デニムシャツでカジュアルにキメる夏のメンズ休日スタイル!

出典:The Idle Man

Pocket
LINEで送る

オンスタイルでは堅苦しいファッションをしている方でも、休日はリラックスできるコーディネートで心身ともにリラックスしたいと考えている方が多いですよね。リラックススタイルの中でも、カジュアルなスタイルは気兼ねすることなくファッションを楽しめるとあって、是非取り入れたいスタイルです。その中で、特に取り入れたいアイテムとして、デニムシャツがあります。

デニム自体が休日ファッションの定番アイテムであり、老若男女が取り入れています。また、最近ではデニムシャツが流行しており、今シーズンも注目すべき存在となっています。夏にデニムシャツというと暑苦しいイメージがありますが、夏向けの薄手なデザインのものも増えており、夏こそデニムシャツで軽やかなファッションを楽しみたいものです!

そこで今回は、休日のリラックススタイルに是非取り入れたい、デニムシャツの中でもおすすめのアイテムを中心として、デニムシャツを取り入れたコーディネートテクニックを紹介します。

この夏も注目度抜群!デニムシャツを取り入れたコーディネートを学ぶ

ワッペン付きでカジュアルさを強調するデニムシャツ!

ワッペン付きでカジュアルさを強調するデニムシャツ!ワッペン付きでカジュアルさを強調するデニムシャツ!

出典:でらでら

デニム界でもストレッチ性が強いアイテムが流行していますが、その最先端を行くブランドがREPLAY(リプレイ)です。特に、ハイパーフレックスと呼ばれるシリーズでは、デニムのウィークポイントである硬さとは無関係で、リラックスした着心地が魅力的です。そのREPLAY(リプレイ)が手がけるデニムシャツも、同様にリラックスしたスタイルを実現できます。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

こちらのデニムシャツでは、イタリアの熟練した職人が手がけていて、微妙にカラーリングを部位別で変化させるなど、細部のディテールにまでこだわりが感じられるデザインが魅力的です。コットンデニムクロスを使用して、薄手な仕立てとなっているので、夏場でもサラッと着用できます。また、ストレッチが効きつつスリムフィットなデザインなので、着ているだけでもスタイリッシュに見えるのが良いですね。そこに、背中に大胆にワッペンを配置し、カジュアルさをより引き立てているのにも注目です。

このコーディネートでは、GAS (ガス)のリラックスできるカーゴパンツと合わせて、スポーティーなイメージも出すことに成功しています。デニムシャツを腕まくりして、ラフにコーディネートするのもありですよ!
(GASの詳しい解説はこちら)


デニムシャツだけど肌触りが最高!

デニムシャツだけど肌触りが最高!

出典:jedia

デニム系のシャツは、一般的なシャツと比較して硬さがあり肌触りが若干劣るものが多く見られます。特に、擦れる部分では肌にダメージを及ぼすこともあるのですが、こちらのBORRIELLO(ボリエッロ)のデニムシャツは肌触りの良さが魅力的です。上質なコットンを使用していることで、ごわつかず肌触りの良さを実現しているのです。

そして、注目したいのがカラーリングです。派手にブリーチングしてライトなカラーリングとすることで、夏っぽさを強調しています。ウェストがキュっと絞ったデザインにより、スリムさをアピールできるだけでなく、日本人の体型に合いやすいように工夫されています。デニム素材でありながらも、ドレスシャツのような着こなしができるのが良いですね。

こちらのコーディネートでは、ハーフパンツとコーディネートして休日のリラックススタイルを楽しんでいます。大胆に胸元を露わにして、セクシーさも感じさせますが、嫌味は一切なく爽やかさを表現できています。

デニム×デニムのセットもカラーリングを変化させる!

デニムシャツだけでなく、デニムパンツもリラックススタイルでは活用したいアイテムです。そこで、上下でデニムアイテムを着こなしたいと考えた時に、同じカラーリングのものを合わせると少し野暮ったさが出てしまいます。そこでおすすめしたいのが、このコーディネートです。シャツにはFrank&Eileen(フランクアンドアイリーン)の派手に色落ちしたものをチョイスしています。

Frank&Eileen(フランクアンドアイリーン)は、地元カルフォルニアで特に高い人気を誇っているブランドで、海外セレブからも支持を集めています。人間工学に基づいたデザインを意識して、可動域が広いデニムシャツを作り上げています。また、どんな体勢でも常に綺麗に見えるように工夫されています。タックアウトすることを前提として、あえて着丈を短くしている点も注目ですね。

こちらのコーディネートでは、そこに重めのカラーリングのデニムパンツをコーディネートして、デニム同士でもくどさを感じさせません。シャツを腕まくりしていることで、軽やかさも出すことができていますね。

ワンポイントで遊び心が垣間見えるデニムシャツ

ワンポイントで遊び心が垣間見えるデニムシャツ

出典:zozo

デニムの要素として、色落ち感があります。過剰にブリーチングしたデニムは、かっこよく見せることがあると同時に、過剰に行うとダサくなりがちです。適度な色落ちで、上品さを保ったデニムシャツがあると、大人の男性でも着用したくなりますよね。そこでおすすめしたいのが、REMI RELIEF (レミレリーフ)のデニムシャツです。

1品ずつ丁寧にハンドメイドで仕立てているので、同じ雰囲気を持つアイテムがないほど個性的なデニムシャツとなっています。また、襟にはスタッズを配しているのですが、スタンダードスタッズ社のスタッズを独自に加工して使用しています。強いこだわりが見て取れますし、遊び心にも溢れている点が魅力的です。

このコーディネートでは、首元以外のボタンをきちっと留めて、きっちりしたイメージを持たせています。パンツにもダークトーンなアイテムを合わせて、休日のリラックススタイルでも大人っぽさを強調しています。この中で、よりデニムシャツに配したスタッズが存在感を示していますね。


派手にブリーチングされたデニム同士のセットもアリ!

派手にブリーチングされたデニム同士のセットもアリ!

出典:farfetch

先のアイテムで過剰なブリーチングはダサくなりがちと説明しましたが、より明るめのカラーリング同士となっているこんなスタイルなら、決してダサくなりすぎずに夏っぽい爽やかさを演出できています。トップスには、Kenzo(ケンゾー)の半袖デニムシャツをチョイスしています。薄っすらとブルーが残っていますが、大胆にブリーチングすることで夏っぽさをより強調する物となっています。

あえてレギュラーカラーとして、スリムフィットなデザインとしています。また、胸元には虎をイメージしたワッペンを付けて、可愛さをアピールできます。コットン100%で絶妙の肌触りを手に入れつつ、柔らかさも手に入れているのですから驚きです。首元までボタンを留めて着用しても良いですし、少しボタンを外してダラッとした着こなしもおすすめです。

こちらのコーディネートでは、存在感のあるシャツにホワイトデニムパンツを合わせて、清潔感があるスタイルを実践しています。そこに、ダークトーンのスニーカーをチョイスして、カラーバランスもうまく取れていますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?デニムシャツの持つ魅力は絶大で、カジュアルに着こなすことができるだけではなく、頑丈なので長い間愛用できる点も魅力的です。また、他のデニムアイテム同様に、色落ちすることでまた違った表情に変化させることが可能です。うまくデニムシャツを取り入れて、夏ファッションを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る