「もう太って見える」とは言わせない、冬の「着痩せ」コーデ決定版。

trashness-submit-900x1200
Pocket
LINEで送る

寒い季節はつい着込みすぎて着太りになりがちです。アウターの中で最も保温性が高い部類に属するダウンジャケットは一枚羽織るだけでふっくらした印象になってしまうデメリットがあるのが辛いところです。温かさを求めて重ね着をしすぎるとシルエットが崩れてしまうので注意しましょう!

着太りを防ぐ簡単な方法は重ね着をしないことになりますが、それでは防寒性が損なわれ本末転倒になってしまいます。ちょっとしたテクニックで脱着太りを図ることができますので冬のスタイリッシュファッションを目指したい方は参考にしてみましょう!

着太り対策の基本は厚手のアウター・インナーは避け、薄地でも保温性が高いアイテムを取り入れることです。そこで重宝するのが人気のインナーダウンです!ダウンでありながら薄く、保温性が高く、インナーに着込んでも着太りしにくいのは嬉しい限りです!

特に首周りがすっきりして見える襟なしのベストタイプは、カジュアルはもちろんのこと、ジャケットなどのキレイめスタイルのインナーとしても合わせることができます。天然素材のジャケットと化学素材のインナーダウンの異素材感がうまくミックスしてコーディネートのアクセントになります!

ダウンベストは首元がすっきりしているため、高さのあるタートルネックニットや襟のあるシャツがよく合います。クルーネックニットやカットソーだと首元が浮いて見えがちなため、これらを合わせる際はストールでアクセントを加えるとバランスが保てるでしょう。

インナーダウンの色としては膨張色である白は避けたいところです。すっきり見せるはずが逆にふっくら感が加わってしまいがちです。収縮色であり、コーディネートがしやすい黒がオススメです!

他にもコーディネートテクニックがありますので参考にしてみましょう。

モノトーンコーディネートはシルエットをきれいに見せ、すっきりした印象を与えることができます。とはいっても白は膨張色なので黒の面積を多めに意識しましょう!アウターやトップス、ボトムなどだけでなく小物で黒を取り入れてバランスを構築するのもオススメです。

Iラインコーディネートは着太りとは逆の着やせした印象を与えてくれます。身長が高く見えるのも嬉しいところです。縦長のシルエットがキーになってくるので、今季流トレンドのチェスターコートは打って付けのアイテムといえます。

着太り対策は重ね着をしないことが大切ですが、一枚のトップスではコーディネートに物足りなさを感じることも。フェイクレイヤードアイテムは簡単に着太りを解決してくれます。

小物を使ったテクニックでも着太り対策が図れます。厚手のアウターや、重ね着をして着太りすると視線がそこへ集まってしまいますが、ストールなどを取り入れると視線の集中を分散し、着太りした印象を和らげることができます。明るい色の小物が効果的なのでこちらを取り入れてみましょう!

これらのコーディネートテクニックを駆使すれば基太りを解消することができるでしょう。今回は脱着太りの冬コーディネートをご紹介させていただきます!

アイテムと色使いでスタイリッシュな冬スタイルを目指そう

モノトーンとIラインを使ったシャープなスタイル

こちらはチェスターコート、ストール、インナーにクルーネックニット、ボトムはテーパードパンツ、足元はダービーシューズで合わせたコーディネートです。縦長のシルエットを生むチェスターコート、収縮色の黒によりすっきりした印象に仕上がっていますね!

またストールを巻かずに首からかけ、縦長に見える視覚効果を使ったテクニックも参考にしたいところです。

アウターを前開きにして基太りを解消

こちらはフィールドコート、インナーにネルシャツとカットソー、ボトムはスキニーパンツ、足元はスニーカーで合わせたコーディネートです。膨張感のあるアウターは前を閉じてしまうとよりふっくらした印象になりがちです。

ボタンやジップを全てオープンにすることにより、すっきりした印象を与えることができるので厚手のアウターのコーディネートにはオススメです。

重ね着が気にならないキルティングベスト

こちらはチェスターコート、インナーにキルティングベストを合わせたコーディネートです。インナーダウンも重宝するアイテムですが、薄い仕上がりのキルティングアイテムもインナーとして活躍してくれます!保温性があり、デザイン性も伴っているのでオススメです!

小物を使ったテクニック

こちらはムートンフライトジャケット、ストール、スラックスを合わせたコーディネートです。保温性に優れるムートンは着太りした印象になりがちですが、ストールを使って膨張感への視線を逸らすのも有効なテクニックです!

タイトシルエットのアイテムで脱着太り

こちらはPコート、ボトムはスキニーパンツ、足元はローカットブーツで合わせたコーディネートです。タイトシルエットのアイテムで組むスタイルはシンプルな脱着太りテクニックです。またこちらはアウターの着丈が短めで脚長効果もあり一石二鳥です!

最後に

いかがでしたでしょうか?着太りを防ぐには極端にいえば薄地のアイテムで、重ね着をしないことですが、そうなるとコーディネートを楽しむことができないデメリットが生じてしまいます。インナーダウンやコーディネートテクニックを活用すれば楽しみながら着太り対策ができます。これらを活用してスタイリッシュな冬ファッションを目指しましょう!

Pocket
LINEで送る