「特集<IL BISONTE> いい男は使う小物もイケメンだったりする!」

タイトル写真
Pocket
LINEで送る

いい男の手元にはイケメンな革小物があったりしませんか?

派手でもなければ、すごく高そうでもない、でもなぜか魅力的。
イケメン革小物の正体は使い込まれた味わい深い表情なのです。愛用された時間が、その革小物を育て、非常に魅力的に見えることがあるんです。使い込まれたか革の表情は、「オレはミーハーじゃないぞ!」「気に入ったものは大事に長く使うこだわり派だぞ!」とさりげなく訴えかけてくるもの。一途でさりげない男らしさと、川を育てる楽しみ、レザーアイテムを使う醍醐味だと思うんです。

特にオススメは、余分な装飾をつけないミニマルなデザイン。
革本来の魅力を引出し、それを価値として教えてくれる。買った時よりも使った行く中で物の価値が高まっていく感覚は革小物ならではではないでしょうか?それも自分にしかわからない独特な味わいだったりするわけですが、毎日持ち歩くような身近なアイテムであればあるほど、自らが過ごした時間を同じように刻んでいってくれる相棒だったりするんですよね。

そこで、オススメは【IL BISONTE】
ワニー・ディ・フィリッポ(Wanny Di Filippo)がデザインし、ナチュラルなレザーとバッファローのマークで長年にわたり、多くのファンに愛され続けているイタリア・フィレンツェのレザーブランドなのですが、ベジタブルタンニンなめしによる柔らかなレザーが特徴で、使っていくことで味わい深くなっていくレザーの質感には非常に定評のあるブランドです。

この偉大な職人さんであるワニーさん曰く

 雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。あなたのイル ビソンテはあなたの一部になるのです。

と。
そのスピリットの元、職人さんがハンドメイドの作り上げたアイテムの一つ一つは、共に時間を過ごすこと、いつか大事な存在になっていくんでしょうね。いやぁ本当に、レザーの味わいは奥が深く魅力タップリです。
では今回はそんな【IL BISONTE】のレザーアイテム特集です。ぜひご覧ください。

自分だけの愛着と魅力的なエイジング

実は、最近よくお客様にもお見せする私の「名刺入れ」。
コレも【IL BISONTE】の品でした。完全に私物でして、そうキレイなものでもないのですが、3年愛用した<アジ>は良い風合いが出てきております。イルビゾンテ特有の柔らかいレザーは非常にいい味出すんです!!この艶と色、分かって頂けるでしょうか?細かい傷も多いですが、それはご愛嬌。
角も取れて色は深まり、丸みを帯びた表情からは、良い艶を浮かべたなんとも魅力的な味わいを感じます。

カードケース(名刺入れ)

冒頭でご紹介した。名刺入れです。カラーバリエーションも豊富に展開されています。
初めての人に対しての第一印象に名刺ケースは大事なポイントの一つ。だからこそこだわって選びたいところですよね!

ブレスレット

某フジテレビの人気ドラマでも着用され一気に注目度は増しているレザーブレスレット。
シンプルな一枚革の仕様にごオールドのコンチョがアクセントになり、どんなコーディネートにもしっくりなじみ、手元から男らしくもこだわりを感じさせるオススメアイテム。
日々身に着けることで自分だけの唯一無二のアクセサリーになると思います。

キーケース

完売が相次ぐ人気アイテム!入荷するとすぐに売り切れてしまう店が多いイルビゾンテのキーケースです。確かに常に持ち歩くものでイルビゾンテを使うと、その日に日に育っていく姿に心奪われるはず!プレゼント需要も多い逸品です。

ロイヤル・コレクション

チャールズ皇太子60歳を記念し、英国王室とのコラボレーションで生まれた<ロイヤル・コレクション>シックなカラーリングに心つかまれた男性も数知れず、取り扱っているお店が少ないため、他の人とは違うより特別な品を求めている方は必見です!

折り財布

ポケットの収まる!これは男性が持つ財布としては大事な要素ではないですか?
お尻のポケットに入れて持ち歩くことが多い中で自然と角は取れ、独特の丸みとアタリがエイジングに絶妙な味わいを与えてくれることでしょう。収納力も実はしっかりと備えているため、実用性は高いはずです。

ロングウォレット

大容量の収能力抜群のモデル。私が初めて目にしたイルビゾンテはこのモデルだったように思います。あるバイヤーの方が愛用されてました。色はコニャックを深いブラウンと少し黒みがかった艶やかな表用になるまで使っており、カッコイイ!どこの財布だろう!!?と気になったのを覚えています。永年共に年を取っていく中で格別な逸品い成長することを期待するモデルです。

先のモデルよりも収能力は劣りますが、スリムなフォルムにとチェーンの存在感が、まったく別の魅力を放っています。男っぽく持ちたい方にはこちらもオススメです。

レザートートバッグ

拘り抜いたベジタブルタンニンで鞣したレザーをふんだんに使ったALLレザーのトートバッグはイルビゾンテの魅力が詰まった逸品です。握りこむハンドル部分やそこ部分のコーナーはあたりが付き艶っぽくなってくることと思いますが、全体としては柔らかく体やスタイリングになじむ柔軟な印象がシーンを問わずに毎日持ち歩きたい気持ちにさせてくれることと思います。

キャンバス×レザー

もう言うまでもないイルビゾンテらしいレザーに、キャンバス地を合わせることで経年変化にはギャップが出来てきます。これが絶妙!柔らかく艶を増して育つレザーに対して、くすんでいくキャンバス地、エイジングの魅力たっぷりにワイルドに使っていただきたい大容量トートバッグです。取り外しのショルダーコードは使わなくて垂らしておきたいところ、イルビゾンテ特有のレザーの雰囲気をそんな部分からもにじませて使うと通かもしれません。

終わりに

最後までご覧いただきありがとうございます。いかがでしたでしょうか?
育ててみたくなりませんか?
共に育む価値と、唯一無の味わいを是非堪能してみてください。気が付けばあなたの手元のイケメンな革小物がさりげなくもしっかりとした存在感で、あなたの男を格上げしてくれている日が来るかもしれません。男女問わず人気の【IL BISONTE】要チェックです!

OCTETnagoya 店長 滝本

Pocket
LINEで送る