帽子次第で印象が変わる!5つの顔型別オススメ帽子の選び方講座

帽子選び
Pocket
LINEで送る

ニットキャップは苦手、ハットなんて持ってない、そもそも帽子が似合わないなどのように考えている方。帽子の似合う・似合わないには法則があります。というのも顔の輪郭は、人それぞれ異なっており、帽子の形もそれぞれ違います。そのため、顔の形と帽子の形や種類にも相性が発生します

そこで今回は、顔のタイプ別にバランスのとれる帽子の形やかぶり方をご紹介します。

自分の顔の形と似合う帽子の組み合わせを攻略。コートなどで単調になりがちな冬のコーディネートにも帽子を取り入れ、メリハリを楽しみましょう!

丸型顔

顔と帽子
丸顔の方は似合う帽子の種類も幅広く、チャレンジすることができます。高さが程よいボーラーハットで上品に合わせるのもあり、高さのあるニットキャップでカジュアルに合わせても似合う形。

かぶり方としては、バランス感を出す為に高さが欲しいところです。ハットやキャップの場合はトップを出して浅め、ニットキャップの場合にはおでこを出す、のようにかぶると安定して見えます。

卵型顔

丸顔と似ていますが、卵型の方はより帽子をかぶるのに理想的な顔の形といえます。似合う帽子も幅広いので思い切って個性的な形の帽子を試してみてもいいかもしれませんね。

キャスケットを浅めにかぶったり、ワークキャップを深すぎない程度にかぶるのもオススメ!バランスが取れやすい顔の形ですので、かぶり方さえ間違えなければキレイに収まります。

面長型顔

顔と帽子
顔に長さがある面長顔の方にとっての帽子選びのコツは、高さを出さないことが重要です。

オススメはハンチングなど頭にフィットできるもの、高さが低いハットなど。かぶるときに心がけたいのは深めにかぶること。こうすることで顔と帽子のバランスがとれ、小顔に見えるという効果も得られます。

顔全体に帽子をフィットさせるということをイメージしてかぶるとスッキリ見えます!

四角形型顔

四角形の顔の方は、丸顔や面長顔の方よりもシンプルに、ボリュームを抑えた帽子でバランスをとりましょう。輪郭と同じような四角いイメージの帽子がしっくりきます。ハットであればツバが広めのニューヨークハット、ニットキャップの場合には、少し横幅で折り返しがあるようなものを選ぶとバランスが取れます。

細長い帽子は輪郭を強調してしまうのでご注意を。

また、ハンチングのような平たい帽子をかぶるときは、少し浅めにかぶることを意識しましょう。

逆三角形型顔

顔と帽子

逆三角形の顔の方は、ボリュームがあるものを選ぶと小顔に見えます。天井が平たいものより、丸みがある帽子の方が相性が良いと思います。例えば、ベースボールキャップのようなツバがあるものを浅めに被ったり、ベレー帽も軽めにかぶるとバランス良い感じになります。

面長の顔の方とは正反対で、深めにかぶるとバランスが悪くなるのでご注意を。

まとめ

顔の形によって、バランスがとれる帽子の形も違ってくるんですね。

大切なのは、帽子を利用して顔の形に対する印象を和らげること。顔が面長なら高さが低いものを深めに、顔丸型なら高さがあるものを浅めにかぶる。顔が四角なら幅のある帽子、顔が三角なら丸みのある帽子を選びましょう。

また、同じ種類の帽子でもそれぞれのものによって形は異なります。同じ種類だったとしても少し違いがあることで、印象も変わっていきます。

上記のコツを参考にいろいろな帽子を試してみて、この冬こそピッタリ似合う帽子を見つけましょう。

Pocket
LINEで送る