デッキシューズやドライビングシューズ、夏シューズを用途に合わせてコーデの幅を広げよう!

Pocket
LINEで送る

夏にわざわざ熱の籠るブーツはど履く気にはなりませんよね。ブーツは履きにくいというのも弱点であり、できればサンダルのようにスポっと履けて脱ぐのも容易というのが理想です。また、通気性の高いシューズの方がムレてもすぐに熱気を放出できる点も重要です。その点でも、サンダルは優れたアイテムといえます。

ただ、サンダルに抵抗がある方が多いのも事実です。人混みの中でサンダルを履いていると、脱げた場合に捜索するのが一苦労ですし、ヒールなどで踏まれて骨折するというケースも結構有ります。できればシューズ形式の方が良い・・・そんな方におすすめなのが、夏シューズです。夏シューズの代表格とも言えるのが、デッキシューズやドライビングシューズです。非常に通気性がよく、サンダルのようにサラッと履けるのが特徴なのです。

そこで今回は、デッキシューズやドライビングシューズなどの夏シューズの用途別のコーディネート方法を紹介していきます。是非参考にしていただき、この夏はおしゃれなシューズでアクティブに過ごしてみませんか?

このシーンではこの夏シューズを!夏シューズのシーン別コーディネート例

スリッポンはマルチなシーンで活躍する!

夏シューズの代表格とも言えるのが、スリッポンです。靴紐がないタイプのシューズのことを言い、スポッと履くことができるのが魅力的です。似たようなデザインのシューズとしてローファーがありますが、ローファーはレザー系のシューズでありビジネスで使用するのですが、スリッポンの場合はビジネス以外の様々なシーンで着用できる幅の広さが魅力なのです。

レジャー系のファッションにも適合します。この例が代表的であり、花柄のシャツにスリッポンを合わせています。これに短めのハーフパンツをチョイスすることでよりアクティブな印象を与えることに成功しています。ほとんどサンダルのように履いている感じがスリッポンの魅力です!普通のシューズですと、かかとを潰して履くのはご法度なのですが、スリッポンではそれが許されているのです。よって、履いている時の締めつけ感のなさも人気の所以です。

スリッポン人気は高く、多くのブランドが参入しているジャンルです。夏の海でも履ける、ストリート履きもできるスリッポンを持っておくと、絶対に便利ですよ!ぜひラインナップに加えて欲しいものですね。


デッキシューズは夏の海で大活躍!

ヨットやボートなどのマリン系の乗り物で使用することが多いシューズです。デッキシューズの最大の特徴として、撥水性の高さとグリップ力です。海ではアクシデントがつきもので、例えばヨットに乗っていても高波が押し寄せて水をかぶってしまうケースがあります。そんな時に、ヨットの上を確実に歩行するためにデッキシューズが重要なのです。

デッキシューズの特徴を活かすには、やはり海でしょう!夏の海に出かける際にはビーチサンダルも悪くないのですが、岩場ですとどうしても不安があります。鋭い岩などを踏んでしまう危険性がありますよね。そんな危険から身を守ってくれるのがデッキシューズですし、滑りやすい場所でもそのソールが威力を発揮します。

実は、デッキシューズのウィークポイントとしてソールの減り易さがあります。これは、撥水性の高いゴムをソールに採用しているがためです。できるだけアスファルトの地面を歩かないようにしたいですし、その点でも夏の海辺の砂場で使用するのが正しい使用方法であるといえるのです。

ドライビングシューズは街履きで大活躍する!

ドライビングシューズは街履きで大活躍する!

出典:glober

ドライビングシューズとは、その名の通りドライビング時に使用するシューズのことを言います。車のドライビングをする際には、シューズはなるべくグリップ力が高くアクセルワークできる事が重要になります。最近では、そのデザイン性の良さから街履きする人が続出していて、各ブランドでもそれに注目してよりスタイリッシュなデザインのドライビングシューズを販売しています。

そのグリップ力の良さを活かすには、やはり街履きがおすすめです。グリップ力が高いので、雨の日の歩行でも大活躍しています。基本的にはスリッポンに似ていることもあるので、オールマイティさがあるのも特徴です。逆に、少し厚めの生地を使用しているケースが殆んどですので、通気性に若干の難があるケースがあります。ただ、ドライビングシューズ=夏シューズの定説が成り立ちつつありますので、通気性も意識したシューズが増えています。

できれば、素足でさらっと履くのがドライビングシューズのあるべき姿であるといえます。

見た目も涼し気なエスパドリーユはどんな場所でも活躍!

最近ブームを迎えているのがエスパドリーユです。エスパドリーユとは、スペインのバスクで生まれたシューズのことを言い、麻で作られたシューズのことです。見た目も涼しげですし、いざ足を通しても通気性の良さを実感できます。また、麻なので軽量化にも寄与しているのです。夏専用とも言える素材なので、デザイン的にもスリッポンに近いものがあったりサンダルタイプのものまで多種多様です。

ソール部は畳のような素材を使用しているケースが殆んどですので、若干足への負担が高いのですが、ストリート履きするには全く問題とはなりません。また、夏の海でも履ける感じが素晴らしく良いですね!仮に濡れてしまっても、麻ですので日向で干しておけばあっという間に乾いてしまいます。デザイン的にもマリンテイストのものが多いので、映える感じを受けます。

エスパドリーユはシューズでありながらもサンダル履きできるのも魅力的です。これからもブームが継続するのは間違いありませんし、価格的に非常に得リーズナブルなのも嬉しいですね。


夏向けのスニーカーも視野に入れる!

ここまでは夏向けのシューズを取り上げてきましたが、それ以外でもスニーカーは視野に入れたいところです。スニーカーにも通気性に優れたものが多く、更に軽量化したモデルも登場しています。その中でも、ローテクスニーカーがおすすめです。

ローテクスニーカーの代表格であるのが、コンバースのオールスターが有名です。シーズン問わず履き続ける事ができるシューズですが、やはり薄着になる夏の方がその威力を発揮するものです。ハーフパンツに合わせて履くローテクスニーカーは、いかにも夏を思わせるスタイルと言えます。ただ、履くのはストリートシーンに限られるので、海などのレジャーですと夏シューズには若干見劣りします。

ただ、シーズン通して履くことを視野に入れるなら、ローテクスニーカーも悪くはないですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?夏シューズは価格的にもリーズナブルなものが多いので、買い揃えやすいのが特徴です。夏だけに特別なシューズを買うのは抵抗があるかもしれませんが、ファッショニスタを目指すならこのこだわりが重要になるのです!

Pocket
LINEで送る