パンツの形は何を基準に選べばいいの?シルエットにこだわるパンツ選びの方法

Pocket
LINEで送る

最近のファッションの特徴として、どんどんと立体化が進んでいますよね。映像の世界では既にヴァーチャルリアリティ技術が確立されて、まるで目の前にいるかのような臨場感を得る事ができるようになりました。平面の世界では物足りない!そんなニーズもあってファッション界でも3Dブームが巻き起こっているのです。特に、パンツにおいてその傾向が強く見て取れます。

他にも、現代ファッションではパンツのシルエットにもこだわる傾向があります。今まではとりあえず履ければいいや!と考えていた方も正直いらっしゃったわけですが、長さであったり加工方法などでいかにシルエットを綺麗に見せるかを各ブランドで切磋琢磨しているのです。あまりの種類の多さに、目移りしてしまうほどとなっています!

では、具体的にどのような観点でパンツ選びをしていけばよいのでしょうか?そこで今回は、最新のパンツ選びの方法について紹介していきます。目移りしてしまうジャンルだけに、是非参考にしていただいておしゃれパンツを選ぶための指針としていただきたいですね!

最新のパンツはここに注目!シルエット重視のパンツの選び方

大定番のストレートジーンズはまだまだ欠かせない!

立体加工であったりスリム系のパンツが大ブームとなっているわけですが、やはりスタンダードなストレートタイプのパンツから入るのが先決であるといえます。癖がなく、履きやすいのが特徴となっています。どんなスタイルにも適合させやすいですし、シューズのタイプにも左右されないのが良いですね。

そんなストレートタイプのパンツの中で、ジーンズが最もおすすめです。ストレートタイプの場合には、ジャストサイズで履くのが最もおしゃれに見せることができます。へたに大きめのサイズのものをチョイスすると、野暮ったさが出てきますし大人ファッションには適合させにくくなりますので、選ぶ際には注意しましょう。

また、パンツの長さにも十分注意が必要です。長い分にはロールアップすれば適度な長さに調節できますが、短いと足首が出てしまいます。確かに、足首を出すようなファッションが流行っていますが、ストレートパンツで実践すると少し違和感を感じます。なるべくパンツの裾もジャストな長さに裾上げしたほうがおしゃれに見せることができますね。


スキニーパンツはスタイルに合わせて履く!

数年前からブームの兆しが見えていて、ここに来て大ブレイクしたのがスキニーパンツです。スキニーとは元々は皮と言った意味があり、まるで皮膚のように張り付いているパンツのことをスキニーパンツといいます。ピチっとしたパンツとなっていて、とてもスリムに見えるのが特徴です。ある程度の伸縮性があるので、ピチっとしていても決して苦しい感じはなく、見た目以上に履きやすいパンツとなっているのも特徴の一つです。

スキニーパンツと言っても、様々な種類がありますがジーンズタイプが最もおおくラインナップされています。このアイテムのように、クラッシュ加工によりパンクロックテイストを出しているものがあります。非常に見た目も秀逸でかっこいいのですが、スキニーパンツのウィークポイントはそのスリムさにあります。足が太めの方が履くと、どうしても足の太さが強調されて全体のフォルムとしては見劣ってしまいます。サッカー選手のように、太ももが発達した方に特にその傾向が見られます。

ただブームだからといって、安易にスキニーパンツをチョイスすると逆にダサく見えてしまうことがあります。しっかりと自分の体型にあったパンツを選ぶことが重要になります。

スキニーよりは履きやすい!スリムパンツ

スキニーパンツはおしゃれだけど履く人が限られると説明しましたが、もう少し万人向けになっているのがスリムパンツです。スキニーのようにピタッと張り付く感じではないものの、ブカブカ感がなく足のフォルムを出してくれるパンツとして、高い人気を誇っています。最近では、ロールアップや短めの裾のパンツが流行していることもあり、スリムパンツの需要が更に高まっています。

スリムパンツの場合、足首のラインまでを綺麗に見せることができるのが特徴です。また、パンツのボリューム感を抑えることができるので、トップスの選択肢が広がるという利点があります。シャツのシルエットが細身なのに、パンツが太めですとバランスが悪く見えてしまいます。スリムパンツの場合は、その心配はする必要が無いということになります。スキニーパンツ同様に、ストレッチ素材を入れているパンツも最近では増えています。履きやすさも改善されているのは嬉しいですね!

ストレートに履くのも良いですが、ロールアップして更に足元をすっきり魅せるテクニックをすると、よりファッショニスタに近づくことまちがいなしです!

立体加工の代名詞!テーパードパンツ

立体加工パンツの代名詞であるのが、テーパードパンツです。テーパードパンツとは、腰の部分から足首にかけて徐々に細くなっていくパンツのことを言います。腰回りはストレートパンツ、足首はスリムパンツの細さとなると考えるとわかりやすいですね。テーパードパンツの最大のメリットは、足のラインが非常に綺麗に見える点です。スキニーパンツは足の太さが強調される!と説明しましたが、そのようなコンプレックスを持っている人の場合、体型隠しの意味合いでテーパードパンツをチョイスする人が多いです。

事実、ヒップが若干大きい人でも、テーパードパンツであればすっきり見せて美脚効果も期待できます。今までのパンツの常識を変えたパンツとして、今後も間違いなく定着していくパンツになることは間違いありません。特にチノパン系のパンツでテーパード形状が用いられています。いまブームのVラインを用いる場合にも、テーパードパンツはマストアイテムとなります。裾はどちらかと言うと短めのほうが、よりすっきり見せることができる傾向があります。


サルエルパンツは合わせにくいけどおしゃれに見せることができる!

テーパードパンツの前にブームを迎えていたのが、サルエルパンツです。股の部分がゆるゆるとなっているデザインが受けて、特にゆるかわ系ファッションを好む女性に受けていました。その流れがメンズファッション界にも押し寄せて、様々なサルエルパンツが登場します。最近のトレンドであるVラインとはあえて逆行し、Aラインを構築することができます。これにより、より男らしさを演出することができます。

当然、トップスもカジュアルでゆるめのものをチョイスすることになります。男っぽさを演出すると言っても、堅苦しくなく気軽にファッションを楽しみたい方におすすめのパンツであるのです。また、テーパードパンツ同様に、下半身の体型隠しで履く人も多くいらっしゃいます。

最後に

いかがでしたでしょうか?基本的に細身のシルエットのパンツがブームとなっていますが、サルエルパンツも根強い人気を誇っています。個人の好みによってパンツ選びは大きく異なります。様々なパンツにチャレンジしてみるのも、ファッションの世界を広げるためにも重要ですね。

Pocket
LINEで送る