男にはスーツを着ねばならぬ時がある!夏のスーツ着こなし特集!

出典:The Idle Man

Pocket
LINEで送る

世間一般的には、クールビズが完全に定着しており、夏場は軽装でお仕事されている方を多く見かけます。これは、軽装によりエアコンの使用を控えるなどで、エコを実現しようという国家戦略です。ただ、まだまだクールビズを取り入れていない会社もありますし、自社が取り入れていても営業職で訪問先で取り入れていなければ、失礼に当たるのでやむを得ずスーツを着用している方もいるのです。

そんな時に、オールシーズン着用できるスーツであれば良いですが、冬向けの厚い生地のスーツを着用していると、汗だくとなってしまいます。また、見た目も夏っぽく軽やかなものでないと、周りが軽装している中で浮いた存在となってしまいます。そこで、是非とも夏のスーツを着こなすためのテクニックを学んでおく必要があります!

今回は、夏向きのスーツをうまく着こなしている例を紹介していきます。この記事を読んで、早速快適かつおしゃれな夏スーツの着こなし術を学びましょう!

スーツでも快適に夏を乗り切る!?スーツ着こなしテクニック

ノーネクタイで軽やかさを出す!

ノーネクタイで軽やかさを出す!

出典:Octet Nagoya

いくらスーツを着用しなければならない中でも、ノーネクタイで首元を見た目も軽やかにしたいものですよね。そこで、ノーネクタイでも様になるようなシャツ選びが重要になります。この例では、ネイビーのスーツをメインとしたコーディネートですが、細身でスタイリッシュな印象を与えています。そこに、ホワイトのシャツをノーネクタイで着込み、更にスタイリッシュさを強調しています。

特に注目したいのが襟で、ホリゾンタルカラーでネクタイを締めていない状態でも様になっています。カジュアル寄りでも使用できるのが魅力的で、オンスタイルでもオフスタイルでも着用できます。スーツ自体も、適度なカジュアルさがあり、このままオフシーンでも過ごすこともできるような、汎用性の高いスタイルですね。

これだけでは少しありきたり感が出るので、バッグに明るめのカラーリングを入れて、うまく差し色効果を発揮しています。この外しのテクニックは、夏のスーツスタイルではぜひ覚えておきたいですね!


ストライプを入れて少し色気をもたせる!

ストライプを入れて少し色気をもたせる!

出典:Octet Nagoya

夏のスーツスタイルでは、無地だけでなく明るいイメージを持たせるために柄をうまく取り入れたスーツを着こなしたいですよね。そこでおすすめできるのが、こちらのコーディネートです。メインとして、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)のストライプ柄のスーツを着ています。トロフェオ(TORFEO)と呼ばれる素材を使用していて、どこか金属のようなメタリックなイメージも持ち合わせています。
(Ermenegildo Zegnaの詳しい解説はこちら)

夏向きに背抜きのデザインを採用しているので、見た目以上に中は軽やかで快適に着こなすことが可能です。また、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)は日本人の体型を意識したデザインを採用しているので、窮屈感がありません。更に、柔らかい素材ですので、多少伸縮感もありより動きやすいスーツに仕立てています。

こちらのコーディネートでは、胸元にさり気なくポケットチーフを入れて、軽やかさを強調しています。気品を感じさせて、なおかつきちっとしすぎていない、バランスの良いスーツスタイルですね。

美脚効果もあるスタイリッシュな夏スーツ!

美脚効果もあるスタイリッシュな夏スーツ!

出典:jedia

夏のスーツスタイルでも、スタイリッシュな着こなしを心がけたいものです。そこでおすすめしたいのが、こちらのLARDINI(ラルディーニ)のサマーウール素材を用いた3Bスーツです。ウール素材ではありますが、サマーウールですので通気性がよくジャケットを着用していても暑くなりにくいのが良いですね。
(LARDINIの詳しい解説はこちら)

LARDINI(ラルディーニ)は、全体的にスマートな印象を与えるジャケット作りが得意で、このジャケットにもそのテイストが垣間見えます。スーツの襟には、立体感を出すために硬めの芯が入れているので、型くずれしにくくいつまでも美しいフォルムを手に入れることが可能です。スラックスもノープリーツのデザインで、美脚シルエットを出すことができるデザインになっています。ジャケットを脱いでも、様になる点も評価できます。

こちらのコーディネートでは、ベーシックな無地の茶色をコーディネートして、派手になりすぎないようにバランスを取っているのが印象的です。

チョークストライプ柄と美脚効果のあるスラックス!

チョークストライプ柄と美脚効果のあるスラックス!チョークストライプ柄と美脚効果のあるスラックス!

出典:zozo

ストライプ柄と言えば、着痩せして見える効果があることで知られています。その効果をうまく取り入れつつ、更にデザイン的に追い込んでスタイリッシュなイメージを強調すると、相乗効果で夏スーツもよりドレッシーな着こなしが可能となります。そこでおすすめしたいのが、こちらのLARDINI(ラルディーニ)のストライプ柄スーツです。

チョークストライプとなっているので、より柄が強調されているのが特徴です。外見はガッチリしているのですが、裏地は極薄手のものを使っているので、軽快な着用感が魅力的です。スラックスはテーパードシルエットで履いているだけでもおしゃれですし、更にベルトレスなデザインで、サイドにあるアジャスターによりサイズ調整が可能です。楽ちんさを追求したデザインは、いざ着ていてもストレスフリーで着用できますよ。

こちらのコーディネートのように、ブルー系の明るめのシャツと合わせて、夏っぽさを演出するのが良いですね。


シャンブレー生地とブルー系のカラーリングが夏っぽい!

シャンブレー生地とブルー系のカラーリングが夏っぽい!

出典:wear

最後に紹介するのは、夏っぽい素材とブルーのカラーリングをうまくミックスさせたスーツスタイルです。こちらのスーツはUNITED ARROWSのセットアップスーツですが、シャンブレー素材を使用しており、圧倒的な通気性の良さを誇っています。これにより、真夏でも快適にジャケットを着用することができます。ラペルの太さは極端に細くせず、ゴージの高さもやや低めにしておくことで、トレンドに流されず着用することが可能です。

全体的にスリムなデザインであり、ただ着ているだけでも様なるのが良いですね。また、どんなスタイルにもマッチしやすい点が魅力的で、ビジネスシーンはもちろんのこと、Tシャツやスニーカーをコーディネートしてスポーティーなスタイルも実践できます。汎用性が高く、一着はキープしておきたいスーツですね!

このコーディネートでは、ボーダー柄のカジュアルなネクタイを合わせていますが、嫌味はなくビジネスシーンでも採用できるスタイルとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?夏のスーツは薄手のデザインというだけでなく、素材やカラーリング選びが重要な要素となります。今回紹介したいスタイルのように、オフスタイルでも着用できるものを選ぶと着回しが効いて便利ですよ。

Pocket
LINEで送る