オシャレになりたいおじさんへ!個性派ブランド「ディーゼル」のおすすめアイテム10個集めました

DIESEL
Pocket
LINEで送る

斬新なデザインの「ディーゼル」アイテムで、ファッション性を際立たせよう!

個性的なファッション性で世界中に愛されているブランド、「ディーゼル」。これまでメンズファッションスタイルラボで紹介してきたブランド、「オロビアンコ」「ポールスミス」とは一味違ったアイテムが揃っています。
(参考:オロビアンコの鞄が愛され続ける5つの理由
(参考:誰もが知っているブランドの王道、ポールスミスの定番5アイテムを紹介!

ディーゼルロゴ
(photo by pinterest)
ディーゼル商品の特徴は、個性が強いものが多く、世界観が統一されているところ。そして、バランスの取れた商品が多く、他ブランドと組み合わせたコーデも違和感無く着こなせるところです。

そのため、色を考えてコーデをつくっていただければ、カッコ良く纏まるブランドです。組み合わせに気をつけて、ぜひ着こなして欲しい!

今回は、そんなディーゼルのおすすめアイテムを厳選!計10アイテムご紹介します。これからの買い物前にチェックしてみてくださいね。

こだわりの素材!ディーゼルのJOGジーンズ

スエットデニム
はじめに紹介するのは、男らしさの代名詞!ディーゼルのJOGジーンズ。一見デニム素材をつかっているようにみえますが、スエット素材でできたデニムです。

そのため、素材が柔らかく、履き心地がものすごくいい!一回履いたらやみつきになってしまいますよ。

実は、他のブランドが、このヒットを見て同素材のスエットデニムを発表してきましたので、先駆的モデルなのです。

トレンドアイテムもディーゼルで!安定のチェックシャツ

チェックシャツ
秋冬トレンドのチェックシャツ。みなさんお馴染みのマストアイテムも、ディーゼルアイテムがおすすめです。

ディーゼルならではのウエスタンスタイルは、デニムとの相性抜群!色はレッド系もありますが、大人の男性ならば、あえてのネイビーでデニムと合わせ、落ち着きのあるスタイルもおすすめです。

魅せるバッグ!ディーゼルのカモフラトート

カモフラトート
ディーゼルらしいデザイン性のあるトートバッグ。トートバッグは容量も多くて使い勝手がよく、スマートカジュアルコーデに万能です。

このバッグの憎らしいところは、トレンドのカモフラが全体に散りばめられたデザインではなく、さりげなく配置されていること。

くどくないカモフラ柄がおしゃれを引き立てます。

個性派の真骨頂!ディーゼルのビック時計

時計
ディーゼルのビッグ時計。見ての通り、とてもインパクトのあるデザインです。鮮やかなイエローフェイスが、袖口からインパクトのあるスタイルを演出します。

男性だからこそ、大きくてゴツイ時計をして、男らしさファッションセンスをアピールしちゃいましょう。「スマホ時代で時計を持たない!」なんて人にも、アクセサリーとして楽しめる時計ですよ。

とにかく男らしい!ディーゼルのハイカットスニーカー

ハイカット
シンプルなブラックのハイカットシューズ。履き心地がとてもよく、シンプルだからこそコーデの幅が広がり、長く履けるモデルになっています。

足下から少しボリュームのあるスタイルを演出できますので、冬になって、ボリューム感のあるトップスになったときに、バランスのとれたコーデをつくることができます。

あったかいだけじゃない!ディーゼルのブルゾン

ブルゾン
あったかそうなディーゼルのブルゾン。あったかいだけじゃないのです。素材に注目してみると、ウール素材をつかっていることがわかります。

ウールというと、チェスターコートというイメージがありますが、カジュアルにブルゾンもおすすめ。

このブルゾンはボンディング素材で、ボアを襟元に配したボンバージャケット仕様になっています。暖かさもあり、ボリューム感もあるアイテムです。

まだまだある!ディーゼルおすすめ商品

人気のメルトンPコート

Pコート
(photo by deradera)

ウエスタンデザインのレイヤードシャツ

長袖シャツ
(photo by deradera)

最新作のスウェットジーンズ

新作ジーンズ
(photo by deradera)

愛され続けているハイカットスニーカー

スニーカー
(photo by deradera)

今回紹介したどのアイテムもでらでらで手に入れられます。気になったらチェック!

終わりに

いかがでしたでしょうか。個性的なデザインが目立つディーゼルデザインだけでなく、素材にもこだわったアイテムが多いことがわかります。トレンドもしっかり抑えているので、この冬はディーゼルのアイテムをおすすめします。

また、他のブランドアイテムもぜひでらでらでチェックしてくださいね!

(でらマガ編集部)

Pocket
LINEで送る