夏のシャツの着こなしは「柄&はだけ」で小粋な雰囲気

3top
Pocket
LINEで送る

暑い夏も間近に迫るような気温の上昇と共に、身にまとう布の枚数も日々減っていくわけではありますが、もちろん裸で出歩くわけにもいかないわけで、やはり、男が最終的に行きつく先はシャツではないではないかと思うわけです。

じゃあシャツ一枚の着こなしを
どう涼しげに?
どうかっこよく?
どう粋に?
どうセンス良く?
というのがテーマになってくるわけですが、
ご提案したいのは「柄&はだけ」をキーワードとした着こなし。

文字通り「柄」というのはシャツの生地のパターンのことです。パターンプリントのシャツはここ最近のトレンドにも大きく乗り、非常にラインナップも充実しているので、選ぶだけでも楽しいはず、花柄もあれば、幾何学系もある、ドットもあれば、ペイズリーも、主張の強い柄物使いが、シャツ一枚のコーディネートをしっかりとした存在感で支えてくれます。
では、「はだけ」とは?
それは、きっちり着こなすのではなく着崩したラフ感を作るということです。てっとり早く言いますと、「ボタンを2つ以上あける!」これだけです。

この二つで着こなしがどうなるのか、今回のシャツコーディネート5選。
是非ご覧ください。

1、大人のホワイトコーデ
1
【着用アイテム】

シャツ

パンツ

サングラス

ホワイトパンツを使った無地と柄の対比で見せる大人のホワイトコーデ。
キレイ目なホワイトパンツに合わせたシャツは袖をぐるぐるっとまくって、ボタンは2つ明けでラフ感をアピール!サングラスもこの季節には大事なキーアイテムとなりますので、開いたシャツの胸元にひっかけておくのもいいですよ!

同色系アースカラー×小柄のイエローシャツ
2
【着用アイテム】

シャツ

パンツ

サングラス

同色系アースカラーに小柄のイエローシャツが映えるこのスタイルは、トータルでの色のの雰囲気を合わせることで爽やかになりそうなイエローカラーの柄シャツを渋く粋に着こなすことが出来ています。ベルトやサングラスで引き締め効果のある重めのブラックやダークブラウンを使えばメリハリの効いた着こなしになると思います。

3、柄シャツ×デニム
3
【着用アイテム】

パンツ

シューズ

シャツとシューズを重くした、存在感抜群の柄シャツはシャツ印のきれい目スタイルではなく、デニムにシャツはアウトできるラフ感のある着こなしで雰囲気たっぷりのカジュアルスタイルに!仕立ての良いシャツはボタンを開けてもきれいなシルエットはそのままに、抜け感だけが男の絶妙な隙として残ります。

4、柄シャツ×カラーパンツ
4
【着用アイテム】

シャツ

パンツ

シューズ

目を引くカラーパンツに合わせてのスタイルは、シルエットが大事!パンツのシルエットと短丈の足元をキレイに作ることで細かくも存在感たっぷりの柄シャツがバランスよく乗っています。開いた胸元はさらに襟を立てることで涼しげで、なおかつこなれた雰囲気で行ける!あえて襟はぐしゃぐしゃでも着こなしに抜け感が出ていいのでは?

5、柄シャツ×カラーデニム×スニーカー
5
【着用アイテム】

シャツ

パンツ

サングラス

最後はカジュアルに振った着こなし。スニーカーにカラーデニム。ここにだって柄シャツがはまるんです。アウトで着てもポケットが見える着丈とシャツの柄のPOPさもポイントです。襟たて、2ボタン開けはここでも健在です。デニム系のパンツに柄シャツの場合は濃い色のデニムでは重く、暑苦しい印象になりがちなので是非短縮形のウォッシュデニムか写真のようなカラーを選ばれることをお薦めします。

最後に…

さてさて、今回も最後までお付き合いくださりありがとうございます。
シャツの着こなしを私の独断と偏見で綴った「柄とはだけ」をテーマとした着こなし、ご参考にしていただければ幸いです。きれいで終わらない、リラックス感とワイルドさは同時に持てるし、着こなしに隙を作るのが持てる大人のでは??なんて思うのも今日この頃です。涼しげでセクシーな胸元は、ラフを理由に作る男の武器となるかもしれませんよ(笑)
ではでは楽しいシャツライフを!NO SHIRT NO LIFE!

Pocket
LINEで送る