ニットは何で選ぶ?素材、着心地、さわり心地、シルエットどれが正解?

tumblr_n3kjdpJAMk1rxnekho1_12803
Pocket
LINEで送る

秋冬のトップスとして大活躍するニット。この秋冬はケーブルニット、ハイゲージニット、タートルネック二ット、がトレンドです。すっかり秋になりニットを着る機会も増えてきていますね!

ニットと聞くといわゆるセーターを思い浮かべますが、定義は編み物、編んだ服や布地とされています。 ニットとはセーターに限らず編み物の総称を指しています。

その歴史は古く、ニットの起源は、紀元前一世紀頃と推定される、エジプトの古墳から発掘された織物とも編物とも区別が難しいもの、とされています。本格的な手編みの技術を完成させたのはアラビアの遊牧民族だったとされています。

この技術がエジプト~スペイン~ヨーロッパ各地といった順に広がっていったと言われています。その後長い年月を経て、16世紀の中頃から機械織りで作られるようになりました。

ニットの表情は実に多彩です。素材では、ウールをはじめ、綿やシルク、麻などの天然糸、発色性に優れたレーヨンやポリエステルといった合成繊維などさまざまな素材が 使われています。

作り方も、編んだ布地を裁断して縫製するカットソーや一本の糸を編みながら 製品にする成型などがあります。こうした素材や製法それぞれの持つ良さを生かして多彩なニットが作り出されています。

上質なニットを作り出す国としてはイタリア、イギリスが思い浮かびますね!イタリアは職人気質と高い技術力に定評があり、ロベルトコリーナ、フォルテフォルテ、クルチアーニなどが代表的なブランドです。
イギリスは羊毛業が盛んで、上質なウールに根強い支持があり、ジョンスメドレー、ウィリアムロッキー、ジョンストンズなどの長い歴史を誇るブランドが今も健在です!

今シーズンを代表するトレンドアイテムとしてスクエアパターンを用いたアイテムが挙げられます。Tシャツ、コート、ロングコートだけでなく、ニットにも用いられて、様々なアイテムにスクエアパターンが取り入れられています。

柄アイテムは苦手な方もいらっしゃるかと思われますが、スクエアパターンは柄の中でもコーディネートに取り入れやすくオススメです。柄はどうしても苦手、という方にはスクエアが不揃いのパターンが取り入れやすいアイテムです。

アウターなどの面積の大きなアイテムにスクエアパターンを取り入れるのではなく、インナー、ニットなどに取り入れることで自然なトレンドアイテムの着こなしができます。

ジャケットのインナーには比較的薄地のハイゲージニットが相性バツグンと言えるでしょう。ダウンジャケットなどにはざっくりと編まれたケー^ブルニットを合わせたいですね!コートのインナーにはタートルネックニットが防寒性も備えていてきれいな仕上がりになるでしょう。

素材ではウールを選びたいですね!ラグジュアリーなスタイルを目指す方には、毛質が細く柔軟で独特のぬめりがあり保温性に優れているカシミアがオススメです。

シルエットは合わせるアウターやボトムによってタイト・ゆったり、を切り替えましょう。
今回は旬のニットコーディネートをご紹介させていただきます!

ニットの多彩な表情をコーディネートに活かそう

シンプルなキレイめニットスタイル

こちらはクルーネックのリブ編みニットにスラックス、ダービーシューズを合わせたシンプルなスタイルです。ざっくりしたリブ編みが秋冬らしさを醸し出していますね!ボトムもトレンドのグレーをチョイスして今シーズンらしい色合いに仕上がっています。

これからの季節はネイビーのチェスターコートを羽織って、ストールを合わせてキレイめのスタイルに仕上げるとよいでしょう!

スポーツミックスに合わせるタートルネック

こちらはライダースジャケット、インナーにタートルネックニット、ボトムはデニムで合わせた秋冬スポーツミックスです。スポーツテイストの強いライダースのインナーに、キレイめ感のあるハイゲージタートルネックニットを用いるテクニックが絶妙なコーディネートです!

リラックス感あるニット使い

こちらは淡いピンクのニットにデニムライクのサルエルパンツ、シューズはハイカットスニーカーを合わせたリラックスしたスタイルです。トップスのゆったりしたシルエットとボトムのややテーパードラインが相性抜群ですね!

ニットの着丈が長めなので、合わせるアウターはショート丈にして着丈のギャップを演出するといいでしょう!

鮮やかなトレンドカラーのネイビー

こちらはミドルゲージニット、インナーにシャツ、ボトムはデニム、シューズはキャンバススニーカーをあわせたカジュアルなニットスタイルです。ニットの、ボーダー柄を想起させ、起伏感のある表情が毒k得な雰囲気を醸し出していますね!

トップスもボトムもネイビーで合わせ、ニットのインナーも近似色のサックス×白のストライプシャツを用いることによりトレンドカラーがアピールされた色使いは参考にしたいテクニックです!

ニットのレイヤードスタイル

こちらはクルーネックニット、色落ち感のあるデニム、シューズはブーツを合わせたコーディネートです。ニットのインナーに少し着丈と袖の長いカットソーを合わせ絶妙なレイヤードスタイルに仕上がっています!

トップスにボリュームがあるので、アウターはそれに負けない存在感のあるゆったりめのダウンジャケットなどを合わせましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?合わせるアイテムにより主役にも、そして引き立て役にもなってくれるニット。様々なアイテムと合わせてニットコーディネートのバリエーションを広げましょう!

Pocket
LINEで送る