今話題のマッキントッシュ!世界中で長年愛される理由とは?

mackintoshss
Pocket
LINEで送る

気温が下がり秋らしい季節になってきました。秋冬ファッションの中心になってくるのはアウター、着用面積が広く印象を大きく左右するためセンスあるアイテムをセレクトしたいですね!
アウターにはいろいろなタイプがありますが、中でも注目したいのがマッキントッシュです。

バーバリーとのライセンスが終了した三陽商会がこの秋冬から大きく展開を始めることで話題になりました。世界展開されているマッキントッシュを日本に特化させたオリジナルブランド、マッキントッシュロンドンも注目を浴びています。

マッキントッシュは1823年にスコットランド人のチャールズ・マッキントッシュがイギリスで設立しました。世界を代表するアウターブランドであり、レインコートやキルティングジャケットは同ブランドの代名詞とも言えます。同ブランドの生地やコートを表すためにマッキントッシュというワードが使われるほどの認知度の高さです。

チャールズがブランドを設立する頃のロンドンは雨が多く街中に馬車が行き交っている時代でした。当時は雨を防ぐためには、油を布に染み込ませた外套を着用するしか手段がなく雨風を防ぐのには一苦労がありました。それをなんとかできないかと、グラスゴー出身のチャールズは創意工夫を凝らし、2枚の記事の間に溶かした天然ゴムを塗り、圧着し熱を加えた防水布、マッキントッシュ・クロスを開発しました。

この防水性に富んだ、革新的な生地で作られたゴム引きコートはイギリス中に衝撃を与え、レインコート、乗馬用コートとしてまたたく間に普及しました。2度の大戦でもその機能性が重宝され陸軍のコートに採用され、イギリス国鉄の外套も制作するに至りました。イギリスではレインコートの総称をマッキントッシュと呼び、チャールズ・マッキントッシュの名は広く知れ渡っています。

現在はゴム引きコートだけでなく、キルティングジャケット、トレンチコートやダッフルコートなどアイテムのバリエーションが広がっています。イギリスの高級アウターウェアブランドとしての地位を確立し、それに驕ることなくクリエイティブなアイテムが発表されています。

2014年秋冬からはレディースで日本のブランドHYKE(ハイク)とコラボーレーションが始まり、2015—16秋冬コレクションで3シーズン目を迎えています。「遺産と進化」をコンセプトに掲げるHYKEと、互いのクリエーションに共鳴したコレクションは、ファッショニスタの注目を集めています。

今回はアウターブランドの代名詞とも言えるマッキントッシュのアイテムをご紹介いたします!

伝統と革新性を併せ持つマッキントッシュの魅力

気品漂うウールのステンカラーコート

こちらはマッキントッシュのベストセラーライン、DUNKELD(ダンケルド)のステンカラーコートです。
比翼仕立てでシンプルながらも気品の漂うデザインになっています。襟裏にはチン・フラップが配されており、襟を立ててボタンを留めればウインドガードにもなり、防寒性の高い作りになっています。

シルエットはすっきりしていますが、ジャケットの上に羽織っても、アームホール、肩、袖にゆとりがありバツグンの着心地を与えてくれます!ビジネスシーンではスーツとの相性がよく、オフスタイルでもデニムで着崩せばコーディネートが楽しめるでしょう!

王道のキルティングジャケット

こちらは王道キルティングジャケット、WAVERLY(ウェーバリー)モデルに着脱可能なフードが付属したWAVERLY HOODモデルです。マッキントッシュならではの光沢感あるウールが表地に使用され、暖かみのある、紳士的な雰囲気が感じられます。

スナップボタンで簡単に着脱できるフードを装着すれば、フードのボリュームで襟元がタイドアップされ、さりげないセンスを感じさせてくれます。こちらも襟裏にチン・ストラップが配されており、機能性のあるデザインとなっています。襟の表地はコーデュロイになっており、防寒性と共に、素材の切り替えで雰囲気ある仕上がりです。

ブランドネームをさりげなく忍ばせるキルティングジャケット

こちらもWAVERLYモデルに着脱可能なフードが付属したWAVERLY HOODモデルです。襟はスナップボタンで着脱可能で、襟裏のチン・ストラップにより防寒性を高めることができます。ブランドロゴ、MACKINTOSHを刻印したボタンを使用しているのがデザインのポイントでシャープな印象になっています。

ポケットは大きめの作りになっており、機能性が高く重宝します。スーツの上に羽織っても、またオフスタイルのコーディネートの主役としても活躍してくれる逸品です!

紳士的な装いに仕上げるチェスターコート

こちらはSTANLEY(スタンレー)モデルのチェスターコートです。ジャケットのような綺麗なシルエットが着る人に紳士的な雰囲気を与えてくれるでしょう。ロング丈でありますが、フランネルウールクロスを用いているため着用すると思った以上の軽さに驚くでしょう!

オン・オフ両方で重宝するダブルPコート

こちらはDOUFFTOWN(ダフタウン)モデルのダブルPコートです。堅すぎないデザインからビジネスシーンでも、オフスタイルでも活躍するでしょう。オフスタイルではデニムに合わせてリラックス感のあるスタイルにするのもいいですが、キレイめのパンツを合わせてイギリス紳士らしい気品あるコーディネートに仕上げたいですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?
200年近く続くイギリスの伝統と革新性を併せ持つマッキントッシュは紳士を目指すなら一枚はおさえておきたいところです。秋冬のコーディネートにさりげない存在感を与えてくれるので今のうちにチェックしておきましょう!

Pocket
LINEで送る