今っぽいスーツを着たい方は、起毛感を重視して選ぶべし!

モデルC
Pocket
LINEで送る

カジュアルシーンと異なりスーツにもゆるやかな流れでトレンドがあることをご存知でしょうか?そして、モテリーマンと称される「出来る男」のスーツの着こなしは、個々の部分を上手く押さえています。あの人いつもカッコイイな!と、男が見てもあこがれるスーツ姿になるためのヒントがここにあります。

まず、昨今のスーツは2つボタンのジャケットにノータックのパンツで着るスリムフィットシルエットが中心です。そして生地のトレンドとして、ふわっと柔らかなウールの素材感が魅力のフランネルがあります。ぜひ冬らしい「起毛感」のある生地を選んでみてください。

同じような色柄でも、これだけで見え方も大きく変わるはずです。

スーツ

同じ色、同じ柄であっても、生地感の違いだけで品のある柔らかい雰囲気をまとうことができ、生地の上質さからオシャレな空気感とデキル男の雰囲気をさりげなくアピールすることもできます。

シャツはブルー系で勝負すべし

スーツ
スーツ
オシャレな雰囲気をさらに演出したいという方にオススメなのが、白ではなくブルーのシャツを用いること。今季のスーツトレンドで、オシャレ紳士はブルー率が高めです!

さらに、外に大きく開く襟、後ろに流れるカッタウェイ(ホリゾンタル)カラーなどを選ぶことで、Vゾーンの印象が変わります。この襟の形状変化は、自分で思っているよりも違いが分かりやすいポイントです!毎日着るシャツだからこそ意識できるポイントのはず!

ネクタイの素材感も意識

スーツ
スーツ
そして、Vゾーンにこだわる方は、ネクタイも変えましょう!

今季は先にも話した通りウール・起毛がキーワード。ぜひウールタイを選びましょう!カシミアが入っていれば、さらにふわっと柔らかな肌さわりと見た目にもウール感が強まるはずです。Vゾーンにウールをチョイスすると、全体の雰囲気もクラシカルなものにグッと変化します。

パンツにもこだわろう

スーツ
スーツ
最後にパンツを意識することで、あなたのスーツの着こなしは大きく変わります。今のトレンドは「テーパード強め・短丈・ダブル仕様」。

全体的にただ細いというわけではなく、膝下が細く絞られており、すそ幅が狭いという形が人気になっています。すそ幅が狭いため、丈は短めで足元がだぶつかない形で穿くとキレイに見えます。

そして極めつけは、シングルではなくダブルに直した裾の仕様。ダブルの重さで、ストンと落ちるきれいな裾と、アクセントとなる4センチの折り返しは足元からこだわり派のあなた自身をアピールできるはず!

最後に

足元はダブルモンクやUチップ・メダリオンと存在感のあるものがオススメであり、シュッとした印象の強いトゥの長い物よりも丸みのあるモデルをお薦めします。その方がバランスはよく、さらに統一感を持った、一味違う着こなしで一目置かれることは間違いないでしょう。

Pocket
LINEで送る