ドレスシャツの襟はどうすればいいの?オススメの襟(カラー)特集

Pocket
LINEで送る

皆さんは襟というとどのようなイメージがありますか?顔に近い部位で、結構目立つものですので、デザイン性にもこだわりたい点があります。シャツの種類によって、かなりの種類の襟のデザインがありますよね。また、魅せ方として襟を立てたり開いたりと様々なテクニックがありますね!

先に言いましたが、襟は顔に近い位置にあるものです。この部位をだらしなく見せてしまうということは、その人自体がだらしなく見えてしまいます。また、襟という部位はとにかく汚れてしまいますよね!首の汚れが付着して、すぐに黒ずんだりしてしまいます。これが他人に見えてしまうと、更にだらしない印象を助長させてしまいます。よって、十分に注意しておかなければならないのです。

このように、意外と重要な部位となる襟ですが、英語ではカラー(collar)と呼ばれています。colorと少し区分けしにくいのですが、ファッショニスタの間ではカラーとの名称で統一されている側面があります。そんな襟には、具体的にどのような種類があるものなのでしょうか?今回は、襟に着目してオススメのデザインを余すところ無く紹介していきます!

こんなにも種類がある!オススメの襟を厳選して紹介

どんなスタイルにも適合!大定番のレギュラーカラー

どんなスタイルにも適合!大定番のレギュラーカラー

出典:wear

ワイシャツの襟といえば、まずこの襟が思いつく!という程の大定番アイテムがレギュラーカラーです。ネクタイとの相性が抜群に良く、ネクタイを締めても襟羽が開きすぎずにビジネスシーンでもしっかり使用できますよね。また、シンプルで癖がない点についてもこの襟のオールマイティさを感じさせてくれますね。

レギュラーカラーと言っても、その時代時代によって若干スタイルが異なってきます。襟羽が長いものが流行した時期もありますし、逆に閉じ気味で短いものも流行していました。各ブランドも、その点に十分注意してトレンドを取り入れたアイテムを提供してきているのですが、基本はベーシックなので奇抜さが無いのです。

レギュラカラーは、基本ネクタイをしてキまる襟ですので、ノーネクタイスタイルでは若干寂しさを感じてしまいます。そこは、例えば襟を立て気味にしたり若干襟羽を広げ気味にしてそのウィークポイントを補うことも重要になります。そんなウィークポイントがありながらも、やはりレギュラーカラーは抑えておくべき襟であることには間違いありません。

最近の細身スタイルに適合!ナローショートカラー

最近の細身スタイルに適合!ナローショートカラー

出典:wear

最近のすっきり目のスタイルを標榜している方に注目されているのが、ナローショートカラーです。ナローショートカラーは、襟羽の開きが極端に狭い襟になりますので、襟だけ見ても細身に映るものとなっています。ナローは狭いという意味ですので、襟羽が狭いものは基本全てナローショートカラーと命名されています。

ナローショートカラーは、基本はカジュアルスタイルに適合する襟になります。よって、ビジネスシーンでは、若干違和感を感じさせてしまうものとなってしまいます。たかが襟!とお思いかもしれませんが、結構主張するものなのでなるべくビジネスシーンではレギュラーカラーを中心に考えたいですね。また、ショートなのでネクタイを締めるとネクタイがはみ出すことがあります。よって、ネクタイをする場合には細身のネクタイをチョイスする必要がある襟となっています。

ちょっとしたパーティーなどでナローショートカラーを選択する方が結構いらっしゃいます。これが結構映えるので、目立ちたい方は是非ナローショートカラーをチョイスしてパーティーの主役になるのも悪くありません!

パーティーで着用!?ホリゾンタルカラー

パーティーで着用!?ホリゾンタルカラー

出典:wear

ホリゾンタルカラーとは、衿羽開きが180°となっている襟のことを言います。ホリゾンタル=水平と言う意味ですので、衿羽が水平になっている襟は全てホリゾンタルカラーと呼びます。大きなくくりとしては、ワイドスプレッドカラーの一種となっています。

このホリゾンタルカラーは、基本はトップボタンまで止めて水平感を出すことでおしゃれ度をアップさせます。この襟でネクタイをすると、どこか可愛さを印象づけることができます。また、トップボタンを外すと水平感がなくなりまた違った特色を出すことができます。このように、ボタンの止め方一つでガラッと印象を変えることができる点が、ホリゾンタルカラーの特色です。

特にイタリアで流行している襟であり、日本でも確実に人気が高まっているスタイルになります。ビジネスシーンでは流石に着用するのは厳しいのですが、普段着でもシックなスタイルにも適合します。よって、多くのアイテムが続々と誕生しています。意外と適用力が高く、一着持っておくと非常に便利なものになります。

ノーネクタイにベストマッチ!イタリアンカラー

ノーネクタイにベストマッチ!イタリアンカラー

出典:wear

イタリアンカラーとは、衿と前立ての裏部分がシームレスで一つの生地でできているスタイルになります。イタリアンカラーの最大の特徴は、Vネックが手軽に再現できる点にあります。前立てがシームレスなので、簡単にVネックにできるものなのです!

イタリアンカラーは、基本は、トップボタンを外してだらしなく着用します。これにより、どこかちょいワル感を出すことができます。イタリアンカラーを良く着用している方といえば、ジローラモさんを思い浮かべることができます。・・・そう、ちょいわるスタイルを思い浮かべることができれば、イタリアンカラーを想像しやすいですね!よって、結構大胆に胸元を露出して、ファッションを楽しむのが基本スタイルです。また、逆に言えばネクタイを締めるタイプのシャツではありません。この点には十分注意してくださいね。

イタリアンカラーは、ここ数年のクールビズの普及により、爆発的に日本でも普及してきています。ゴージャス感もあるスタイルですので、例えば首にストールなども巻いてボリュームを出すなどの応用もできます。よって、ビジネスで使用しているシャツをそのままアレンジして普段着として転用するのも容易なのです。

タキシードにベストマッチ!ウィングカラー

タキシードにベストマッチ!ウィングカラー

出典:wear

まるで鳥の羽のように立体的な襟が印象的なのが、ウィングカラーです。衿先が折り返され開くのが、鶏が羽を広げている状態にそっくりなのです。これだけ聞くとちょっとイメージをつけにくい感じかもしれませんが、タキシードスタイルで用いられるシャツの襟と考えていただければ、容易に想像できると思います!

ウィングカラーは、フォーマルなスタイルではもはや欠かすことができないと言っても過言ではない襟なのです。貴族のスポーツとして有名なイギリス競馬の中でも格式の高い、アスコット競馬場では、なんと正装としてウィングカラーのシャツが指定されていたという側面があります。これはすごい事実ですよね!

ウィングカラーにベストマッチするのは、やはり蝶ネクタイです!ウィングカラーに蝶ネクタイ、そしてタキシードを着こめばフォーマルスタイルの完成です!これほど定番のスタイルというのも珍しいですね。逆に言えば、ウィングカラーのシャツは非常に汎用性が低いのが弱点とも言えます。使い回しが効きにくいので、コストパフォーマンスという点ではあまり高くありません。ただ、絶対に欠かすことができないシャツでもあります!

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介したのは、あくまでも代表的な襟の種類のみ紹介していますので、まだまだ種類があるのです。是非自分のお気に入りの襟を見つけて、新しいファションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る