簡単にできる!お気に入りの革靴を長持ちさせるためのお手入れ方法

革靴手入れ
Pocket
LINEで送る

オシャレは足元からという言葉があるように、コーディネートを考えるときに靴にもこだわるという方は多いと思います。ファッションは全体的にオシャレだし、靴も上質でカッコイイ。でもなにか惜しい感じがする。そんなときもあるのではないでしょうか?

そんなときに一度チェックしたいのが、靴がボロボロだったり、汚れていたりしないか。どんなにオシャレなものでも汚れていたりしたら魅力は半減。靴が汚れていたり手入れが行き届いていなかったりすると、女性にモテないなんて話もあったりなかったり・・・

そこで今回は、靴でオシャレを台無しにしないために日頃から気をつけておきたいポイント手入れ方法をご紹介します。

革靴を履くときに、日々気を付けておきたい3つのポイント
革靴の手入れ

同じ靴を続けて履かない

革靴は、1日履くとコップ1杯程度の汗など水分を吸収します。その水分を吸収してしまった靴を完全乾燥させるためには、2日程度かかります。2日間使わないのはムリという方は、最低でも1日は感覚を空けるようにしましょう。カビや匂いの原因になってしまいます。

もし毎日でも履きたいくらいお気に入りの靴があった場合には、2足購入することをおすすめします。

着脱時は丁寧に

靴をはくときには、たとえ面倒だったとしても、必ず靴べらを使用するようにしましょう。少しくらいなら大丈夫じゃと思うかもしれませんが、革を傷める原因となります。また、脱ぐときも同様で、必ず紐を解いて脱ぐようにしましょう。

靴を長持ちさせたいなら、多少手間でもぜひやってみてください。

履く前の防水スプレーを忘れずに

革靴にとって水分は大敵です。購入後、履き始める前に必ず防水スプレーを掛けるようにしましょう。履き始める前に防水を施すことで、靴の寿命は確実に伸びます。

また、初回に掛けたからもう大丈夫だと安心しないでくださいね!スプレーの効果は徐々に薄れていきますので、定期的に防水スプレーを掛けてください。

靴を長持ちさせる簡単なお手入れ方法
靴の手入れ

帰宅後に簡単にブラッシング

帰宅後に、靴用ブラシなどで簡単に掃除し、1日の汚れを落とします。汚れは、水分と同様にカビなどの原因となりますので、注意が必要です。また、時間が経つと汚れを落としにくくなるので、その日の汚れはその日のうちに落とすことを心がけましょう。

木製のシューキーパーを活用し、乾燥および形を整える

革靴を履いていると、どんなに丁寧に扱っていたとしても形が崩れてきます。なので、履いていないときにはシューキーパーを活用するようにしましょう。

特に水分を吸収するので、木製のものがオススメ!そこまで高価なものでなくても、効果が期待できます。

週に一度は、しっかりケアを!

上記の2つの手入れを行いつつ、週に1回程度専用クリームなどを用いて、しっかりと磨いて汚れを落とすようにしましょう!磨いたあとは1日程度おいて、乾燥させます。

マストではありませんが、仕上げに靴用ワックスなどで磨くことがオススメ。クリームだけのときと比べて、靴によりいっそうの輝きが戻ります。作業にもそこまで時間がかからないので、ぜひ試してみてください。

定期的に補修を!

かかとや靴底がすり減っていたりすると、靴のバランスが崩れ、見た目もカッコ悪くなります。定期的に確認を行い、こまめに補修・交換を行なうようにしましょう。かかとは1ヶ月に1度、靴底前面は2ヶ月に1度というのがひとつの目安になります。

出かける前にサッと布磨き

最後に履く前のワンポイント!出かける前に、靴磨きやトリートメントなどで利用してきた靴磨き用の布で、靴全体をサッと磨きます。出かける直前なので、両足で30秒くらいが目安。それにより付着していたホコリを取り除け、布に残っていたトリートメントが靴を輝かせます。

最後に

上質かつ手入れの行き届いた革靴は、あなたのコーディネートの格を確実にアップさせます。あなた自身の顔と言っても過言ではないかもしれません。

今回ご紹介した簡単なお手入れ法を実践することで、そんな手入れの行き届いた革靴を手に入れることができます。なにより、お気に入りの靴は必ず長持ちし、輝きも保ちます。

今まで手入れ方法に悩んでいた方もそうでない方も、ぜひ一度試してみてください!

Pocket
LINEで送る