今シーズンはボタニカル一点投入でトレンドを掴め!

eyecatch
Pocket
LINEで送る

男性が花柄を着るようになって数年、ジェンダーレスと言われる男性も女性も区別のないファッションの提案も進んできました。しかし、男が花柄は可愛いすぎるだろ?と、オレには似合わないよ!と、なかなか抵抗が拭いきれなかった人も多かったはずです。しかし、今注目を浴びるのはそんな男も着やすいかわいさを男のワイルドさに変化させたボタニカル柄(植物柄)!すっかり定着したカモフラ柄は男性に柄物を着る抵抗感をなくしてくれました。でも、普及しすぎて、みんなが着ているのもおもしろくないし、今から着るのって若干時代遅れ感がいなめない、だからこそ、次に取り入れていただきたいのがボタニカルなのです!花はなくても、というかあえて自分で着なくても、隣に取って置きの花が一人いれば十分ではないですか?

このトレンドは非常に大きな流れとなって、あるお店ではどこを見てもボタニカル!なんていうところもあるみたいです。でもそんなに派手にやってはこれまた流行意識しすぎみたいで恥ずかしいし、なんかやり過ぎな気もしてしまう。

提案したいのは、一点投入!
これでトレンドもバランスよく取り入れた旬な着こなしをさりげなく、おしゃれに着こなしていただけるはずです。

では、一点ボタニカル投入の5選

1 ミリタリーカモフラをボタニカルで進化!

大柄もミリタリー色の強いカーキ色で使えば、しっくりなじむのに印象はこれまでよりもグッとおしゃれに見えるはず!デニムとの相性も抜群なので男らしいシンプルなスタイリングに一点投入がオススメです。

商品はこちら

2 流行先取りのバミューダパンツ

夏を感じさせるカラーも豊かなバミューダパンツ!今季もこのバミューダは流行る予感。そこでぜひボタニカルを選んでいただきたい。派手くらいがちょうどいいのです。トップスはシンプル目に持って行き、トロピカルカラーにインナーを寄せることで、早目から長袖×バミューダパンツの組み合わせでぜひ挑戦してみてください。

3 足元にもボタニカル

これはどこに一点投入かというと、足元に投入!
ここは外せない。それほど白スニーカーは今シーズン大事なアイテムではありますが、そこにあえてボタニカルエッセンスで差をつける。決して主張しすぎない、でも確実に取りこぼさない、そんなさりげなさがカッコいいと思うのは僕だけでしょうか?

商品はこちら

4 個性派パンツで勝負

個性的なパンツで投入スタイリングは全体の雰囲気勝負!
足元とトップスはトーンを落とし、渋めに組んだところに、主役登場。存在感のある個性的なパンツをあえて引き立たせることで全体のバランスもまとまります。
スタイリッシュなテイパードラインや足元のフォーマル感などあくまでもきれいに着ることがポイントとなると思います。

商品はこちら

5 初心者におすすめ!インナーにボタニカル

最後は、取り入れやすさはナンバーワン。インナーボタニカル一点投入。
どんなに派手な柄もインナーだったらハードルも低いはずです。
Tシャツやカットソー、そしてシャツなどでさらっと取り入れて、今季のテイストをプラス。今回はマリンテイストのアイテムに挿すことで印象はガラッと変わりました。今回はカーディガンですがジャケットでもいいと思いますよ。

商品はこちら

最後に

終わりに・・・・・・
さてさて最後までご覧いただいた方ありがとうございます。ご参考にしていただければ嬉しいです。やりすぎないでも外さない。「さりげない今っぽさ」ここを1点ボタニカル投入でぜひ挑戦してみてはいかがでしょう?
カモフラに飽きたら、花柄につまずいたら、きっと今季トレンドの中心になるこの柄は手を伸ばしやすいはずです。きっと目にすることも多くなるボタニカル柄をあなたらしく、無理することなく着こなしてみてください。

Pocket
LINEで送る