デキる男はここが違う!!モテスタイルの秘訣

top
Pocket
LINEで送る

とくに奇抜なアイテムを持つわけでなく、独創性のある着こなしをしている訳でないのに引きつけられる、さりげない着こなしなのに何時もいい雰囲気を出しているデキる男は何処が違うのでしょうか?
それはほんの些細なポイントなのですが、それを見逃さずに取り入れているからこそ、デキる男といわれる所以です!
今回はこのポイントを大公開!このポイントを抑えて今日から取り入れれば、あなたもデキる男の仲間入りです。さあ、早速見ていきましょう。

お手本着こなし5選

ストライプシャツの着崩し方

今期の流行で、一押しのきれいめアイテムはストライプのシャツです。羽織ったり、ジャケットとあわせたりと使い勝手はバツグンです!
よく街でも見かけるこのアイテム、デキる男の着こなしとしては一工夫したいところです。今回の写真はきれいめアイテムをカジュアルに着こなしていますね。
デニムをロールアップでスニーカーとあわせベルト付近のみインすることでシャツ独特のかっちりした雰囲気はカジュアルに変身しています。
また、ブレスレットと時計で手首周りの表情をだし、スニーカーもシックなカラーにすることで大人度が際立つ着こなしのポイントです。
しかし、一番のポイントはシャツ、パンツともにジャストサイズできれいなラインのため上品さを保った仕上がりという点でしょう。

男の魅力を抑え切れてない黒のvネック

黒のvネックほど男性の魅力を主張するシャツはないのではないでしょうか?
シャツの下から強調される身体のライン、Vネックからのぞく鎖骨のセクシーさを嫌う女性などいるのでしょうか?
もちろんやり過ぎは下品になりますので、見極めは必要です。
この写真の着こなしは、シンプルな黒シャツ×色味を抑えたペイズリー柄のパンツ、ここにアクセサリーとベルトでアクセントをつけています。
たくさんの小物を使っていますが、色を統一し色味は抑えていることでごちゃごちゃした印象にはなりません。
そしてこの着こなし最大のポイントは、シャツのサイズです。どんなに完成されたコーディネートもサイズが違うだけで野暮ったい印象になってしまします。
逆を言えば、少々なんでもサイズが合っていればオシャレに着こなせるということです。ぜひ自分のジャストサイズを見つけてくださいね。

流行のデニムシャツをしっとり着こなす

大人だって流行を取り入れた着こなしの日だってあります。
去年から続いてデニムシャツが流行していますが、デキる男の着こなしはこんな感じ!
デニムのインにあわせるのは、白シャツやボーダーシャツが定番ですがあえての柄シャツをチョイスしました。
ですが、デニムカラーのチマヨ柄なら色馴染みがよく浮いた感じやうるさい印象がでず、しっとりと存在感を主張することができます。
インに着るシャツは、同じテイストのカラーであることがポイントです。
デニムカラー意外にはグレーとの相性がよく、日本人の顔に似合いやすい色といわれているのでおすすめですよ。
また、今回はボタンは全開ですが、上半分をとめ、下はあけておくことでハイセンスなチラ見せコーデとなりこちらもおすすめです。

キルティングジャケットでラフな休日ファッション

ちょっとそこまでだって気を抜かない。デキる男はいつでもかっこよくありたいですね。
でも、ぱっと出かけたい!なんて時にはキルティングジャケットはいかがでしょうか?
カジュアルでありながら、キルティングの持っているきちんと感が大人のカジュアルらしく上品に仕上げてくれます。
今回はデニムのロールアップでカジュアルに着こなしていますが、スニーカーではなく革靴を合わせるところがカジュアルになりすぎない重要ポイントです。
また、このジャケットなら、きれいめパンツをあわせるときちんとした印象の大人カジュアルに変身します。
インにネイビーのシャツ×ベージュ系のグレン・チェックのパンツなんて着こなしもおすすめです。

チェックシャツを大人カジュアルに仕上げる

オシャレに目覚め始める10代、活動範囲が広がり流行を追いかける20代を経て、30代の渋みをスパイスに艶を増してきている大人の風格漂う男性。
さて、ここまできたら今までのファッションも見直しが必要ではありませんか?
若い頃と同じではなく、ちょっと上質なものをセレクトすることで大人の色香は益々魅力を増していきます。
大人に相応しいアイテムを、選ぶポイントと共に、厳選し5つご提案しますので、どうぞご覧下さい!

最後に

いかがでしたでしょうか?サイズや、カラー、ちょっとしたテクニックで飛躍的に着こなしは成長します。
体型に自信がなくて、ダボついたりピチったりサイズの合わないものを着ていませんか?
それでは、隠したい部分が強調される結果になりかねません。まずは鏡の前でワードローブをチェックしてみませんか?
デキる男はすぐそこです!

Pocket
LINEで送る