旅行などに出かけると長袖も着たくなることがあります。例えば、標高の高い山に出かけると、頂上あたりではかなりひんやりすることもあります。また、滝などに行くと一瞬でもヒヤッと感じる事があります。暑ければ腕まくりすれば良い!そんな考えのもとで長袖のサマーニットも視野に入れたいですね。

そんな中でおすすめなのが、このアイテムです。パット見は厚手で見ているだけでも暑くるしさを感じがちですが、実際には非常に通気性がよくサラッと着ることができるアイテムとなっています。パンツには明るめのカラーを選択している中で、トップスには位置付いたトーンのこのサマーニットを選ぶあたりがさすがの一言です。トップスのインナーから覗かせる白いシャツもイケてます!

この例のようにしっかりと袖を長袖にするも良し、腕まくりして5分丈ぐらいで着こなすのもアリです。また、腕に時計やブレスレットを付けることで、よりおしゃれ度を増す感じを受けます。こんな包容力のあるニットはそうそうないですよ!

ジャケット系の羽織るタイプのニットもあり!

ジャケット系の羽織るタイプのニットもあり!

出展:Pinterest

ここまではセーター系のアイテムをチョイスしてきましたが、このスタイルは一転して羽織るタイプのアイテムとなっています。ビビッドなイエローカラーのサマーニットは、遠目で見ても絶対に目立ちます!存在感馬群なものなのですが、それに加えてインナーがホワイトというのもポイントです。更にイエローが映えるのです。この例を見れば一目瞭然ですよね。

単なるニットではなく、ワッフルのように表面が凸凹しているデザインとなっています。サマーニットの全体的な印象として、表面が滑らかでないものがほとんどなのですが、このアイテムもその例に漏れていないのです。羽織るアイテムなので、ゆったり着ることができる点も魅力的です。どうしても熱い時には脱ぐこともできますし、肩に引っ掛けてアクセントを付けてみても面白いですね。

ビビッドカラーのアイテムでありながらも、知的な印象をあたえるコーディネートとなっています。知的な雰囲気を残しつつ攻める!このバランス感覚を是非マスターしたいですし、これおを実現できるのもサマーニットの特徴なのです。

深みのあるカラーのカーディガン系ニット!

深みのあるカラーのカーディガン系ニット!

出展:Pinterest

こちらもカーディガン系のアイテムとなっています。より深みのある落ち着いたカラーのサマーニットとなっています。袖口がガッチリ出来ているので、腕まくりしてもしっかりホールドしてくれます。この例では、インナーにブラックのヘンリーネックカットソーをチョイスしています。腕を見てみると、ヘンリーネックカットソーが露出してそれより高い位置までサマーニットを腕まくりしています。どこか重ね着感を出しておしゃれに見せています!

ボタン部分を見てみると、ブラックのボタンが存在感抜群です。ボトムスにはクラッシュデニムをチョイスしていて、ちょいわる感を出しています。サマーニット自体は落ち着いているアイテムでありながらも、それを活かしつつまた違うスタイルに見せるのは上級者のなせる技ですね。インナーにもう少し薄めのアイテムをチョイスすれば、真夏の炎天下でも十分耐えうるスタイルですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?サマーニットは派手目なものもあるのですが、できれば落ち着いた大人向けのものをチョイスしたほうがよりかっこよく見せることができます。冬のニットよりも当然価格的にはリーズナブルなものばかりです。また、冬場でも使いまわせる物が多いのですので、是非一着はキープしておきましょうね!

Pocket
LINEで送る