冬小物で差をつけよう!手袋1つでファッションの印象は様変わり

791c2d2608960036493c2ce9e7d34bba.resized800
Pocket
LINEで送る

秋冬ファッションで主役となる小物といえばストールと手袋が思い浮かびますね。ストールは長さ、色、巻き方で着こなしにアクセントを加えることができます。防寒を目的に着用することの多い手袋ですが、こちらもさりげなく印象を変える重要なアイテムです!

手袋は、その名のとおり手の保護や装飾のために手に装着するファッション小物です。親指と他の指が分かれている形態のものはミトンと呼ばれます。指を解放している形のものはオープンフィンガーグローブと呼ばれます。

手袋の素材には、綿やウール、フェルトなどの天然繊維、ポリエステル・ナイロン・アクリルなどの化学繊維、牛や羊などの皮革、フェイクレザーが主に使用されています。 ゴムやラテックスを使用したり、アラミド繊維やシリコン樹脂を用いた耐熱手袋も存在します。

手袋は世界中生産されています。フランス、イタリア、デンマーク、ハンガリーやカナダは高価なレディースブランド物手袋の産地として名を馳せました。近年では東アジアでの手袋製造が盛んになっています。日本の手袋は約9割近くが香川県で作られています。

手袋の歴史は長く、古代ギリシア時代が発祥とされています。ヨーロッパでは13世紀頃には機能性に加えて、ファッションとして女性が手袋を着用するようになりました。

手袋は消耗しやすいアイテムと言えます。しかし上質な本革素材のアイテムを何枚かローテーションさせることにより長く付き合うことも可能です。黒、ブラウンの2色は押さえておくべき色です。素材、デザインが加わると所有する手袋は多くなるかもしれませんが5枚ほどあれば十分な数と言えるでしょう。

革の手袋を選ぶ上では革のなめし具合、サイズ、そしてデザインが大切です。自分に合う手袋を見つけるにはやはり実物を見て装着するのが一番です。サイズ選びでは革は伸びる性質のため、少し小さめのサイズを選ぶといいでしょう。

手袋には内側に貼られるライナーという素材があります。ライナーの長所は着脱しやすく、保温性と肌触りの良さがあります。カシミヤのラーナーが最上質であり、他にウールなどが用いられています。機能性として着用する手袋ですが、ジャケットやコートの胸ポケットに入れてコーディネートのアクセントにするのもオススメです。

今回は手袋を用いたコーディネートをご紹介させていただきます!

ファッショニスタは手元のおしゃれにも気を抜かない

同色でシンプルにまとめる

こちらはグレーのレザー手袋、チェスターコート、ジャケット、インナーにベストとタイドアップしたシャツを合わせたコーディネートです。服のコーディネート自体がグレーベースのモノトーンに仕上がっており、すっきりした印象になっています。

手元に同系色の手袋を合わせることにより、さりげなく色彩が強調されています!フォーマルなスタイルなのでレザーの手袋の相性がいいですが、柔らかい印象に仕上げたい時はウールの手袋を合わせるといいでしょう!

遊び心ある手袋の合わせ方

こちらはブラウンのレザー手袋、ストール、チェスターコート、インナーにシャツ、ボトムはスリムパンツ、シューズはサイドゴアブーツを合わせたコーディネートです。注目したいのは手袋のデザインです!甲の部分がオープンになっており、開放感を感じさせてくれます!

またチェスターコートのグレーと手袋のグレーに近いブラウンがきれいなグラデーションになっています。定番の黒の手袋を合わせると少し重たい印象になるのでアウターに合わせて手袋の色も選びましょう!さりげなくコートと同じ長さのストールをチョイスしているテクニックも参考にしたいところです。

靴の色と合わせた手袋の色使い

こちらは黒のレザー手袋、ダブルブレストチェスターコート、インナーはミドルゲージニット、ボトムはスラックス、足元はストレートチップで合わせたコーディネートです。ベージュとグレーの色使いで柔らかい印象を作り上げ、シューズと手袋の濃色で着こなしに落ち着きを取り入れています!

グレーの手袋ですと色合いが締まらない印象になるので、黒の手袋と、その色に近いブラウンのシューズのチョイスは絶妙です。

手袋でワイルドな印象をプラス

こちらは黒のレザー手袋、ダブルランチコート、スーツ、インナーはタイドアップしたシャツ、足元はブーツで合わせたコーディネートです。アウターがボアのある男らしさのあるデザインなので、手袋はやはりレザーが相性バツグンです!

スーツスタイルなどのビジネススタイルはフォーマルなテイストも求められるのでウールよりレザーを合わせるといいでしょう。

胸ポケットに忍ばせる手袋

こちらはブラウンのレザー手袋、チェスターコート、ダブルジャケット、インナーはタイドアップしたシャツ、ボトムはスラックスで合わせたコーディネートです。左手は手袋を装着していますが、右手袋はポケットチーフのように胸ポットに入れられ、着こなしの華になっています!

最後に

いかがでしたでしょうか?手袋の色、素材、デザイン、装着の仕方でコーディネートの印象に変化が出てきます。温かい手袋が一番ですが、着こなしのアクセントになる手袋も取り入れてみてください!

Pocket
LINEで送る