「実はおしゃれなあの人が履いていたのは、スウェットだった!!」 【スウェットパンツ特集】

catch
Pocket
LINEで送る

スポーティートレンドに、リラックスブームということで当然のように、現在スウェット素材の人気が急上昇しているのです。ご存知でしたか?
イメージするのは、まずスウェットパンツにスウェットパーカー  だとは思うのですが、
スポーティーでリラックスなスウェットが流行だ!!!というってパーカーにスウエットパンツというのはなんか違う・・・。間違えると部屋着の粋を練代のが難しいところではあります。しかし、今やそれだけにはとどまらず、スウェット素材のジャケットにスウェット素材のブルゾン、さらにはスウェット素材のデニムなんというものも登場しているんです。もちろんスウェットですから持ち前のラフ感と動きやすさは他の素材に比べて際立ち、人気の秘訣となっているのですが、現在のその加工力、デザイン力は本当意素晴らしい!これ本当にスウエットなの?という見た目に、特有の着心地の良さと、柔らかな質感を融合し実際には全く新しい提案となっているのです。
ということで、「実はおしゃれなあの人が穿いていたのは、スウェットだった!!」というテーマでご紹介していきたいと思います。

【スウェットパンツ特集】

スタイル1

ダメージ加工とダークなカラーリングでビンテージの雰囲気たっぷりに貫録を見せるデニム!
ではなくスウェット。その重々しい雰囲気とこだわりはな方も納得のカラーと加工感を抜群の柔らかさ快適さでは着こなせる逸品!

スタイル2

こちらもデニム!ではなくスウェット。きれい目な雰囲気でも使える定番的位置づけで使えるモデル。程よく洗いを掛けたこなれた雰囲気とシャープにきれいに見せるテイパードラインが幅広いコーディネートで活躍するモデルです。

スタイル3

ケミカルウォッシュでしっかりとした存在感を放ち主役となりえるこの一本もスウェット。まさか!!と目を疑うその表情とは裏腹に穿いてみればすぐに納得できるはず。
シンプルなトップスと合わせて、ボトムスを軸としたコーデもラフに楽しんでいただける1本。

スタイル4

デニムONデニムのこちらは落ち羅も素材はスウェット使用。
パンツはもちろんブルゾンも非常にストレッチ性に富んだ楽々の着心地に、デニム特有の硬さや重さを感じることはありません。

スタイル5

ジャケットスタイルにもはまるリジットに見えても、こちらもリラックススウェットパンツ。ここまで見てきた加工や・カラーのデザイン性の種類の多さには、スウェット素材への加工力に驚きを隠せません。ダメージ系が苦手な方はこのベーシックなモデルあたりからスタートしてはいかがでしょう?

スタイル6

スウエット素材のパンツ&ジャケットセットアップ。ドレッシーに見えて実はラクチン素材の絶妙なラフスタイル。美脚スリムシルエットのパンツにシャープにシンプルなデザインのジャケットは別々にも使えることは間違いなさそう!

スタイル7

上記セットアップの色違いをパンツのみで!
ネーミングは同じスウェットパンツでもイメージは大きく違いますね。
これはもう部屋着・スポーツウェアでは決してない。ドレッシーな着こなしで活きるアイテムへと昇華されています。

最後に

実はスウェット! そんなさりげなさがカッコいい!
デニムに摸したスウェットパンツはあの有名デニムブランド<DIESEL>が提案したし、その快適さと加工感から他のブランドにもすごく広がっていったわけですが、やはり時流に合ったアイテムだけにスタイリングに取り入れやすく、さらにはなじみやすい。そして手に取った方たちがついついヘビロテしてしまう快適さとかっこよさはさすがです。
 「デニムのようでデニムではない!」「スラックスのようでスラックスではない」
スウェット素材のデニムもどきスラックスもどき?
いやいや、まったく新しいアイテムなのではないでしょうか?
これからの新し可能性を間違いなく形にしてくれているそんな夢のあるファッションなのだと私は思います。ぜひお試しください。オススメです。

OCTET nagoya店長滝本

Pocket
LINEで送る