ジャケット着こなせてますか?メンズジャケットのタイプ別着こなし術

Pocket
LINEで送る

皆さんはジャケットというとどのようなイメージを持たれていますか?私の場合は、ジャケットと言えばどこか大人っぽいイメージを持っています。子供時代にジャケットを着ることなんて殆ど無かったですし、中学生になってブレザーを着た時に初めて大人の一歩を歩んだなと実感しました。基本的には、ジャケットはフォーマルなアイテムという印象ですが、実は幅広い場所で適用できる万能アイテムでもあります。ただそれは、普通に着ていてはそんな実感を得ることはできず、着こなし次第な面があります。

ジャケットのデメリットとして、どちらかと言うとお値段的に高い点があります。普段あまり着ないのに、高いものを買ってしまうとどこか損した気分になってしまいます。私も、そんな経験を何度かしています。

ただ、着こなし次第ではジャケットはデイリーユースで使用できる万能アイテムに大変身するのです!では、具体的にどのようにジャケットを着こなせば使い回しが効くものなのでしょうか?今回は、ジャケットを上手にコーディネートする方法を、ジャケットの種類別にご紹介していきます。

こんな着こなしができます!ジャケット別のオススメコーデ

派手目のテーラードジャケットでどんなファッションにも適合!

最近のジャケット人気ナンバーワンと言って良いのが、テーラードジャケットです。様々なアイテムが登場しており、各ブランドが個性的なものを発表しています。このアイテムがその代表格で、ド派手なブラウン系のチェックテーラードジャケットが目を引きますね。

こんなド派手なテーラードジャケットですが、意外とどんなスタイルにも適合するのが特徴に挙げられます。この例では、スタンダードなシャツとスラックスを合わせていますが、シャツは実はデニム素材を使用していて色がかち合う感じとなっていますが、トータルコーディネートとして見ると実に良くマッチしていますね!また、胸にはワンポイントでハンカチーフをちら見させているのも、かなりいけている感じがします。

他にも、パンク系の奇抜なTシャツの上にテーラードジャケットを着るのも非常にかっこいいですね。また、デニムシャツの代わりにインディゴブルーのジーンズをチョイスしても良いですね!とにかく、着回しが効きすぎるテーラードジャケットは、マストアイテムの一つです。価格もお手頃なものが多いですし、ジャケットの入門編としてもお勧めです。

こちらも大人気!ミリタリージャケットはパンクスタイルに!

最近の大人気アイテムの一つに、ミリタリー系のトップスがあります。その中でも、最近ではミリタリージャケットがブームの兆しを見せています。ミリタリージャケットといえば、何と言っても堅苦しくなく軽い感じで着用できる点が魅力的です。それもそのはず、ミリタリーとは軍系のと言う意味があるので、とにかく動きやすさを追求しているからです。

ミリタリージャケットの着こなしのポイントは、そんな着やすい感じを全開に出す方法です。この例では、クラッシュジーンズを着用して、とにかくちょいワル感全開のファッションとなっています。また、ハイカットスニーカーとの相性も抜群ですし、例えばブーツ系のシューズにもベストフィットします!更には、髪型もリーゼントっぽいスタイルをしているので、ロックやパンクスタイルしか感じさせませんね。

ミリタリージャケットには、迷彩系のものとグリーン系の無地のものがあります。それぞれに着こなしポイントは多少異なるのですが、共通してインナーにはホワイト系のTシャツがお勧めです。逆に、襟のあるシャツ系のアイテムはあまりマッチするとはいえませんので、着こなす際には十分注意してください。

今シーズン再ブームのデニムジャケットとロールアップパンツの相性良し!

今シーズン再ブームのデニムジャケットとロールアップパンツの相性良し!

出典:wear

継続的にブームが訪れるのが、デニムジャケットです。実は、2016年の春夏も再ブームを迎えています!デニムジャケットの最大の特徴は、きちっと着られる点です。伸縮性がないこともあるのですが、がっちり着込むことができるので、スタイルがよく見えるという意外な効果があるものなのんですよ!

デニムジャケットの着こなしテクニックは実に多いのですが、最近のトレンドはロールアップや9分丈などの、足首が見えるくらいの丈のパンツとの相性が良い点です。基本的には、どんなパンツとの相性も良いのが特徴ですが、これまた最近のポイントであるテーパードシルエットのパンツをチョイスすると良いです。上半身をスラッと見せて、下半身は立体的なシルエットで魅せる!立体感がテーマの最新ファッションにも簡単に適合できるんです。

デニムジャケットにも幾つかスタイルがありますが、なるべく色落ちしているモノのほうが、どんなスタイルにも適合させやすいのが特徴です。意外と濃いインディゴカラーのデニムジャケットって、適用するファッションが少ないのです。ただ、あえて濃い目のものを購入して、色落ち感を楽しむというのも有効的であるといえますね。

レザージャケットはド派手なシャツとの相性抜群!

ファッションアイテムとしてだけでなく、バイカーの必須アイテムといえるのが、レザージャケットです。レザージャケットの特徴は、その頑丈さにあります。しっかり手入れすれば、何十年でも着続けることができますし、それに応じて色合いも微妙に変化する点が魅力的です。

そんなレザージャケットの着こなし術としては、インナーにド派手なシャツをチョイスする方法です。この例が正しく典型例であり、インナーに花柄のド派手なシャツを着ています。全身コーディネートとしてはブラック系のアイテムをチョイスしていながら、あえてシャツはド派手にしている当たりが、上手にレザージャケットをファッションに取り入れている好例であります。ここで注意したいのは、インナーにブラック系のものを選ぶ点です。全身黒ずくめとなると、野暮ったさしか感じられなくなり、はっきり言ってダサさしか感じません!

レザージャケットは、主にブラック系とブラウン系のものがあります。ブラウン系の場合は、ジーンズ等との相性が良いという利点があります。自分の目指すスタイルに応じて、どのレザージャケットのカラーをチョイスするかを決めたほうが良いですね!

これもれっきとしたジャケット!ダウンジャケットも着回し十分!

ダウンジャケットというと、ジャケットと付いているけどアウターの印象が強いですね。ただ、10年ほど前からダウンジャケットがどんどんと薄型となってきて、ジャケットに近づいているのです。よって、シーズン的にも着るスパンが長くなっていますし、いろいろなファッションに適合しやすくなっています。

このような薄手のダウンジャケットは春先の肌寒い時期や、アウトドアなど防寒対策が必要な場面で活躍してくれますよね。そんな時にもおしゃれを忘れたくないファッショニスタの方にオススメの着こなしです。このようなラフなスタイルから、スラックスなどの硬いスタイルにも十分通用するのが、ダウンジャケットの良さですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ジャケットと言っても実に多くの種類がありますね。その素材やスタイルによって、当然得意分野がありますので、その点を今回紹介した点に注意してファッションを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る