靴下こそオシャレのキーポイント?意外に重要な靴下の選び方

Pocket
LINEで送る

靴下って皆さんにとってどのような存在でしょうか?私の場合は、昔から活発に動く少年であったので、靴下にすぐ穴を開けたり汚してしまったりしてしまうので、一種の消耗品のように扱っていました。実は、少し前までも同様の扱いをしており、あまりこだわりを見せてきませんでした。その理由として、隠れるのであまりこだわっても・・・という意識が働いてしまうがためです。

ただ、実は靴下ってかなり重要なファッションアイテムの一つなのです!この靴下選びを誤ってしまうと、一気にダサさが勝ってしまい折角おしゃれなアイテムを着込んでいても、それが台無しになってしまう可能性が高いのです!ここをこだわるかどうかが、ファッショニスタになれるかどうかの分岐点となると言っても過言ではありません。

そこで今回は、非常に重要な靴下というアイテムの選び方をご紹介します。是非とも靴下にこだわって、自身のおしゃれレベルをもう一段階アップさせてみませんか?

見えないからこそこだわりたい!靴下の選び方のポイントとは?

基本はパンツと同色でコーディネートする

靴下でダサく見えるファッションの共通ポイントとして、靴下とパンツがアンマッチな場合が多いです。例えば、ブラック系のスラックスを履いていても、靴下がホワイト系ですと悪い意味で目立ってしまいます。更に、靴下がスポーツソックスですと、最悪以外の何ものでもないですね!よって、まず靴下の基礎としては、パンツと同色のものをチョイスすることをお勧めします。

ただ、全くの同色ですと味気なさを感じてしまうこともあります。そこでオススメなのは、同色でも靴下の方が多少なりともライトなカラーのものを選びましょう。それにより、一段階おしゃれ感が増すケースが殆んどです。ただこれも、あまりに明るすぎると浮いてしまいますので、このさじ加減は非常に難しいものです。この感覚は、経験して養っていかないといけないと言えますね。

とにかく、先ず手始めにパンツと同色のものをチョイスすることを意識してください!できれば、最初は冒険せず無地のものでシンプルなものを選ぶことをおすすめしておきます。


ビジネスでは長さも重要なポイント!

ビジネスでは長さも重要なポイント!

出典:wear

昔は靴下といえばすね辺りまであるものが主流で、ロングソックスも流行った時期がありました。最近では、足首まであたりしか無い靴下が半ば主流となりつつありますよね。確かに履きやすいですし、見た目もシュッとしてイケてるのですが、くれぐれもビジネスではチョイスしないようにしましょう!逆にそれで個性を演出するケースもあるのですが、相当な上級者でないと単にダサく見せる効果しかないのです。

ビジネススーツでの靴下の選び方としては、やはりスタンダードなミドルソックスがお勧めです。多少短くても問題はないのですが、絶対避けたいのはすね毛が見えてしまうことです。すねが見えるなら百歩譲っても良いとしても、すね毛が見えるのはビジネスではご法度です。スラックスの場合、裾の長さにもよりますが座るとまくり上がるようにしてすねが見えてしまいがちです。それを見越して、ある程度の長さの靴下をチョイスしておいたほうが良いのです。

逆に、長すぎる靴下の場合は特に問題はありません。ただ、夏場などですと暑くて仕方なくなってしまいますので、気候などを考慮して適度な長さの靴下を選んだほうが無難です。

柄物ソックスで少し挑戦する!

柄物ソックスで少し挑戦する!

出典:wear

ここまではシンプルなソックスのみを紹介してきましたが、世の中にはド派手な柄の靴下も存在しています。どんな人がどのような用途で履くの?と思えるような靴下も多いのですが、この柄ソックスを上手く履きこなせるようになると、よりファッションの幅が広がるのです。通常の丈のパンツですと、くるぶしが露出しますが、パンツと靴との隙間は約3センチ前後と言われています。この幅の中で、いかに個性を演出するかが重要なポイントとなります。

柄ソックスの中でも、人気が高いのがボーダー系の靴下です。このボーダー系の靴下を上品に見せることができるアイテムとして、実はレザーシューズがあります。基本的には、パンツはどんなものでも良いのですが、シューズ次第でこのボーダーがイケてるのかダサく見えるのかの分岐点となってしまうのです。レザーは基本、どんなスタイルのものでもボーダー柄とマッチする事で知られています。できれば、シューズとあえて正反対のカラーの方が、逆にソックスが際立って見えておしゃれ度が増すものです。

靴下自体が派手なモノのほうが、逆に見栄えします。是非このスタイルの奥深さを実感してみてほしいものです。

サンダルにも靴下を選ぶのが当たり前に!?

サンダルにも靴下を選ぶのが当たり前に!?

出典:wear

サンダルといえば、素足で履くのが当たり前と考えるのは、実はもう時代遅れかもしれません。最近では、サンダルにも靴下をあえて履いて、おしゃれを楽しんでいるファッショニスタが実に多いのです。ただ、サンダルに靴下を合わせるというのは、非常に難しいミッションなのです。具体的には、どのようなものをチョイスすると良いのでしょうか?

それは意外と簡単で、ホワイト系のソックスをチョイスすると見栄えが良いです!ホワイト系の靴下の中でも、スタンダードなスポーツ系のソックスが個人的にはお勧めです。また、ワンポイントでラインが入っていたりすると尚更イケてる足元に変身します。サンダルの種類ははっきりいって不問です。どんなサンダルのスタイルやカラーでも、ホワイト系ソックスは適合してくれます。最近のトレンドである、スポーツミックススタイルとの融合性も高くなるので、結構簡単にコーディネートできます。

サンダルと言っても、結構足の裏がムレやすいので不衛生なのです。そこで靴下を履くことで、いつまでもお気に入りのサンダルのコンディションを保つこともできますね。


自信がないなら隠すのもあり!

靴下ファッションというのは、ものすごく難しいものです。よって、あえて靴下を見せることなく履くというのも一つのテクニックです。最近では、女性だけでなく男性向けにも非常に面積の少ない靴下が販売されています。靴を履いた時に、靴の面積とほぼ同じくらいのサイズのものが主流となっています。ただこれでは、あまりおしゃれとはいえませんね。単に隠してるだけ!とみられちゃうのです。

そこでおすすめしたいのは、超チラ見せの靴下の履き方です。靴の開口部からほんの数ミリだけ見せることで、かなりオシャレ度が違ってきます。できれば、シューズとのカラーリングを意識して、チラ見せするとかっこよさがより際立ちます。最近では、ロールアップスタイルのファッションがブームを迎えています。より足首が露出しやすい環境となっていますので、このチラ見せテクニックというのも是非とも覚えておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?靴下のテクニックは実に奥が深いことがご理解ただけましたでしょうか?隠すというのも一つの手段ですが、あえて見せておしゃれ度を増すという方向でファッションセンスを研ぎ澄ましたいところですね!

Pocket
LINEで送る