大人はニットを着ることで差をつけている

Pocket
LINEで送る

Tシャツで育った少年時代から慣れ親しんだあの生地感。一枚で着るにしても、インナーに使うにしても、いったいこれまでどれだけお世話になってきたことでしょう。

しかし、最近よく「もうTシャツ一枚では出歩けなくなった。」という声を耳にしますが、これは大人の実感による部分が大きいはずです。若者とは違う自分をだらしなく見せたくない。変に若く見せたくない。
社会人としてのプライドみたいなものでしょうか?場や人の目を気にして服を選ぶようになった証拠でもあると思います。
じゃあいつもシャツにジャケットの一般的に大人っぽいと皆が感じる着こなしだけが正解なのでしょうか?
いやそれも違う気がします。
おしゃれに見える大人の男性が皆決まってシャツにジャケットなんていうこともなく、むしろOFFではどこかリラックスさもあり、なおかつ品があり、若者とは違う雰囲気を纏っているんです。
ポイントはTシャツではない大人に見せる<ニット>への進化です。
上品で余裕ある、若者とは違う着こなしの雰囲気を纏うにはぜひとも取り入れていただきたい、<ニット>。
そんなご紹介です。

一枚でカットソーの代わりに着たい。

「Tシャツ1枚では出歩けないけど、ニット一枚ならいける!」
Tシャツにはない空気感で一枚でも逆にかっこいい。柔らかな細番手のニットを素肌に着て、シンプルis ベストなスタイリングはニットならではの質感と、程よいシルエットのなせる業。だらしなさではない、大人の余裕と上質感で攻めたい。

A

アイテム:ニット

B

アイテム:ニットシャツ

C

アイテム:ニットセーター


やはり、ここだけは捨てきれない。ニットと言えば、シャツとのレイヤード。

王道レイヤードはタイドアップなら色物で個性を、ノータイならシンプルにモノトーンがオススメです。

D

アイテム:ニット

F

アイテム:ニット

インナー使いもニットならゆるすぎず、崩しすぎず。

そして、一枚でインナーにする。今どきスタイル。
シャツのきれい目感をなくし、すっきりとカットソー感覚で使うのがポイントです!

F

アイテム:ニットシャツ

G

アイテム:ニット

H

アイテム:ニット

I

アイテム:ニット

最後に

いかがでしたでしょうか?Tシャツとは違うニットの空気感は、やはり若者にはない落ち着きと余裕を感じさせてくれるものです。
Tシャツをコットンニットに変えるだけで印象は大きく変わってくるはず。
肌さわりのいい細番手のニットは万能なアイテムの一つ。
ぜひ今シーズン1枚は手にしてほしい。
一枚でグッとおしゃれに、粋に見せる、そんなニットマスターにぜひ挑戦してみて下さい。
滝本

Pocket
LINEで送る