お堅い大人にならないための、ジャケット着こなし術

タイトル_20160307
Pocket
LINEで送る

少しずつですが暖かくなってきまして、春の訪れを感じられる今日この頃ですが、人生の春もそろそろ来ないかとついついこの桜の季節には期待してしまいます。
そんな中、最近地元の友達から洋服のコーディネートを頼まれる事が多くなってきました。
皆30歳を目の前に、女性の目を気にするようになってきたようなのです。
これまで全くその部分は無頓着で、ジーパンにTシャツとパーカーがお決まりであった彼らが、ついにコレではダメだと気づいたようなのです。
「そろそろ大人に見える。年齢にあった服装しないといけないと思うんだけれども、どうしたらいい?」 と。
また、「実は気になる子ができたんだけど、大人の男に見えるようにしてくれないか?」と 。

ようは、大人の男として見られたいわけなんです。そしてカッコよく見られたいんです。
誰だってそうだと思う。重い腰を上げた彼らに全力で応えるべく提案したのが本日の内容となります!!
題して<お堅い大人にならないジャケット着こなし術>
ぜひ最後までお付き合い下さい。

(でも、やっぱりそんな彼らを動かしたのは女性の存在w)

先ず、大人に見せるアイテムとして「ジャケット」これはマスト。
コレまでのTシャツやパーカー・ネルシャツなどの子供っぽかった印象を先ずはここで変えにいきましょう!しかし、ここで間違ってはいけません!肩パットの入っているようなカチカチなのは避けましょう。慣れないジャケットでいきなりハードルが高すぎます。きっと借りてきた衣装に見えてしまうと思います。

◆ポイントは

  • アンコン仕様(肩パットなし・裏地なし)で
  • スウェット地・ニット地・パイル地といったラフ感とリラックス感の程よくある生地のもの

この2つに注意して選ぶだけで、きっとこれまでのカジュアル感を少しだけ残し、着こなしも馴染みやすいはずです。
では色々と着こなし例をご紹介して行きます。

<インナーライトダウンベスト>

<インナーライトダウンベスト>

アイテム:ジャケット

トレンドの最前線は軽量のダウンベストをインナーで合わせるレイヤードスタイル、まだ寒さの残るこの時期ではスマートな着こなしに決まるはずです!

<パイル地ジャケット>

<パイル地ジャケット><パイル地ジャケット>

アイテム:ジャケット

春らしいラフ感を高めてくれるのはパイル地を使ったジャケット。
デニムでもコットンパンツでもシーンに応じて馴染んでくれる活用性は注目したいところ。
パーカーの代わりに羽織る感覚で大人度アップ間違い無しです。

<ニットジャケット>

<ニットジャケット>

アイテム:ジャケット

着心地柔らかく、雰囲気たっぷりのニット素材のジャケットは、Tシャツやカットソーに合わせてカーディガン感覚で着こなしましょう。ネイビー系・ホワイト系のデザインならシンプルに着こなしてマリンのテイスト意識も季節感があってオシャレに見えます。

<インナーボーダーカットソー>

<インナーボーダーカットソー>

アイテム:ジャケット

カジュアル感のあるウォッシュコットンのカット地ジャケットは、シャツでかっちりよりカットソーと合わせて、肩ひじ張らないジャケットスタイルに仕上がります。今年はボーダーデザインのインナーもオススメです。王道ではありますが、この存在感とバランス感は間違いありません。

<スニーカーで外す>

<スニーカーで外す> <スニーカーで外す>

アイテム:ジャケット
アイテム:スニーカー

最近ではジャケットスタイルにスニーカーもオシャレな男性の常套テクニックになりました。きれい目に組んだスタイリングをアックティブなスポーツスニーカーで外すことで、雰囲気は固くならずに抜け感のある雰囲気が作れます。

<ダメージデニム>

<ダメージデニム>

アイテム:ダメージデニム

そして、今シーズン再び注目されているダメージデザインのデニムの着こなしにも、シンプルなつくりの良いジャケットがハマります!デニムの雰囲気に合わせてインナーはプリントTシャツで遊びを作るのも大人の余裕を見せられる部分ですよ。

<インナーパーカー>

<インナーパーカー>

アイテム:パーカー

スウェットが大流行の現在、パーカーやスウェットパンツでラフに着こなすにもそのままでは部屋着の雰囲気が抜けきらない。そんな時にもジャケットを合わせることで空気感は洗練された街着へと変化します。シルエットに気を付けて選べばスタイリッシュにトレンドを取り入れた、今時の緩めの空気感が魅力なスタイリングになりますよ。

<柔らかストール巻き>

<柔らかストール巻き>

アイテム:ストール

ラフ感のあるジャケットの首元を彩るストールは、ジャケットの雰囲気に合ったふわふわした軽く柔らかいものがマッチします。着こなしのアクセントとして春には大活躍のストールのスタイリングは、グッとセンス良くオシャレに見せるワザとなるはずです。華奢な体つきをカバーするにもこのボリュームは活きますし、身長のバランスを取るにもストールは活躍します。

最後に

いかがでしたでしょうか?
この春に向けてのオススメのジャケットの着こなしをご紹介して参りました。
ジャケットだからと言って固い印象を持たずに、いつもの着こなしの羽織としてまずは取り入れてみてください。ラフさばかりが際立ったこれまでのスタイリングから一変し、大人な空気を纏うことが出来るようになるはずです。
どうしてもシャツと合わせるイメージはあると思いますが、Tシャツやカットソーと合わせるのも本当にお勧めですし、スニーカーでもいいのです!!
是非参考にしていただければ嬉しい限りです。

Pocket
LINEで送る