好感度が急上昇!デキル男子風ファッションは、女子のハートもキュンキュン

post-38521-0-26060100-1345895064_top
Pocket
LINEで送る

ファッションに興味を持っている方の中には、好感度を気にされている方は多いのではないでしょうか?直接的に好感度という言葉ではなくても、周りからどう見えているのか・どう映っているのかという点を気にされている方が大半かと思います。

気にはしているものの、なかなか好感度を上げる、周りからの印象を高めるのは難しいですよね。ましてや女性の心をキュンキュンさせる、ファッションというのは至難の業かと思います。

今回はちょっとした心がけで実現できる、女子の心をキュンキュンさせちゃう、デキル男風ファッションをご紹介します!

女子のハートがキュンキュン!これが好感度アップコーデ

1、定番のスーツでデキル男を醸し出す

1414461602078

出典:imgkid.com

デキル男のファッションと聞いて一番最初に頭に浮かぶのはやはり、スーツスタイルではないでしょうか?
スーツと言ってもブラック、ネイビー、グレーなど様々なカラーがあり、シャツも無地・ストライプ、カラーシャツなど多岐に渡ります。ネクタイに至ってはカラーからデザインまで言葉では表せないほどの種類がありますよね。

そんなスーツの中でもっとも気にするべきポイントは「シルエット」です。どんなに高級なブランドのスーツを着ていても、ダボダボでその人の体に合っていなかったら台無しですよね。
上着は長すぎても短すぎてもダメです。長すぎると野暮ったい印象を与え、短すぎるとカジュアルな印象になってしまいます。
パンツも上着同様サイズを合わせることが必要です。ご自身で最適な長さが分からないという方は是非お店の方に相談してみてください。

2、こちらも定番のジャケットスタイル

スーツに続いてこちらも定番のジャケットスタイルです。ジャケットもきっちりとした印象で女性からの好感度も高くなりやすいのではないでしょうか?
ジャケットもただ着ているだけではなく、しっかりと着こなすことが好感度アップには必要ですね。

では、ジャケットスタイルで重要なポイントはどこでしょうか?それはスーツと同様にシルエットです。大人のファッションはシルエットで決まるケースが非常に多いです。
ジャケットスタイルではスーツとは異なり若干短めの丈でも許容されます。ジャケットスタイルでは長すぎる方が印象が悪くなってしまいますのでご注意ください。

また素材も重要になります。定番のコットンや春夏用ではリネン(麻)、冬用ではウール、更には最近ではジャージ素材などありますので、TPOに合わせてカジュアル寄りの場合はジャージ素材を取り入れるなど、遊び心を出してみては如何でしょうか?

3、カモフラ柄で大人の着崩しテク

Monsieur Jerome

出典:MONSIEUR JEROME

デキル男子風のファッションはかっちりと決まったファッションだけではありません。
ちょっとした外しテクニックを使える男性も素敵ではないでしょうか?
こちらはカモフラージュ(迷彩)柄のパンツをコーディネートしている例です。カモフラというと子供っぽくてちょっと・・・。とお考えの方もいるのではないでしょうか?
しかし、大人の男性が着ても十分にカッコいいスタイルに見えるのです。ただ1点注意が必要です。
トップスや靴には十分に気をつかう必要があります。トップスも子供っぽい印象のものですと、どうしてもデキル男には見えません。ジャケットなどしっかりしたスタイルですと、よりカモフラ柄が際立ちますので一工夫した上でのコーデが必要ですね。

4、白パンツで大人の色気を演出

白パンツをコーデに取り入れるのは難しいからという理由で避けている方もいるのではないでしょうか?初めて白パンツを履く時は勇気がいるかと思いますが、一度試してみますと案外コーデしやすいアイテムということに気づいて頂けるかと思います。
春夏は特に白パンツの出番が増える季節です。白パンツを履きこなしている男性は印象がグッとあがります。

白パンツのコーデで抑えておきたいのは、トップスで合わせるアイテムのカラーです。パンツが白と薄いためトップスにはネイビーやブルーなど濃いめのアイテムを持ってくるとコーディネートが引き締まります。非常に爽やかな印象を与えるコーデですので、女子のハートがキュンキュンすること間違いなしでしょう!
おしゃれ上級者の方ですと、白パンツの白シャツを合わせるといったテクニックもございますので、こちらもお試しください。

5、程よいカジュアル感がオススメのローファー

721fdb9ac6121ff58803c65042508233

出典:stylekick

最後にご紹介するのが、ローファーを用いたコーデです。ローファーとは、靴ひもを結ぶ必要のない靴で、スリッポンと呼ばれることもあり、気楽に脱いだり履いたり出来るシューズです。主に革で作られることが多く、準フォーマルにも使えるアイテムとして知られています。

日本ではあまり馴染みがないという方もいるかと思いますが、海外では日本に比べスーツやジャケパンに組み合わせるアイテムとしても人気があります。

今回は特におすすめのスタイルを2つ厳選致します。
1、ジャケット+ローファー
トップスにジャケットを着用し、ローファーを履くスタイルです。ローファーは上品なスタイルにも合い、程よいカジュアル感を出してくれますので、好感度アップに打ってつけです。

2、シャツ+ローファー
トップスにシャツを着用し、ローファーを履くスタイルです。先程のジャケットとのコーデと比べますとよりカジュアルな雰囲気となりますので、デートや飲み会の時のファッションとしてもオススメです。

最後に

5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
スーツやジャケットという定番スタイルから、迷彩柄などのちょっとひと工夫を入れたスタイルまでご紹介いたしました。

好感度をあげるためにはシルエットにこだわることが最重要ですので、これらのコーデを参考にしつつ、ご自身にあったシルエットのアイテムを着用して好感度アップを目指しましょう!

Pocket
LINEで送る