デニムは奥が深い!ファッショニスタが教える選び方のコツ

Pocket
LINEで送る

作業着といえば、皆さんはどのようなものを思い浮かべますでしょうか?つなぎが大定番だと思いますが、やはり個人的にはデニム系のアイテムをチョイスしてしまいます。デニムといえば、とにかく頑丈なのが特徴ですよね。ハードな作業でも十分耐えうるものですし、意外と柔軟性の高い素材としても人気です。

そんなデニムですが、もちろんファッションアイテムとしても幅広い活躍を見せています。代表的なアイテムとして、ジーンズが挙げられます。ジーンズはカジュアルスタイルにもシックなスタイルにも両方適合してくれますし、存在感もあるので使いやすい!あって絶対損しませんよね。また、デニムの場合は色落ち感を楽しむことができます。濃い目のインディゴスタイルでも、使い続ければ徐々に色落ちして違う味が出てきます。頑丈ながらも、いつかは破けてしまうものなのですが、逆にそれが自然なクラッシュ加工となって更にオシャレ度が増します。

デニムの世界は非常に奥が深いわけですが、ではどんな選び方をしていけば良いものなのでしょうか?そこで今回は、ファッショニスタが厳選した、デニム選びのコツについて紹介していきます。

ファッショニスタ推薦!オススメのデニムの選び方。

ジーンズの場合はまずはカラーリング!

デニムアイテムの大定番であるのが、ジーンズです。ジーンズと一概に言っても、多くの種類が存在しています。スタンダードなジーンズがあれば、クラッシュ加工全開のジーンズ、そして細身のスキニータイプなど多種多様です。好みや目指すスタイルでジーンズ選びをしていくわけですが、やはりカラーが重要になります。

ジーンズの中でも、やはりインディゴカラーが大人気です。ブルー系で徐々に色落ちして白っぽくなっていくわけですが、それを見越して濃いめのものをチョイスするか、早く白っぽくなることを期待して薄めのカラーのものをチョイスするかで悩むことでしょう。これは、自分の好みで決めても構いません。

ここまではインディゴカラーのみを紹介してきましたが、オススメはブラックジーンズです。ブラックジーンズは、ぱっと見はジーンズらしからぬシックな印象を与えてくれます。それでいて、カジュアルシーンでもその存在感を十分発揮してくれるので、使い回しが利きやすいのが特徴です。ブラックまで行かないものの、ダークカラーのジーンズは一着はキープしておくととても便利です!


細めか太めかはどっちが良いの?

ジーンズの場合、ジャストサイズで履くか若干大きめのものをチョイスするかでかなり様相が変わってきます。これは、個人の目指す先によって大きく変化するわけですが、私がおすすめしたいのは若干細めのジーンズをチョイスすることです。少し前にスキニータイプのジーンズが大ブームを迎えましたが、あれだけ細くてもやり過ぎ感がない程度のジーンズがお勧めです。

スキニータイプの場合は、伸縮性がある程度ある点も見逃せません。どうしても細身のパンツの場合は、屈んだりするとおしりやお腹周りが苦しくなりがちですが、スキニーデニムの場合はきつさを感じないのが良いですね。

この例では、ブラック系のスキニーにトップスにはトレーナーをチョイスしています。全身がダークカラーな中で、スキニーデニムの存在感が際立っていることが分かりますよね。最近のトレンドであるロールアップも実践していて、こんなにイケてる履き方ができるなんてもはや最強とも言えます!できれば、先の例と同じくブラック系のスキニーデニムの方が何かとコーディネートしやすいので、推奨できます。

引きずって履くようなジーンズはあまり良くない!

Bボーイスタイルと呼ばれるコーディネートの場合は、ジーンズを所謂腰履きしてパンツが見えんばかりのローライズで履いていますよね。あれはあれで、私としてはファッションスタイルとしてありだと感じていますが、注意したいのは長さです。

腰履きすれば、当然ずり下がって履いているのでジーンズを引きずる感じで着用します。これは、ファッショニスタからすればはっきり言ってイケてないスタイルなのです。どんなに腰履きしても、地面に擦れるかどうかのギリギリの長さになることが重要なのです。この例では、足首にかけて細くなるスタイルとなっていて、ジャストサイズで着用していますね。シューズのシルエットと良くマッチしているので、非常におしゃれに見えます。

どうしても長いものを選んでしまう人は、ロールアップでまくり上げるというテクニックを使用すると良いです!ロールアップするだけで大きくおしゃれ度がアップするものです。単なる流行のスタイルというだけでなく、最悪のパターンを回避するという観点でも、是非ロールアップも視野にジーンズ選びするのも良いですね。

デニムシャツはジャストサイズで!

ここまでは、ジーンズを中心に紹介してきましたが、ここからはデニムシャツの話題です。デニムシャツと一概に言っても、厚手のものから薄手のものまで多種多様なのですが、やはり重厚感のあるGジャンが大人気です。私も、常に一着はキープしています。デニムシャツ界の重鎮ですよね。

そんなGジャンですが、サイズ選びが非常に難しいものであります。デニムといえば、洗濯等である程度縮むというイメージがあるのですが、Gジャンの場合は思っている以上に縮まないことで有名です。これは、厚手でありしっかり縫い込まれて製造されているので、なかなか縮みにくいものなのです。私も良く「どうせ縮むからワンサイズ大きめのものを・・・」と思って購入しがちですが、実はGジャンではその考え方は危険です!

Gジャンは、絶対にジャストサイズで購入するようにしてください。もちろん、あえてワンサイズ大きいサイズのものでファッションを構築したい方はそれで良いのですが、ツーサイズ大きなものは選ばないように!という意味です。


デニムシャツこそシンプルイズベスト!

デニムシャツとなると、デイリーユースで使用するアイテムになります。流石にビジネスシーンでは活用しづらいものなのですが、意外とフォーマルな場面でも活用しやすい万能シャツとして、多くの方に愛されています。そんなデニムシャツですが、中には派手なワッペン等が付いていて、存在感抜群なものが見られます。確かに、ここ一番での洒落コーデでは使用できるのですが、デイリーユースで使用するためにはシンプルな方が絶対おすすめです!

個人的におすすめしたいのは、濃い目のインディゴカラーのデニムシャツです。この例では、デニムシャツっぽくないですが、紛れも無くデニムシャツで間違いありません。インナーにブラック系のものをチョイスしていて、更にデニムシャツが際立っておしゃれに見えますね。なぜ濃い目のデニムシャツをおすすめするかというと、色の変化を楽しむためです。徐々に薄くなっていき、白い部分が見え始めた頃には熟成期を迎えます。どこかシャツにも人生を感じさせるものとなってきます!

大げさかも知れませんが、リアルにそんな感覚を味わうことができるのが特徴なのです。

最後に

いかがでしょうか?デニムと言っても、非常に多くの種類がありますし、更には注意点も多く存在しているアイテムなのです。注意点は絶対に避けて、自分なりにイケてるコーデを見つけて、ファッショニスタに一歩づつ近づいてみたいものですね。

Pocket
LINEで送る