モテ力アップ!肉食系ファッション5つのポイント

tumblr_milc9ewGBi1qbzvtjo1_1280
Pocket
LINEで送る

あなたはどのようなコーディネートを見て、「肉食系ファッション」だと感じますでしょうか。

今や、ファッションのジャンルは数多く存在しています。
取り組みやすい「カジュアル系」から「モード系」「プレッピー系」「きれい系」など様々です。

その中で、一番女性にモテるジャンルと言えば、やはり「肉食系」ファッションではないでしょうか。

現在、「肉食系女子」が年々増えています。「肉食系女子」とは、『いろいろなことに積極的な女子』のことです。食べることにはもちろん、仕事にも行動的です。そういった女子は積極的なので、仕事ができたりメンバーの中心になったりすることが多くあります。

そういった女性が好きなジャンルが「肉食系ファッション」です。
男らしい着こなしに引かれるそうで、何より一緒にいてかっこいいと思われたい心情が女性にはあるそうですよ。
女性に限らず「肉食系ファッション」は男らしさを出してくれるので、男性受けも良いです。

では「肉食系ファッション」のポイントとは何でしょうか。
4つにまとめてみました。

・小物使い(サングラス等)
・シューズ
・デニム使い
・帽子類

今回はこの5つに絞って紹介していきます。

「肉食系ファッション」といっても、その幅は広いです。例えば、日本と海外では「肉食系ファッション」の捉え方も違うでしょう。

読者の中には「肉食系ファッション」と聞いて、いかつい印象を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった方でも安心な、初心者の方でもワンポイント取り入れられるようなものを紹介していきます。
小物使いを制すればモテ服コーディネートを作っていく事が出来ます。
さり気なく自分を主張したいのであれば、細部にまで気を抜かないのがポイントです。 オシャレに慣れてきたら、少しずつ様々な小物に挑戦するのもいいですね。

男らしいコーディネートを身に付けて彼女をエスコートしてあげてくださいね。

5つのポイント

・肉食系小物使い

TOM FORD

まず、紹介していきたいのが「小物類」です。
その中で、初心の方も気軽にワンポイント足すとしたら「サングラス」はいかがでしょうか。
サングラスといえば、ギャルのアイテムというイメージが強いかと思いますが、実はそんなことはありません。
もはやギャルだけのアイテムではなくなってきました。
写真のサングラスのよう、にクラシックな顔立ちですが、やや小さめのフレームのものだと簡単に取り入れていく事ができます。
「肉食系ファッション」で欠かせない小物といえば、サングラスではないでしょうか。もちろん理由は他にもあります。
顔周りは一番見られるところですし、ワンポイント足してみるとさらにイケてるスタイルになります。
写真のようなクラシックなサングラスを選ぶと男臭くなりすぎず、知的な感じを出していけます。
いきなりブラックなものやモードなサングラスは初心者には難しいかもしれません。ですが、クラシックさやカジュアルさがあれば、好きなスタイルの雰囲気を壊すことなく取り入れる事が出来ます。
サングラスにもカラーやフレームが様々ありますので、一番お気に入りのものを探してみるのもいいでしょう。

・シューズ

BOW-TIE

次に紹介していきたいのが「シューズ」です。「おしゃれは足元から」とよく言いますが、それは「肉食系ファッション」でも同様です。
やはりモテる男はシューズにもこだわっています。シューズといえば地味めなものを選ぶ方も多いでしょう。
もちろん柄のないシューズも良いですが、モテる男はカモフラやヒョウ柄のシューズを選んでいます。それは、一気に足元から目立つスタイルを作れるからです。
目立つシューズを履いていると女子の目を引き付ける事が出来ます。女性も足元はよく見ているそうですよ。
また、シューズを変えてみるだけでも、スタイルの雰囲気はグッと引き締まります。
ヒョウ柄のシューズは街中で履いている方も少ないですし、今回をきっかけに取り入れてみるのも面白いかもしれません。
夏には柄のシューズには短パンの組み合わせがおすすめです。一気に足元から垢抜けたスタイルを作ることができます。
また、おしゃれが上手い人はシューズをうまく活用しています。
シューズには柄だけではなく、例えばレザー素材など素材にこだわっているアイテムもあるので、自分だけのシューズを探してみてはいかがでしょうか。

・デニム使い

GAS

デニムといえば、パンツのイメージが強いと思いますが、女子にはデニムジャケットやデニムシャツも人気があります。
このデニムジャケットは、薄手の生地感なのですが、色落ちの変化も激しく、自分だけのデニムジャケットに仕上げていく事が出来ます。
デニムジャケットのイメージとして秋・冬の印象が強いのではないでしょうか。厚手のアウターの印象が強いですが、実は春でも着れるような薄手のものも増えてきています。実際に春口にはデニムジャケットの腕を捲って着ている、おしゃれな方もよく見かけます。
デニムシャツはもっと気軽に「肉食系ファッション」として取り入れていく事が出来るのではないでしょうか。
一口にデニムシャツといっても、カラーが淡いものから濃いもの等、様々です。筆者は色落ちの変化が分かりやすい濃いデニム生地がおすすめです。
逆に色落ちが苦手な方は変化が分かりにくい淡いものが合うと思います。デニム使いが上手い方は別にキメてるように見えなくても、女性の目を惹きつけています。
元々、デニムは労働者の服がルーツですので、生地が丈夫で男らしく捲ってみたりして着こしてみるのが良いです。
「自分だけのデニムジャケット」なんてかっこいいですよね。女子からの人気も高いです。

・帽子類

DIESEL

最後に紹介するのが「帽子類」です。いくらシャツやパンツが決まっていても、ハットがイケてなくて締まらない方は多いですよね。それはポイント1でも述べた通り、顔はよく見られる部分だからです。ハットも「肉食系ファッション」には欠かせません。
帽子類にはキャップやニット帽もありますが、男の魅力を上げたいなら間違いなくハットではないでしょうか。
と言っても、こちらも難しいものではないので、気軽に取り組んでみてください。
写真のようなブラックのハットだと、「肉食系ファッション」はもちろん、様々なコーディネートにハマるのではないでしょうか。ブラックだと、どんなスタイルも邪魔せず、男らしさを上げてくれます。
ブラックが難しいなと思う方はキャメルやボルドーのハットはいかがでしょう。
ブラックほど男らしさを出さずに、女性の目を惹きつけてくれます。
ハットにも様々なカラーがあり、また、デザインも多岐に渡っています。ワンポイントでリボンが入っているものや柄があるものなど、様々です。
ワンポイント引き立てくらいなら、柄も良いですが、無地のハットが簡単に馴染んでくれるはずです。
ブラックに限らずハットは女子ウケもよく、よく街でも見かけます。被るだけで良いので、「肉食系ファッション」を始めようと考えている方にとって取り入れやすいアイテムだと思います。

最後に

いかがだったでしょう。
「肉食系ファッション」といっても難しいことはなく、誰でも簡単に取り入れていく事が出来ます。
女子も男らしいスタイルが好きな方が多いので、まずは一点取り入れてみたらいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください。

Pocket
LINEで送る