一味違う!大人の夏コーデを身に着けよう

top
Pocket
LINEで送る

夏になると暑くなり薄着になる機会が増えてきますよね。そんな時に気を付けなければいけないのが、だらしない格好にならないことです。

薄着になりすぎるあまり、見た目よりも涼しさを重視した結果、子供っぽくなってしまったり、野暮ったい印象になるケースが多く存在します。

そんな時に気を付けるべきポイントとオススメのアイテムを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

大人の夏コーデのポイントはこれ!

1、Tシャツの生地感

554

出展:Italy Web

暑い夏に分厚い生地のTシャツを着るのは嫌ですよね。そう考えて、薄いヨレヨレの生地感Tシャツを着てしまっていることはありませんか?1枚できるのはもちろんのこと、インナーとして着ることも注意が必要です。

1枚で着ている場合、もちろんそのTシャツ1枚ですから涼しさは抜群ですが、ヨレヨレの生地感では清潔感もなく、大人の男性としては0点ですね。インナーで着ている場合でも、夏ですといつ脱ぐことになるかわかりませんし、吸汗性も悪いため、トップスに汗が浮き出てくる恐れがります。

暑さ対策はある程度重要ですが、大人の男性であれば、薄すぎる生地を選ぶのではなく、見た目を重視した生地のTシャツを選ぶようにしましょう!

2、シャツの素材選び

0349_20130417_shup

出展:Adastria

続きましてはシャツの素材選びです。先程のTシャツの生地感と似ている内容になるようですが、シャツの素材選びも非常に重要です。

夏のシャツ素材のオススメはリネン(麻)を使用しているシャツです。理念は夏向けの風合いが好まれている素材ですので、夏に重宝する素材です。このシーズンになりますと、リネンシャツは多く販売されておりますので、見つけるのも非常に簡単です。

リネンは見た目の涼しげな印象だけではなく、もう1つ夏にピッタリな特徴があります。それが吸水性の高さと速乾性です。夏は汗をかきやすい季節ですので、自分で気づかない時でも大量の汗をかいているのです。そんな汗をリネンであればサラりと吸い取ってくれますので、安心です。

また、自宅でも洗いやすいアイテムですので、選択頻度が多くなる夏にはうってつけのアイテムです。見た目と機能性の高さを両立させた、リネンシャツをご活用ください!

3、パンツの長さ

01_rect480

出展:MENS CLUB

次にご紹介するのはパンツの長さです。夏になると普段よりも丈の短いパンツを履くことになりますよね。普段スーツのスラックスばかり履いている人も多いかと思いますが、休日にどんなパンツを履けばいいのか悩むことはありませんか?

夏場にオススメなパンツの長さは、くるぶし丈の9分丈もしくは、膝に掛かるくらいorひざ上数センチ以内のショートパンツです。

どうしてもいつも通りの長ズボンですと暑苦しい印象になってしまいますよね。かといって、夏専用のくるぶし丈パンツを買うのはもったいないと考えの方には、ロールアップをオススメします!ロールアップをすることで簡単にくるぶし丈に変身できますし、秋になれば普段通り長ズボンとして使用可能なので、お手軽です。

くるぶし丈がOKなら7分丈は?と考えることもあるとおもいますが、7分丈は子供っぽくなりがちですので、注意が必要です。
大人の夏コーデでは、くるぶし丈もしくはショートパンツを守り、カッコイイ大人のファッションをお楽しみください!

4、コーデのポイント、シューズ選び

ここでご紹介するのは、夏のおすすめシューズです。今回はリゾートなどでの利用ではなく、街中での利用を想定したオススメです。

大人の男としてサンダルスタイルはNGですね。一味違いを出したいのであれば、涼しげをキープしつつカチッとした印象にもなる、スリッポンやエスパドリーユがオススメです。

これらの靴であれば、ラフに履くこともでき、かといってサンダルほど崩した印象にはならないので、街中での使用にも向いており、コーデも引き締めてくれます。
極端な例ですと、画像のようにダブルのジャケットにも合わせることすらできるような万能アイテムです。

夏=サンダルというイメージが強かった方、是非スリッポンなどラフに履きこなせるシューズをお試しください!

5、ワンポイントで活きるアクセサリー

最後にお届けするのはワインポイントで活用したいアクセサリーです。夏の小麦色にはアクセサリーの煌めきがピッタリとマッチします。特にゴールドがオススメです。

メンズでアクセサリーを付けていると、どこかやんちゃな印象がありますが、ジャラジャラしたものやカラフルなものなど派手なものを避ければ、スマートな印象でつけることができます。

気を付けるべき点はネックレスであれば、カラーと長さですね。もちろん奇抜な色は避けたいですし、長すぎる場合ですとシャツなどと同様に野暮ったい印象を受け、短い場合ですと女性向けチョーカーのように見えてしまいます。最適な長さは胸元のボタンをあけた時に見えるくらいの長さです。

ブレスレットの場合は、太さです。腕時計を付けている方は良くわかると思いますが、ゆるゆるの時計はカッコ悪いですよね。同様にブレスレットでもゆるゆるですと非常にカッコ悪いです。そのため、ご自身の腕の太さにあったもの、もしくは自由に長さを調整できるブレスレットがオススメです。

是非アクセサリーをコーデのワンポイントとして活用してみてください!

最後に

大人らしさをキープしつつ、夏のファッションを楽しむポイントをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

全てをいきなり取り入れるのは難しいと思いますので、まずは気になった点を1つずつお試しください。夏にしかできないコーデが多くありますので、秋になってから後悔しないように、夏コーデを思う存分楽しんでください!

Pocket
LINEで送る