今どき男のチェック活用術!

B_20160116
Pocket
LINEで送る

シーズンも深まって来まして、冬のコーディネートに飽きたころではありませんか?
今年は非常にあたたかい時期が長く、秋に近い気候の中ファッションを楽しめたそんなシーズンでありました。ダウンアウターをしっかり着こまなければ外を歩けないような寒さではないことで、その着こなしは自由に、そして軽装だからこそのコーディネートに頭を悩ませた方も多いはず。そこで、まだまだここからの冬シーズン、チェック柄もトレンドとしてその存在感を強めていることを受けて、男性でもうまくチェックを取り入れてコーディネートしてみてはいかがでしょう?飽きてきた冬コーデに新しい風を入れることが出来るかもしれません。本当にさまざまなアイテムで展開されているチェックを、自分なりにぜひ取り入れてみてください♪
では参考までに、今回は <今どき男のチェック活用術> と題しまして、ご紹介していきたいと思います。

今どき男のチェック活用術

A・B シャツでチェック

A・B シャツでチェック
A・B シャツでチェック

アイテム:チェックシャツ

アウターと同色系で着こなすチェックシャツは、チェック柄独特のかわいらしさやPOP差をうまくMIX出来るスタイリングです。モノトーンに振ることでより雰囲気はクールな中で、柄としてのアクセントをプラスできます。カジュアル感を出し過ぎたくない方にお勧めです。この着こなしならチェックシャツの不安要素第一位である「子供っぽくなる」をうまく回避できるはず。

C パンツでチェック

C  パンツでチェック

アイテム:チェックパンツ

上級者の着こなしに見えて意外にしっくり着こなせるのがこのパンツで使うスタイリングなんです。抵抗がある方も多いと思いますが、トップスをシンプルに、使う色の数を少なくするだけですんなり着こなせて、なおかつオシャレに見えるんです。派手な色合いは確かに上級者向けですので、グレー系・ネイビー系がオススメです。最近は細めのシルエットの物も多いので、パンツ丈は思い切って短めで穿くとクラシカルな印象も増して、今のトレンドをしっかりと押さえたバランスの良い着こなしとなるはずです。

D・E ニットでチェック

D・E ニットでチェック
D・E ニットでチェック

アイテム:チェックニット

ニットは今年も欠かせないアイテムの一つ。特にクルーネックが今旬の形です。
インナー使いで持って行く場合には起毛感を抑えた、薄手がオススメ。はっきりと柄映えするウインドウペンもインナー使いなら使いやすいと思います。また素材感の立つモヘアのタイプでは、インナーにシャツを合わせてレイヤードスタイルがオススメです。程よくカジュアル感を出しながらもきれい目で着れるそんな塩梅がポイントです。

F ジャケットでチェック

メインアイテムとなるジャケットで持ってくるチェックスタイル。今っぽさも、自信のセンスもこれほどアピール力のある者はないかと思います。ポイントは素材のウール感(起毛感)そして、チェック柄の渋さ。この2つはしっかり押さえていただきたいのです。
もちろんインナーからパンツまで他のアイテムは無地系がいいと思います。使う色の基本はチェックの柄に使われている色。ここを外さなければまず間違いないはず。遊び心とおしゃれな雰囲気とを纏った、そんなチェックスタイルを是非楽しんでみてください。

G コートでチェック

G コートでチェック

アイテム:チェックコート

コートというとジャケットやスーツの上に着るイメージを持たれる方も多いと思いますが、確かにそのパターンももちろんありなのですが、今っぽく合わせるなら、ジャケット感覚でシャツやニットの上にサラッと羽織ってはいかがでしょう?ジャケットよりもtロン丈の長いふわっと裾のなびくいで立ちは雰囲気抜群です。そんな時は、ビジネスシーンでよく見かけるナイロンのシンプルなコートではなく、ウインドウペンチェックのウールことーも絶妙にハマります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今だからこそ着たい、そんな男のチェックの着こなし、参考にしていただければ嬉しいです。かわいらしいイメージのあるチェックというパターンではありますが、男には男のチェックがあり、意外にも渋く落ち着いた印象で着こなしていただけると思います。
存在感のあるパターンだけに、それを取り巻く他のアイテムは無地系の物が合わせやすいのはもちろんが、案外クローゼットに掛かっているワードローブは、シンプルなものが多かったりしませんか?大人の男だからこそ、今季らしいチェックアイテムの追加は着こなしの幅をグッと広げてくれると思いますよ。

Pocket
LINEで送る