目指せ爽やかダンディー!スポーティーカジュアルで好感度アップ!

^DCB77745F665AC04BEF8570DEDA6B63CB595A1CA0CD8039CDF^pimgpsh_fullsize_distr のコピー
Pocket
LINEで送る

メンズファッションの定番にスポーティーなコーデがありますが、最近の流行は仕立の良いジャケットなど大人アイテムにTシャツやレザースニーカーを合わせる感じのテイスト、スポーティーカジュアルがきています。
スポーティーなアイテムだけでは少年のようなコーデになりがちですが、そこに質のいい大人のアイテムを足すことで大人かっこいいテイストが出来上がりです。
今回は使える!着まわせる!カジュアルアイテムを5つ厳選し、大人アイテムとのコーデを考えていきたいと思います。

爽やかアイテム5選

1・主張するスマート&シンプル!ミドルスニーカー

mta15s1226-white

足元のおしゃれをつかさどる王道アイテムとして注目のスニーカーは、スポーティーカジュアルでも大活躍!
イタリア産のホワイトレザー×ボタニカルプリントのキャンバス地の組み合わせで、夏を思わせる雰囲気ですね。
つま先のレザー使いのおかげで長くはいても型崩れの心配はなく、長い付き合いの相棒となるでしょう。
コーデは、襟付きシャツ×ロールアップパンツのようなコーデをスニーカーで外せば、こなれ感溢れるスタイリングに変身!
また、よりスポーティー色を強く出すなら、パンツは細身のスウェットパンツをお勧めします。
最近流行のスウェットパンツはきれいめなデザインが多く、履くだけで簡単にスポーティーカジュアルがつくれます。

2・スポーティーな印象なら外せない!ロゴTシャツ

sport2

ロゴTを着るだけで半分はスポーティーコーデの完成ですが、さらにその印象を仕上げるのにはスポーツブランドアイテムがお勧めです。
特に「adidas」の金箔系プリントをフロントに輝かせ、インパクト大のDSQUARED2の新作シャツは文句なしの存在感を誇ります。
ポイントは存在感を主張するプリントとは対象的にバックの首もとに印刷されたロゴメッセージです。こういった細かい仕様はお好きな方も多いでしょう!
薄手の生地はさわやかな着こなしを助け、その柔軟さで金箔プリントはひび割れもありません。
コーデの王道を行くなら、ジーンズ×スニーカーですね。正に定番中の定番で、スッキリスポーティーに着こなすことができます。
少し崩して小慣れ感をだすならジャケット×ワークパンツなんて組み合わせもお勧めですよ。

3・キレイめスポーティーカジュアルを簡単につくる魔法のアイテム、ロゴパーカ

sport3

カジュアル一直線のアイテムと思いきや!パーカーは、ジャケットやキレイめなパンツなど大人アイテムとも相性が抜群です。
普段のきれいめコーデのインや、羽織にパーカーを合わせるだけで、一気に印象はスポーティーに!
ジップタイプ「CLEESE」の新作パーカーは、ネイビー×イエローのカラーでコーデしやすくヴィンテージスタイルで小慣れ感を演出する一枚です。
スポーティーカジュアルを気軽に楽しめちゃうアイテムなのでワードローブに加えておきたいアイテムですね。
このアイテムをスポーティーカジュアルに着こなすなら、断然ミックスコーデです。きれいめパンツ×インにTシャツ×ニットキャップなんていかがでしょうか?

4・何を外してもこれは外せない!? コットンキャップ

sport4

小物ですが、あなどりがたい実力の持ち主、キャップのご紹介です。
存在感のある小物は脇役ではなく、全体のテイストを左右するキーアイテムといったほうがしっくりくる風格です。
あえてキャップをメインにコーデを組み立てるのも面白いですね!
キャップのベースカラーに近い青のチェックシャツ×ホワイトパンツにジャケットや、パンツとシャツはあえてのモノトーンで靴とキャップのカラーをあわせたコーデなどがお勧めです。
様々なアイテムと相性がいいですが、ロゴ物やパーカーは気をつけないと少年のようなコーデになりがちですので鏡の前でチェックが必要かもしれません。

5・ただのジーンズじゃない!スウェットジーンズ一択

sport5

スポーツカジュアルのパンツに欠かせない代表的な素材として、デニムとスウェットがありますね。
DIESELの“Jogg Jeans”はそれを一つに融合しスウェットジーンズを生み出しました。
ジャージ素材のような伸縮性で履き心地は滑らかでフィット感が心地よいのに、見た目はジーンズといったハイブリットな一本です。
シルエットは股が深過ぎることなくスキニーデニムのような細身で、スウェットパンツの快適な穿き心地を実現した優秀なパンツです。
コーデするなら、ダウンベスト×長袖カットソー。ダウンベストは靴と同系色やテイストをあわせると統一感が出ます。

最後に

5つのアイテムを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
どれもワードローブの中にあるアイテムなのではないかと思います。そこにテイストの違うものをミックスするだけでまったく違った表情が生まれます。
ファッションとは本当に奥が深いですね!
これ以外にもスポーティーアイテムとフォーマルなジャケットなども相性がよく、海外のオシャレさんなどを参考に自分なりの法則などを研究してみるのも楽しく、勉強になりお勧めです。

Pocket
LINEで送る