冬本番!ダウンを活用したおしゃれコーデを学ぼう

Travis-and-Joshua-street-etiquette-900x1350
Pocket
LINEで送る

年の瀬も近づきすっかり冬らしい季節になりました。寒さは辛いもののアウターコーディネートを楽しまれていらっしゃる方も多いかと思います。今年はチェスターコートやMA-1がトレンドですが、軽くて温かいダウンジャケットも外せませんね!

ダウンジャケットとはナイロン生地をキルティング加工し、内部にダウンフェザーを詰め、ダウンフェザーならではの保温性があるジャケットです。汗を放出する働きもあり、極寒地では作業服として用いられていました。

1980年代のアメカジファッションの流行がきっかけとなり、アウトドアファッションの秋冬のマストアイテムとして支持され、高い防寒性と実用性がファッションに取り入れられていることでファッショニスタに人気となりました。アメリカメーカー製品から広まっていきましたが、アメリカ空軍の防寒着をデザインに取り入れたアイテムが人気となり、さらに広まっていきました。

その後はデイリーウェアとしても広まり、1990年代後半頃からは、ヨーロッパブランドの人気も高まり、高級素材を使ったプレミアム・ダウンウェアへも人気は広まっています。ヨーロッパブランドのダウンジャケットには最高級とされるグレイグースのフェザーが使用されています。

ダウンジャケットには圧縮性があり、耐久性も高く、しっかりとケアすれば長く付き合うことができます。

軽く温かく機能性の高いダウンジャケットですが、ケアもしっかり行うようにしましょう。クリーニングに出す際はドライクリーニングを避けるようにしましょう。ドライですと羽毛の油分が取り除かれてしまい、保温効果を損なってしまいます。

部分汚れ等は自宅で洗うのもいいでしょう。品質表示に記載されている洗濯方法を確認し、なるべく手洗いすることをオススメします。洗い方は無着色の石鹸を使用し、汚れた部分を擦り洗いにし、汚れを浮かせましょう。

その後、水をよく絞ったきれいなタオルで丁寧に拭き取ります。最後にハンガーに吊るして非陰干しにし、十分に乾かしましょう。クローゼットでは除湿剤も併用するようにして、機能性を保ち、長く愛用しましょう。

ダウンジャケットにはデニムやカーゴパンツを合わせるのが定番コーディネートです。前を開けて着こなせば着膨れした印象が薄まり軽い見え方になります。黒やグレーなどのシンプルな色が合わせやすいですが、ブルーやグリーン、レッドなどのカラーダウンを取り入れると更に着こなしの幅が広がります!

今回はダウンコーディネートをご紹介させていただきます。

インナー、重ね着、差し色でダウンコーディネートを楽しもう

ボーダーを取り入れてすっきりした印象に

こちらはフード付きナイロンジャケット、インナーにボーダー柄ニット、ボトムはデニム、足元はレザースニーカーで合わせたコーディネートです。ダウンジャケットのミリタリーテイストが主役ですが、さりげなく合わせたインナーのボーダー柄が加わることによりすっきりした見え方に仕上がっています!

ボトムにグレーのデニムやチノパンを合わせてモノトーン色を強めるとより大人っぽい印象になるでしょう。またシューズもマウンテンブーツで合わせればより男らしい見え方に仕上げることができます。

デニムシャツをインナーに取り入れる

こちらはパーカー風ダウンジャケット、インナーにデニムシャツ、ボトムはコーデュロイパンツで合わせたコーディネートです。春夏で大活躍したデニムシャツですが、秋冬でもまだまだキーアイテムとなりますね!

ダウンジャケットのインナーのシャツにはネルシャツを合わせることが多いかと思いますが、すっきりした色合いのデニムシャツを取り入れることで軽さが加わります。ボトムもコーデュロイを合わせることにより秋冬らしさが一段と高まります!

ダウンオンダウンの上級な着こなし

ダウンオンダウンの上級な着こなし

アイテム:ダウンジャケット

こちらは重ね着したダウンジャケット、インナーにシャツとベスト、ボトムはウールフラのパンツ、足元はチロリアンシューズで合わせたコーディネートです。防寒性も高まるダウンジャケットの重ね着は是非ともお手本としたいところですし、なんといっても微妙に色の異なるダウンどうしの重ね着が絶妙です!

ダウンジャケットにはカジュアルなインナー、ボトムの相性がいいですが、こちらのようにベスト、シャツ、ウールパンツで合わせてキレイめに仕上げるのもオススメです!

差し色を用いた鮮やかな着こなし

こちらはショート丈のダウンジャケット、インナーにハイゲージタートルネックニット、ボトムはチノパンで合わせたコーディネートです。秋冬では落ち着いた色合いのアイテムが多いですが、こちらのようにインナーに差し色を持ってくるとセンスを感じさせる仕上がりになります!

モノトーンでシャープな印象に

モノトーンでシャープな印象に

アイテム:ダウンベスト

こちらはダウンベスト、インナーに柄編みハイゲージニット、ボトムはスラックス、足元はチロリアンシューズで合わせたコーディネートです。ベスト、パンツ、シューズがグレーで統一されモノトーンのきれいな色合いに仕上がっています!

全アイテムグレーですと印象が薄くなるためインナーのニットを柄編みであわせメリハリを出しています。ボトムにデニムやチノパンをあわせればリラックスしたカジュアルなコーディネートに仕上がるでしょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?単調になりがちなダウンジャケットのコーディネートですが、テイストの違うアイテム、差し色を加えると印象を大きく変えることができます。お手持ちのアイテムを組み合わせてコーディネートの幅を広げてみましょう。

Pocket
LINEで送る