やっぱりボーダー人気!!どう着る?今季のボーダー事情

Pocket
LINEで送る

今シーズンよく聞く「ラフ」というキーワード、大人のあなたはどう表現したらいいのでしょうか?スウェットパンツにTシャツってわけにもいかないし、ある程度きちっとしないと、年齢的にもだらしなく見えるよな・・・そんな不安ありませんか?

そこでお勧めしたいのはカットソーを使った着こなし。その中でも、おしゃれメンズが確実に使うのがこのアイテムなのです。
この季節になると絶対と言っていいほど町で見かけるボーダーカットソー。
ラフに一枚で着られるみんな大好きなロンTの一つでありますが、これが本当に使える1枚なのです。実際のところ、大人になるにつれて無地物のカットソーを選ぶことも多いと思うのですが、ボーダーは合わせやすく、普遍的であり、それ一枚で着られる存在感を持ったもの。
これからの季節の中ではマリンテイストのスタイリングも注目度を増し、さらに手に取りやすいアイテムの一つとなると思います。
そんなボーダーアイテム。こんな着こなしで活用していただける!っと今回はそんな話。

ではではご覧ください。

<サラッと一枚>

スッキリ首元の空いたラフな印象も特徴の一つ。バスクシャツとよばれるマリンテイストの形状は、サングラスなどの小物を足すことで、初心者にもバランスよく使いやすくなるはずです。ロンT 一枚では外に出るのは恥ずかしい大人の美意識の中で、ボーダーカットソー1枚なら大丈夫という異例の安心感と信頼をそこに覚えるはずです。

<サラッと一枚>A
<サラッと一枚>B


<シャツをインナーにレイヤード>

襟元の開きを利用してシャツの襟見せのレイヤードは程よいラフ感の中に、シャツのきれい目なかっちり要素をプラスすることで落ち着いた紳士の印象をのぞかせる着こなしに。
無地系のシャツであれば合わせ方は本当に自由。クリース入りのパンツの合わせもキマリマスし、デニムで崩すことも簡単です。緩やかなネックからシャツを見せるレイヤードは先シーズンからトレンドとなっておりますが、この春も要チェックです!

<シャツをインナーにレイヤード>C
<シャツをインナーにレイヤード>D

<インナー使いは鉄板!>

ボーダーの存在感を使ったレイヤードスタイルは何もメインにしなくても十分決まるのです。羽織のインナーに使って、ちらっと見えるだけで十分!ボーダー特有のマリンの雰囲気を持たせ、ちょっと小粋な匂い感じさせることが出来るはず!無地ではシンプルすぎて面白くないし、他を探せば、子供っぽくなってしまうのが怖いなら、そこは迷わずボーダー攻めが間違いなしです!

<インナー使いは鉄板!>E
<インナー使いは鉄板!>F

<ベストと合わせても◎>

ベストって袖が見えるからこそ、全体で表現されているボーダーは魅力を最大限に発揮し
てくれるはず!半袖物でもスポーティーなシーンでのスタイリングでポイントにしても面白いと思います。ワンポイントデザインで語るものではなく、全体で表現するものだからこそボーダーは使いようによって大きく見え方が変化する強い味方となるはずです。

<ベストと合わせても◎>G
<ベストと合わせても◎>H

<ボーダーアイテム:オススメブランド>
リンク:http://www.deradera.co.jp/fs/deradera/c/0000000815/

最後に

参考にしていただけましたでしょうか?
この春の着こなしに役に立てばうれしい限りです。
私自身も好きでよく着ているボーダーカットソーですが、むしろ無地とボーダーの2パターンを極めればもう迷うことなどなくオシャレに着こなせるのではないかと思う程、基本であり、絶対定番だと思います。うまく使ってこの春も楽しんでいきましょうね!

滝本

Pocket
LINEで送る